トピックス

日昇

OB,OGの皆様をはじめ、同志社ラクロス関係者の皆様、いつも温かいご声援・ご支援ありがとうございます。
三回生鈴木の過剰すぎる紹介によりバトンを預かりました三回生の西田直樹と申します。
部活内では、主にカカと呼ばれています。その所以は遥か一回生まで遡り、体験会時にほんの軽い気持ちで着て行ったブラジル代表カカ選手のユニフォームに目を付けた石本卓也(商3)により命名されたものです。
そんなインパクトのでかい'カカ'という名前は、事もなく広がり続け今ではまったく面識のない人にも呼ばれる始末です。。。 ありがとう、石本!!
 
では、軽い自己紹介も済んだところでブログの本編に移らせていただきます。
今までの学生生活を振り返った時、特に大切だなぁと痛感させられるものが僕にはふたつあります。
それは'出会い'と'時間'です。
今思えば、あの時あの先輩に'出会'ってなければこのラクロス部に入部することもなかったし、こんな長い'時間'をラクロス部で過ごしていなければ今の価値観であったり、自分というものは存在しえなかったのではないかと思うわけです。
というわけで!
今回はラクロス部に次ぐ僕の交流所となっているアルバイト先の「日昇別荘」について書かせていただきたいと思います。
 
日昇別荘とは、京都三条にそれは遥か昔から(いつ頃からか忘れました笑)存在する旅館で、僕のほかにも数多くの学生が働いています。
そこにいる学生は同志社ラクロス部同様十人十色で、意見がかみ合わないこともしばしば、、、笑
だからといって旅館のクオリティーには何の影響もありませんのでご安心下さい。
 
そんな旅館ですが、実は僕のほかにも同志社ラクロス部から2人の部員が働いていますので軽く紹介します。

 

ueda.jpgのサムネール画像のサムネール画像suzio.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 

左図)植田一成(法3)
   来季主将を務める彼を一言で表すなら'武'
   そんな武士のような彼ですが、根は非常に温厚で親しみのあるイイやつです。
    武士道にどっぷり浸かっているせいか、話は全く面白くないので要注意。
右図)鈴木啓介(商3)
   農民系ラクロッサーの異名をもつ彼は、すべてがおっとりしている。
   趣味は2ch鑑賞。そんなインキャラ紙一重の彼ですが、誰よりも人情味があり彼といるととても落ち着きます。
 
そんな二人と働いている訳ですが、バイト中での会話、またバイト後に三人で行く食事会、いわゆる日昇会などを通して近頃その仲を急速に近づけるものとなっています。

 

アルバイトに関して個々人考えるところは違うと思いますが、単にお金を稼ぐだけでなく、同志社ラクロス部という組織の中で凝り固まってしまった価値観を、第三者との密な交流を通してほぐす良いツールになるのではないかと思います。
時には、ストレス解消の場となることさえあります。。
まあ、もちろん部活を最優先すべきではあると思いますが...
 
今後、日昇に同志社ラクロス部員をアルバイトとして代々引き継いでいってもらおうと考えてます。笑
現在、大庭健吾(法3)と中島直哉(商3)もプレエントリー中ですが、是非下回生、またこれから入ってくる後輩達の到来を心待ちにしております。
 
 
最後に、
今リーグ戦ご指導・ご声援を頂いたOB・OGの皆様、また少しでも同志社ラクロス部に関わってくださった皆様、この場をお借りしてお礼を申し上げます。厳しい状況の中、皆様から頂けるご指導・ご声援はとても心強いものでした。来季こそチーム一丸となり、目標達成に向け日々精進していきますので今後も変わらぬご声援よろしくお願い致します。
 
 
では、バトンをつなげたいと思います!
我がやんちゃ世代の筆頭株であり、飲み会になると騒音レベルで叫びだす彼。
決して真面目とは言えないけど、彼がいるとほんとに心強く感じます。
近頃じゃ公私ともに充実した大学生活を送る野生児・石本卓也(商3)にバトンをつなぎたいと思います!!
 
よろしく、イシタク!


 
 

 

 



   
部員募集

このブログ記事について

このページは、同志社ラクロスが2011年12月 8日 19:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「1回生練習試合(vs関西学院) 結果」です。

次のブログ記事は「偉大なる。。。。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja