トピックス

私とラクロスとラストイヤー

 中島君からバトンを受け取りました、ラクロス界のサモアの怪人、マーク・ハントこと山口剛輝(たけてる)です。今年最後のブログ担当させていただき大変恐縮です。

  クリックすると新しいウィンドウで開きます

↑現在の山口剛輝

 

ポジションは元々アタックをやっていて点取り屋として名を馳せていたのですが、1回生の夏に戦力外通告を受けゴーリーに転職をしました。今ではゴーリーとしての才能を如何なく発揮しています。まさに天職です。また、高校のとき柔道をやっており、アリスター・オーフレイムのようなフィジカルには相当な自信を持って入部したのですが、今ではそのフィジカルも間違った成長をし、体重もいよいよ大台突入か?というところまで来ました。このまま大きくなり続け、ゆくゆくは体でゴールを覆いつくせるようなゴーリーになりたいと思っています。

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

↑入部当初の山口剛輝

 

ブログを見てくださった皆様に自分自身を少しでも知ってもらいたく、簡単な自己紹介をさせていただきました。

 

皆様に、山口剛輝がどういう人間なのかわかってもらったところで、本題に入りたいと思います。

 自己紹介で少々ふざけ気味であった私ですが、2012年度の同志社ラクロス部の幹部を務めさせていただくことになりました。よろしくお願いします。

 

ラストイヤー。そう、2012年が幕を明けると同時に私たち3回生のラストイヤーが始まります。最近気づいたのですが、全日本の決勝に行けたとしても12月の中旬まで。同志社としてラクロスをプレーすることができるのはもうすでに一年を切っているんですよね。一回生のときに馬鹿をし、遅刻をしまくっていた私達の回生も今では来年のチームをいいチームにしようと二ヶ月間本気で話し合いをするまでになりました。入部したとき、四年間はどれだけ長いのだろうと感じていましたが、月日が経つのはあっという間です。私には一回生のころからの夢がありました。FINAL3・・・。こんな大きな舞台で試合をしてみたいなーと。2回、3回になるにつれて、FINAL3が現実として見えてくるようになり、夢ではなく目標としてはっきりと掲げるようになりました。しかし、同志社ラクロスはここ10年間FINAL3の舞台に行くことができていません!!今年もあと一歩届きませんでした。偉大な先輩たちでさえ行くことができなかったFINAL3の舞台。来年こそは・・・という気持ちでいっぱいです。ただ、FINAL3に行きたい!ではなくFINAL3に行く!という強い意志が皆にないと達成することができない高い目標です。皆を同じ方向に向けさせる、強い意志を持たせる、というのも幹部、あるいは今年試合に出ていた者の仕事・・・いや、義務であると考えています。皆が同じ方向に向かうことができたとき、同志社ラクロスはFINAL3の舞台に立っていると思います。来年は最高の仲間たちと偉大な先輩たちの思いをのせてFINAL3の舞台に立ちます!そして最高のラストイヤーにしたいと思います。

 

表現能力が乏しく、稚拙な文章となってしまいましたが私の熱い気持ちが少しでも伝わっていれば幸いです。

 

 

最後になりましたが、今年度はOBOGの皆様、そして同志社ラクロスを応援して下さった皆様、大変ありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

来年度も引き続き皆様の温かいご支援、ご声援の程宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

さて、次にバトンを渡すのは来年のラクロス部のテッペンに君臨する植田一成です。彼はシャイであまり出たがらないのでみんなで呼んであげましょう!!

せーのっ!うーえーだーいっせー!!新年の挨拶とともにラクロスについて熱く語ってくれると思います。

それではよいお年を!! 

部員募集

このブログ記事について

このページは、同志社ラクロスが2011年12月29日 14:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新人戦決勝トーナメント 結果」です。

次のブログ記事は「新年の挨拶」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja