トピックス

last year

| トラックバック(0)

  OB・OGの方々、父母の方々をはじめ同志社ラクロス部関係者の皆様、いつもあたたかいご支援、ご声援をありがとうございます。

 四六時中ぶりっこしているゆか(文情3)からバトンを受け取りました、矢野圭祐です。これまで何回も「次ブログまわすわ!」と言われては、「ごめん無理」と断っているといつのまにか回生のトリを飾るはめになってしまいました。とても後悔しています。

  主将のひろみ(経3)から始まった3回生のブログも後半になるにつれて皆ふざけだしているので、トリだということもあり真面目なブログを書こうと思います。何を書くかかなり迷ったのですが、僕がラクロス部に入って今にいたるまでについて書かせていただきます。拙い文章ですが最後までお付き合いください。

  1回生の春、もともとラクロス部の存在は知っていたものの、大学生を楽しみたかったのでとりあえずサークルの新歓に行きました。新歓や合宿はめちゃ楽しかったのですが、スポーツ時のサークル特有ゆるゆる感が嫌で、ガチでできるラクロス部への入部を考えました。しかしサークルの新歓を楽しんでいた分、他の人よりも入部時期が2ヶ月程遅れてしまい技術が追いつくまでに苦しい思いをするのは予想できたので入部をためらっていました。そんな時、ふと横を見ると苦しい苦しい高校野球時代を共にした石橋(経3)と三好(社3)がいました。石橋はどうしても入りたかったらしいスキューバーダイビングサークルの選考に落ちて路頭に迷っていたところを、三好は(サボりの代名詞となっている今では考えられませんが)「サークルはガチちゃうからおもんないわー」と言っているところを捕まえて3人で入部しました。予想はできていたもののみんなより下手という状況は精神的にきつく、怪我も重なり一時期は退部も考えました。そんな頃、同回生が悲願のウィンター優勝を果たしました。ベンチに入っていなかった僕はその輪に自分がいないのがとても悔しく、4回生時のリーグ戦で関西制覇を目指す時には絶対に自分もその輪の中に入れるように頑張ろうと決意したことを覚えています。

  あれから2年が経ち、正式なリーグ戦で関西制覇を目指すことはできない状況となりました。それが決まった当時は自分がラクロスの最終目標としていたものを失い、どうしていいかわからない状態でした。しかし今では多くのミーティングを重ね、仮想リーグや後輩育成など部全体で決めた目標があります。さらに日々自主練習に励む2回生やウィンター優勝という目標に向けて頑張っている1回生を見ていると、最高学年の僕たちが止まらずに1番頑張らなければならないと思わされます。今年はラストイヤーなので引退時に悔いが残らないように、また後輩たちのために同志社大学ラクロス部になにか残せるように全力を尽くしたいです。

  最後に、先ほども名前がでた平城高校野球部同期の三好と石橋について紹介して終わろうと思います。まずは、野球部、高2、高3のクラス、塾、大学、学部、ラクロス部と何から何まで僕と一緒の三好です。彼は一言で言うと「メンタル最強人間」です。高校のときから愛されキャラというか、いじられキャラというか、いじめられキャラの三好ですが、よく「高校は楽しかった!戻りたい!」と言っているのでその度に三好のメンタルの強さを実感させられます。くされ縁がすごい三好とはなんとか違う企業に就職したいものです。次に部内でもサイコパスの呼び声高い石橋です。高校のときははしゃぐタイプではなかったのですが大学に入り、飲み会で一発ギャグを披露し、カラオケで全裸でアニソンを熱唱したという噂からすると、大学入学をきっかけに何かが彼を変えてしまったことは確定でしょう。大学デビューの悪い例です。

以上で彼らの紹介を終わりとさせていただきます。 ここまで長く拙い文章にお付き合い頂きありがとうございました。

  次は4回生のやすさんにバトンを回させていただきます。やすさんお願いします! 

育担としての想い

| トラックバック(0)

  OB・OGの方々、父母の方々をはじめ同志社ラクロス部関係者の皆様、いつもあたたかいご支援、ご声援をありがとうございます。

  もっちょ(法3)からバトンを受け取りました、今年は1回生の育成担当もさせていただいています3回生TRの谷口友香です。もっちょにティッシュを渡すと「女子力あるやん!」と言ってくれるのが嬉しくて、もっちょがベンチに戻ってくる度に我こそはと思ってティッシュを渡しています。がめつかったですね、その時点で女子力0でした。(笑)紹介では面白い話と言われていたのですが、めちゃめちゃ真面目に書きます、ごめんもっちょ!


  本題に戻って、何を書こうかそう考えた時、やはり私は1回生についてお話しさせていただきたいと思いました。下手な文章ではありますが、最後まで読んでいただけると嬉しいです。


  今年の3月に育担に決まった時、私は上回生から離れることが寂しく、1回生の面倒をこんな私が見れるのかという不安から、正直育担を前向きに考えることはできませんでした。一部の舞台で関西制覇ができる大事な代であることはわかっていても、まだ顔の知らない入部前の1回生にどれだけの想いをかけられるのか、自信がありませんでした。

  しかし1回生が入部して、練習が始まってみると、1回生の持つパワーとラクロスへの真っ直ぐすぎる気持ちに私自身圧倒されました。入部前から自主練に行くプレーヤー、例年と比べて急成長をするスタッフ、みんなが本気でラクロスと向き合う姿勢がはっきりと目に見えました。そんな1回生を見て「私ももっと頑張らないと、変わらないと。」と思わされたことは今でも覚えています。


  私が一番に目指した育担は、しんどい時辛い時心の支えになるような存在でした。TRの技術として同回生にはまだまだ劣るところのある私ですが、自分にしかできない育担でありたいと常に心掛けていました。そうして迎えたサマーでは、得失点差で予選敗退。残念な結果となりました。その時見た1回生の悔しい表情は忘れられません。もっとできることはあったんじゃないか、支えられなかった自分の無力さを感じ、1回生にかける言葉が見つかりませんでした。今思えば育担として失格です。でもその頃から、1回生と同じ気持ちでラクロスと向き合う自分がいることに気づかされました。


  1回生への帯同が練習試合のみになったサマー後は、今までとは違って近くで成長を見れない分、何が自分にできるかを考えながら過ごしています。そして一緒にいる時間が少なくなった今は、自分から1回生の様子を見にいったり話しにいったりしています。みんながウィンターに向けて頑張っている姿に頼もしさを感じ、その成長を嬉しく思って見ています。育担としての残り少ない時間は、1回生の為に自分のできることをもう一度探しながら過ごしていきたいと思います。そしてウィンターを優勝して、喜ぶみんなの顔が見たいです。


  今でも私の目指した育担になれたのか、近づけたのかはわかりません。しかし1回生と過ごす中で自分のラクロスと向き合う気持ちに変化はありました。今年育担として1回生に関われたこと、その役割を与えてもらえたこと、今では本当に良かったと心から思います。私が想像していた何倍も濃く価値のある1年を過ごせたことに感謝しかありません。そう思わせてくれた1回生や、しんどい時にたくさん助けてくれた同回生の存在があったからこそ、ここまで続けることができました。振り返ってみると育担という立場でありながら、自分自身が成長し、支えられ続けた1年でした。本当に感謝しています。


  ウィンター予選まで2週間をきりました。2年前に私たちの回生が果たしたウィンター優勝の光景をもう一度見れると思うと楽しみで仕方ありません。強い同志社を見せてくれることを期待しています。


  ブログは以上ですが、私の想いがうまく伝わっていれば幸いです。ここまで拙い文章にお付き合いいただきありがとうございました。


  次は3回生のラストです。新チームATリーダーのやのけい(社3)にバトンを回したいと思います。普段はチャラいと言われるやのけいですが、実はしっかりしていて頼れる、ラクロス部一のギャップの持ち主だと思っています。(笑)それでは3回生のトリを飾る素敵なブログを期待しています!やのけいよろしく!!

昨日のちねりは一生のちねり

| トラックバック(0)

OB・OGの方々、父母の方々をはじめ同志社ラクロス部関係者の皆様、いつも温かいご支援、ご声援をありがとうございます。

ありさ(文情3)から次のバトンを渡されたチャラチャラもっちょと呼ばれてしまった男、森透(法3)です。ありさは「もっちょ飲んでなくない?うぉうぉう」と僕を潰しにくるので嫌いです。できれば飲み会で同じ席に居たくないスタッフNo.1と言っても過言ではありません。笑


さて、外も冷え込みこたつの恋しい季節となってきました。こうも冬を感じ始めると1年ももう終わりという実感が湧くのではないでしょうか。

皆さん、年末は忘年会などで懐かしい人達と昔話に花を咲かせることも増えてくることでしょう。

ということで、僕はラクロス部の同志社中学、同志社高校から同じ青春を過ごしてきた5人のメンバーについて少し話を盛りながら簡単に紹介していこうと思います。

まずは、1番の仲良しであり、中学の時は地元のグループで常に権力を振りかざしていたと有名な上茶谷(商3)です。彼とは高校の時は同じ野球部で2人で副主将を務めていました。なんてふざけた名前の奴が入ってきたんだと思ったもんです。普段は温厚な彼ですが、ある一言を言うと絶対に怒らせることが出来る魔法の言葉があるので教えちゃいます。「口から発酵チーズの匂いする」って言ったら怒ります。

次に、ぷよ(法3)です。一言で言うと運動神経が良く頭の切れるクレイジーボーイって感じです。僕も頭は良くないですが頭の回転は早い方なので彼とは話が合います。彼が持つ逸話の1つでびっくりしたのは、人生において初速だけなら負けたことはないという話です。信号が変わった瞬間の1歩目。ビールのジョッキを口まで持っていく時の初速。すごいですね。

3人目はぐっちゃん(商3)ですかね。彼も今ではほぼ完璧なイケメンキャラですが、中1のときは顔パンパンのイケメンでした。そのときの写真は僕が持ってます。大学に入ってラクロス部の体験で自分の名前やニックネームを名乗るときにぐっちゃんが、「おれのことはルシファーって呼んで!」って言い出した時は変わったなあぐっちゃん。と思いました。

4人目はお嬢(社3)です。彼女の高校時代の陸上で養ったフットワークを活かしたテーピング技術には頭が上がりません。家でもその技術で弟をぐるぐる巻きにしてるらしいです。みんなお嬢にだけは喧嘩売るなよ。

そして最後はぜよ(法3)です。ぜよは本当に面白いです。彼とは新歓を一緒によくまわっていましたが、今だから正直に言わしてもらうと、「ぜよはほんまにイケメン」このくだりは全員冗談でも言わないでって空気出てたよ。最近彼はある特殊能力を発動したらしいです。「20年に1度誰かの前歯を1本無くせる。」せっかく20年に1回なのに今回は自分に使った様ですね。

以上で同志社の岩倉のメンバーの紹介を終わりとさせていただきます。


 ここまで長く拙い文章にお付き合い頂きありがとうございました。

次は、僕が鼻水が出そうでティッシュが欲しくて探していたらひょこっと表れてティッシュを渡してき、ドヤ顔で私出来る子でしょみたいな顔でこっちを見てくるゆか(文情3)にまわしたいと思います!

ゆか。1発あのめっちゃおもろい話やったってくれや!

これまでとこれから

| トラックバック(0)

OBOGをはじめ同志社ラクロス関係者の皆様、いつも温かいご支援・ご声援をありがとうございます。山下くみこ(社3)からバトンを受け取りました3回マネージャーの中島有彩(文情3)です。くみこはちょっと空気が読めないと言われていますが、、、そんな面も私は大好きです。いい感じの紹介文ありがとう!(笑)


ここからは、私がラクロス部に入って今に至るまでに感じたことについて書こうと思います。拙い文章ですが最後までお付き合いください。

まず大学で体育会に入るきっかけについてお話しします。私は中学では部活をしていたものの、コーチや監督との関係性が悪くなってしまったために、部活をやめ高校では帰宅部でした。高校では、授業が終わったら友達と遊びに行ったり学校に残って友達と時間を潰していました。今となっては、そんな高校生活もいい思い出で、後悔はありません。高校を卒業した私は、大学生になり1人暮らしを始めました。入学したては、京都に友達もおらず本当に1人暮らしが寂しくて、名古屋に帰りたく毎日がつまらないと思っていました。そんな慣れない生活を送っている中で、学校ではサークルや体育会の勧誘が盛んに行われていました。経験と思いサークルの新歓にも行ったけれど、なんかイマイチ合わないなと思っていました。余談ですが、後になってわかった話ですが同じサークルの新歓にマネージャーの加奈子も行っていたみたいです。

話を戻します。サークルの新歓のあとに体育会も見てみようかなと思い、その時たまたまビラをもらったことでラクロス部を知りました。学部の友達とラクロス部の新歓に行き当時の主将から話を聞いたことがきっかけとなり、体育会ってかっこいいなと思い入部を決めました。

入部したては、新生活と慣れない大学生活から正直いっぱいいっぱいでした。1回生の1年間は目まぐるしく過ぎていき、練習、合宿、サマー、ウィンターなど多くの経験をさせていただきました。1回生の春に感じていた大学生活がつまらないなという思いはいつのまにか、消し去られていました。同回のスタッフが9人いることもあって、問題も多々起こり本当にやめたいなと思うこともありました。自分自身マネージャーに途中から変わったこともあり、その当時はその変わった環境が自分にとって負担でもありました。

でも、それ以上にウィンター優勝という結果を1年間の最後に成し遂げ、本当にこの回生でよかったしマネージャーに代わって部に携われて、よかったな感じました。今でもこの瞬間の感動は鮮明に、覚えており毎年ウィンターの時期になったら思い出すんだろうなと思っています。

そんなウィンターの経験から約2年が経ち現在4回生も引退をしてしまい、マネージャーが少なく寂しいなと感じています。来年にはラストイヤーとなり1回生の頃にマネージャーとして立派に見えていた4回生に自分は学年としてはなります。自分が1回生の頃に見ていたような憧れの4回生の姿になれるように、これからも自分自身が進歩していかなければならないと思います。マネージャーの目標となると明確にリーグ戦で優勝などと掲げられませんが、マネージャー全員で部の目標に向かって貢献できたらと思います。そして、自分が引退する際には4年間悔いなくやり遂げ、1回生のウィンターの感動を超えるくらいのものを得て、後悔なく大学生活を笑顔で終えられたらと思います。


最後に3回生マネージャーの紹介を手短にさせていただきます。1人目にマネージャーリーダーの🐵あいごん(社3)です。(1番右)あいごんは本当にスタッフの中でもラクロス部愛が強いと思います。そんなあいごんですが、いつも乃木坂のダンスや事あるごとに可愛子ぶってます。(笑) 2人目に🐮かなこ(看護3)です。(真ん中)かなこはクセのある3回生の中でも1番クセがないです。今は実習中で休部していて本当に早く帰って来て欲しいです。みんな応援しています、頑張って!3人目に主務の🐼みわみわ(社3)です。(左から2番目)みわみわは的確な指摘をズバズバ言い、審判においても活躍しており、みんなから恐れられています。そんなみわみわですが、実は話しやすくパンダが大好きな愛されキャラです。4人目に🦁優花(法3)です。(1番左) 優花はキャパが口癖です。(笑) 選手からはいつもいじられていますが、それはみんな話しやすし面白いからなのかなと思います。私もその1人でよく相談にのってもらっています!こんなにもみんな個性的な5人ですが、5人でバランスよくやっています。周りからは色々言われていますが、私はこの回生のマネージャーの1人だからここまで続けてこられたと思っています。いつも感謝しています。ありがとう。


AC841D79-E43B-44C9-8604-ACA7AB6864D5.jpeg


ここまで拙い文章にお付き合い頂きありがとうございました。次はスタッフからイケメンと言われているチャラチャラもっちょ(法3)にバトンを渡したいと思います。

かっこいいブログよろしく!

ラクロスに対する想い

 OB・OGの方々、父母の方々をはじめ、同志社ラクロス部関係者の皆様、いつも温かいご支援ご声援を賜りありがとうございます。 
 森田実和(社3)からバトンを受けとりました3回トレーナーの山下くみ子(社3)です。 彼女は私のことを同志社ラクロスで選手含めて誰よりも男前な性格だと思っているそうですが、本当にそんなことはないです。上手い返しを考えましたが、全く思い浮かばなかったので、ただ否定させていただきます。(笑)

 私はラクロス部に入ったきっかけ、ラクロスに対する想いについて書かせていただこうと思います。

 大学に入学してから何をしようかと考えたときに、4年間通して何かをやり遂げたいという思いから部活をするか、高校の時に2週間、語学研修でイギリスに行ったのですが、相手の言ってることは分かっても、英語で自分の思っていることを伝えることが出来なかった自分の不甲斐なさから、もう1度勉強し直して留学をするかのどちらかをしようと思っていました。新歓時期にさやこさん(法4)に声をかけられ、ラクロス部の新歓に行こうと思いました。当時、スタッフ会は京田辺キャンパスでしか行われてなかったので、学部が今出川キャンパスの私は周りの友達はサークルの新歓に行くので、1人で京田辺キャンパスに行きました。今思えばなかなかの行動力だと思います。1人でドキドキしながら田辺坂を上がったのを今でも覚えています。それほど緊張していました(笑)
 スタッフ会では同期トレーナーの遥(スポ健3)と出会いました。遥と私は同じテーブルで当時主将だった毛呂さんから熱い話を聞いていたことを覚えてます。内容はすみません。覚えてないです。(笑)
 話の内容は覚えてないですが、こんなに熱い人がいるラクロス部に興味を持ちました。私は中高女子校で、部活は6年間琴部というスポーツ、勝ち負けとは無縁な環境でした。そういう環境だったからこそ、毛呂さんの印象が強く残ったんだと思います。
 同立戦を見に行き、ラクロスというスポーツを初めて見ました。ボールがどこにあるのか分からなくなるほど、スピード感があって、接触プレーもあり激しいスポーツに衝撃を受けました。ラクロスってかっこいい!!!と純粋に思いました。部活の雰囲気も良さそうで、他の新歓にも行かず即決で入部しました。
 
 即決で入部を決めてラクロス部に入ってから月日も経ち、もう4回生になります。サマー敗退、ウィンター優勝、2部降格、あかつきカップ優勝、リーグ戦辞退、濃い3年間だったと思います。自分自身、色々と考える機会も多くありました。部活を辞めたいと何度も思ったこともあります。活動自粛中は、まだ2回生だから部活を辞めて、留学をするという選択肢もあるのではないかと本気で悩んでいました。そんな中、活動自粛中にあいごん(社3)とこんちゃん(政策3)に誘われて一緒にリーグ戦を見に行きました。リーグ期間中に他の大学の試合を見に行くことはないので、活動自粛で自分たちは立ち止ったままなのに、他の大学はリーグ戦の真っ只中で前に進んでいるという状況に違和感を覚えました。その日見たのは、関学と立命館の1部の試合と当時2部だった京大の試合でした。試合観戦でこんちゃんから私たちと同期の2回生プレーヤーが出ていることを教えてくれたので、リーグ戦に2回生で出ているということから自然とそのプレイヤーを目で追っていました。同じ2回生プレイヤーがリーグ戦で活躍している姿、試合を見て、ラストイヤーが3部リーグだとしても、同期が活躍している姿、良いプレーをやっぱりそばで見たい!ラクロスってかっこいい!!!と強く思いました。いつの間にかラクロスというスポーツに魅了されていたのだと思います。同期が多く選ばれていたこともあり、youthやRの試合に見に行ったり、他の大学のリーグ戦も見に行きたいと思ったり、ラクロスというスポーツが好きなんだと思います。プレーをしていなくても人を熱くさせてくれるラクロスはとても魅力的なスポーツだと思います。辞めたいと思っても、辞めない理由は、ラクロスが好きだということが大きいと思います。

 でも、ただラクロスというスポーツが好きだということだけではなく、周りの存在も大きかったと思います。個性的な8人の同期スタッフ、特に同期トレーナー3人の存在は大きいです。色々と迷惑をかけているけど、根気強く付き合ってくれてありがとう。ラストイヤーもよろしく!また、やりたいことを好きなことを自由にやらせてくれる両親にも感謝しています。ありがとう。
 ラストイヤー、やりきりたいと思います。

 これまで私の拙い文章にお付き合い頂きありがとうございました!
 次は仲が良いことが意外と言われますが、意外と2人でご飯に行っている有彩(文情3)にバトンを回したいと思います!みんなから人の話を聞いていない、いつも眠そうといじられる彼女ですが、実は自分の意思をちゃんと持っているという、しっかりしている一面もある有彩のブログに期待してます!有彩よろしく~!

思い

| トラックバック(0)

OB・OGの方々、父母の方々をはじめ、同志社ラクロス部関係者の皆様、いつも温かいご支援ご声援を賜りありがとうございます。

こばし(商3)からバトンを受け取りました3回生マネージャーの森田実和(社3)です。

2回生の時京大vs東大の試合を観に行き、そこでのツイッター企画でなぜかこばしが1万円相当のお肉を当てたことがあります。優しいこばしは独り占めすることなく、かなこ(看護3)となかんちょ(商3)とすき焼きパーティーをしてくれました。とても美味しかったです。そして何より京都大学様ありがとうございました。


このブログで何を書こうか迷ったのですが、自分の役職などは関係なく、一部員としての思いを書こうと思います。

まとまりのない文章ですが、最後までお付き合い下さい。



私はウィンターで優勝した瞬間が今でも忘れられません。

あの時、3年後、もっと大きな舞台で関西制覇をしたらどれ程嬉しいのだろう、みんなのどれだけ喜んだ顔を見れるんだろう、そのためにやっていくんだ、と思いました。


しかし上回生組織に入ると、自分の存在がとても小さい事に気付きました。

自分が何かをしても大して変わらないのだと思いました。

マネージャーとして当たり前の力を高めるだけでなく、もっと自分がチームに良い影響になれることは何だろう、より力になれることは何だろうと考え、当時審判資格者のいなかった同志社で自分が審判をできるようになろうと思いました。「なろう」というよりは、「ならなければいけない」という思いでした。

また、私たちはルール試験で不合格者がいたためウィンターは全員で出場することができませんでした。あの優勝した瞬間に辛い思いを抱えていた人もいます。

このような思いは絶対に引き継いではならないと、同志社のルールに対する意識を上げるべきだとも思いました。


2回生になると活動自粛が決まりました。このまま立ち止まっていてはいけないと思い、他大学へ審判を教えてもらいに行ったり、先輩のリーグ戦のビデオを見て喋り方や撮り方を勉強したりしました。


3回生では一部全勝するため、自分の役割を考えました。そして必ず同志社の勝利に繋がるようにと取り組みました。


気づいたら「こうするべき」や「これをしなければならない」という責任ばかりのようですが、それはウィンター優勝の時に感じた絶対的な思いが自分の中にあるからです。


私はどうしても、みんなともう一度関西制覇がしたいです。

みんなの最高に喜んだ顔が見たいです。

そして将来、後輩達に本当の舞台で関西制覇を成し遂げてもらいたいです。

その瞬間のために頑張ります。


スタッフは直接勝利には貢献できませんが、チームに貢献できる可能性は選手よりも多く持っていると思っています。自分のやりたいことだけやっていても到底力になれません。

残り一年も変わらず、強い思いを持って取り組みます。

私たちの最後の年だからではなく、後輩のみんなにとっても大切な一年です。

全員が大きく一歩進める一年にできたらなと思います。


最後になりますが、これまで支えて下さったたくさんの方々に感謝を伝えたいです。

両親の支えがなければこれまで続けてくることはできませんでした。私のやりたいことを尊重してくれて、応援してくれてありがとう。

また先日、私は昇級試験に合格し2級審判員になることができました。これは全く関係ない他チームの私にも親切に指導して下さった他大学の方々、社会人の方々のおかげです。他にもたくさんの方々に気にかけていただきました。この場をお借りして心からの感謝を伝えたいと思います。本当にありがとうございました。これからは私も皆さんのように与えられる人になれるよう努めてまいります。そして、チームのみんなもいつも送り出してくれてありがとうございます。


これまで私の拙い文章にお付き合い頂きありがとうございました。

次は3回生トレーナーのくみ子(社3)に回したいと思います。私はくみ子のことを同志社ラクロスで選手含めて誰よりも男前な性格だと思っています。 電車で必ず「もたれていいよ」と言ってくれるくみ子によくドキっとします。みなさん真似してみましょう。

そんなくみ子のブログを楽しみにしています!

くみ子よろしく〜!

大学生活!!

| トラックバック(0)

OB・OGをはじめ同志社ラクロス関係者の皆様、いつも温かいご支援・ご声援をありがとうございます。

"ストイック筋トレマン"こと岩本拓郎君(経3)からタスキを受け取りました、小橋川翔太です。拓郎との関係性について、拓郎はショートDF兼FOer、僕はFOer兼ショートDFということで、教え教えられの関係です!!いつも彼の関西トップクラスのショートDFを間近で見て勉強させて頂いてます(笑)今後もお互い切磋琢磨して、文字通り関西トップクラスになろな!笑

ということで...ここからは僕がラクロス部に入った理由についてお話ししたいとと思います。

埼玉から上京したてで大学生活が不安でたまらなかった頃、サークルに入ってうぇいうぇいするのを想像しながら新歓巡りをしていました。しかし、思ったよりもピンっとくるようなサークルに出会うことが出来ず、たまたま目に入った男子ラクロス部の新歓に参加しました。みんなでボーリングをして、履修を組んでもらって、一回生コーチを担当する先輩から熱い話を聞きました。(ここで拓郎と出会ったことは今でも鮮明に覚えています笑)

もともとスポーツが好きだったこともあって、一回生コーチのラクロスに対する熱い想いに圧巻され、その後もラクロス体験会に参加しました。そして体験会を通じて、友達も増えていきました。切磋琢磨しあう仲となった拓郎(経3)、今では日本代表に選ばれた主将ひろみ(経3)、同じ関東出身のしんちゃん(法政3)、関西に来てこんなにおもろいやついるのか!と思ったかみちゃ(商3)、自主練の鬼だいすけ(神3)、運動神経抜群の池ちゃん(商3)、イケメンラクロッサーもっちょ(法3)、野生児の村松(商3)、いつもニコニコでしっかり者のみわみわ(社3)、良き相談相手である加奈子(同女・看護3)など、こいつらと一緒なら楽しい大学生活が送れると思い、ラクロス部に入部しました。

01541A0F-4405-4968-A992-6F8C5A4275DC.jpegのサムネール画像

(みんな若いな〜笑)


その後も部員が増え、30人以上が集まりました。また、サマー大会まで練習試合では負け知らずで、順調だったのですが、サマー大会では主力メンバーに選ばれず、挫折感を味わいました。そこで心機一転、心を入れ替えポジションをMFからFOに転向しました。

凛さんこと中山凛太郎さん(経4)に毎日手加減なしのスパルタ教育をして下さったおかげでウィンター大会では納得のいく結果になり、見事関西制覇することができました。あの時のコーチを胴上げした感触は今でも忘れません(笑)また、関西制覇の喜びを味わいたい!そんな想いで、今後も頑張っていきたいと思います。

最後にこの場をお借りして、いつも応援してくれている両親へ、いつも多大なる支援ありがとうございます。親元を離れて、初めて親のありがたみを感じました。いつもありがとう!心配してると思いますが、4年間ラクロスをやり遂げ、成長した姿を見せつけたいと思っています。今後も応援よろしくお願いします!


ここまで拙い文章ですが、お付き合いありがとうございました。


次はみわみわの愛称でお馴染み森田実和(社3)です。みわみわの彼氏とは特に仲が良くいつも取り合っています。ごめんね。そんな彼女の部活に対する熱い思いが語られることでしょう!みわみわよろしく!

ルサンチマン

| トラックバック(0)

OBOGの方々、父母の方々をはじめ同志社ラクロス部関係者の皆様、いつも温かいご支援、ご声援をありがとうございます。

池中(商3)からタスキを受け取った岩本拓郎です。

池中の文章にあった通り、中学1年の出席番号前後からの仲なのですが、9年たつの早すぎませんか?

あと、池中のブログのタイトルが「きっかけ」なところに彼の乃木坂愛が出てしまってるとわかる人にはわかると思います。(違うかったらごめんなさい。)ちなみに自分は生田絵梨花さん推しです。

ここからは、自分の話をさせていただきます。どうかさらっと読み流していただければ幸いです。

この部活を選んだきっかけは、まず、自分が小中高続けていたバスケは大学レベルの能力が無く、当時バスケ部にトライアウトがあったため、大好きだったバスケを続ける権利がありませんでした。そして、入学してからサークル探しをしている中、週2日以上オフ、午前のみ、他の事も頑張る余裕あり、テスト休みあり、長期オフ約2ヶ月、就活有利、関西制覇を目指せるなどを強みに新歓をしていたラクロス部を見かけました。この位なら体育会もありかなーと思い、だいぶ軽い感じでラクロス部に入部を決めました。ちなみに、先に書いた事の9割が今は亡きことなるので、もしこれを読んでる高校生は相当の覚悟を持って入部して下さい。学生生活後悔しながら過ごすハメになります。

こんな感じで入部して自分も3年目が終わるとこになります。もし入部していなかったら得れなかったものがいくつかあります。それは他では絶対に得ることができないものであったと思うので、今後社会に出た時のこれを糧にできればと思います。

最後にタイトルなんですが、いいのが思いつかなかったので響きが良さげなのを、つけさせていただきました。意味は、自分の学生生活の支えであるバンドtetoの中で好きな楽曲のタイトルの一つで、主に弱者が強者に対して、「憤り・怨恨・憎悪・非難」の感情を持つことを意味するらしいです。

次は自分では全く歯が立たない関西トップクラスのFOこばし(商3)にブログを回したいと思います。こばしよろしく!

きっかけ

| トラックバック(0)

いつの間にか吐く息が白くなるころとなり、落ち葉が風に舞う季節になりましたが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。どうぞお体を大切に、ご自愛くださいますようお祈り申し上げます。そして、OBOGの方々、父母の方々をはじめ同志社ラクロス部関係者の皆様、いつも温かいご支援、ご声援をありがとうございます。


同じATのポジションであるりょーが(法3)からタスキを受け取りました池中宏成(商3)と申します。彼の面白さはもちろんのこと、日頃の立ち回りにはいつも感心させられるばかりです。


さて、タイトルにもあるようラクロス部に入ったきっかけを話そうと思います。大学入学してから10日程した頃、僕は同じ中学、高校であった岩本拓郎(経3)から「ラクロス部に入りません?」とLINEがきたのです。急でびっくりしましたが、元々、スポーツを観るのもするのも大好きだった僕は1度だけ見に行こうという気持ちでラクロス部の新歓に行きました。その日は社会人チームとの試合で初めて見た時の印象は強く、今でも思い起こすことができるほどです。ルールは全くわからなかったのですが、激しくぶつかり合う度に危ない、痛そうと声が漏れるほどでした。その後、体験会に参加しパスをしてみるとなんと難しいことか。パスを投げようとするが毎度毎度ボールが落ちるのです。しかし、何度も投げているうちに思っているところに投げれたり、落とさなくなったり、少しの成長でしたが楽しくなってきていたのです。大学で何をするか決めていなかった僕はこの胸の衝動に任せ、ラクロス部に入部しました。


そして、それから2年が経ち最上回生となり、残すは後1年になりました。1回生の頃は上回生の人を見て、本当に上手く、大人だななどと思っていました。また、自分もこのようなプレーできるのであろうかと感じていました。自分も後輩に見られる立場となり、一つでも魅せれるようになっていきたいです。これから、就職活動や学業、もちろんラクロスのことも考えることが増えていきます。何においても、選択肢を絞らずいろいろな道を歩んでいきたいと思います。今までを振り返ってみると、1つの方向しか見ておらず、あの時こうしていればなどと思うことは多々あります。このブログを書きながら、十分に過去のことを思い出し振り返ることができたので、あとは未来を輝かせるためのことを考えて1年頑張っていきたいと思います。


ここまで、拙い文章ですがお付き合いいただきありがとうございました。

次は先程も紹介しましたが、僕の大学生活を決めるきっかけを作ってくれた拓郎に回したいと思います。ちなみに、中1から一緒で出席番号も前後でした。それじゃあよろしく!

小さな巨人

| トラックバック(0)

今年も気がつけば肌寒い季節が参りましたが、皆様どのようにお過ごしでしょうか。季節の変わり目は、体調を崩しやすいと聞くのでお身体に十分に気をつけてお過ごしください。私は大学に入ってからの約3年間体調を崩しておらず、それはラクロス部で元気にプレーをさせていただいているからです。そのラクロスができているのは、OBOGの方々、父母の方々をはじめ同志社ラクロス部関係者の皆様のおかげであります。いつも温かいご支援、ご声援ありがとうございます。


自己紹介が遅れました、交通事故で前歯がかけたことすらネタにするような回生1面白いゼヨこと中原諒真(法3)からタスキを受け取りました藤本亮伽(法3)です。僕は、ゼヨからの紹介にあった通り、「ジョン」や「ナーキー」など変なあだ名で呼ばれることが多いです。ジョンは、芸術学の授業で登場し、私藤本の生き様が似ており、一緒に授業を受けていた三好(社3)を筆頭に命名されました。三好(社3)は個人的に芸能人の濱口優に似ていると思うので、なんとかあだ名を付けてやりたいなと考えています。ナーキーは、そもそも田中裕貴(経3)のあだ名であったのですが、練習内で村松(商3)が僕のことを呼び間違えたことが起因です。最近ではナーキーの前に何かフレーズをつけるのが主流で(例:ジョン・ナーキー、ゼヨ・ナーキー、ウツ・ナーキーなど)、本物のナーキーを呼ぶのも一苦労です。


自己紹介が長くなりましたが、ここからは自分のラクロスとは、について書いていきます。まずそもそもスポーツ自体、体が大きい方が有利です。もっとも、ラクロスについてもプッシュで押し負けなかったり、ショットが速くなったりと有利です。しかし、僕は体が小さく、身長165cm弱しかありません。小さいならば小さいなりにできることを模索し、立ち向かわなければなりません。立ち向かわなければならないと偉そうなことを言いましたが、2回生の頃の自分は、理想像を思い描いて、実行してはできない、また実行してはできないの無限ループに陥っていました。そして、体が小さいからと自分に言い訳をしていました。この頃は周りの成長に焦りを感じ、悔しくて練習で涙して、心が折れかけていたと思います。そんな自分に希望を持たせてくれたのは、体が小さくても一流の中で活躍している選手でした。小さくても関係ないぞとプレーで言ってくれているように自分は感じました。今も試合前など不安になるときは、プレー動画を見て小さくても関係ないぞと言ってもらっています。いつもありがとうございます!

今自分は、まだまだ三流なので自分のラクロスとはこれとは言えません。ですがこれからも常に模索し、引退するまで考えていきます。ただ、引退する頃には、自分が体の小さい選手を見て希望を見出したように、似たような経験をする体の小さい後輩の希望となる選手になれれば幸いです。

ここまで拙い文章を読み進めていただきありがとうございました。次は自分とは対照的に見上げるほどの身長を持った池ちゃん(商3)に回したいと思います。身長の高さに比例するように面白さのクオリティも高い池ちゃん、よろしく!

部員募集

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アイテム

  • AC841D79-E43B-44C9-8604-ACA7AB6864D5.jpeg
  • 01541A0F-4405-4968-A992-6F8C5A4275DC.jpeg
  • スクリーンショット (10).png
  • スクリーンショット (6).png
  • 1519799765474[14].jpg
  • 817E024E-F91E-407D-B223-DCEF57BBF24A.png
  • 2C09743F-7576-43CE-955E-97CC1E23B419.png

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja