トピックス

記憶

OBOGの皆様をはじめ、同志社ラクロス関係者の皆様、いつも温かいご声援・ご支援ありがとうございます。川勝君からバトンを受けました、中野玲です。淡路合宿では本来やるはずのなかった一発芸を諸事情により披露することになりました。一発芸大会通算5回の出場はラクロス部歴代最多ではないでしょうか。記録よりも今回披露した一発芸は部員達の記憶に残ったと思う今日この頃です。

 

さて今回のブログではその「記憶」について書かせて頂きます。皆様の頭の中には様々な記憶があると思います。特にスポーツは、私達に大きな感動や衝撃を与え、私達の記憶に残ります。私がラクロスを始めたきっかけも脳裏に刻まれるような記憶に残る試合を観たことからでした。その試合とは2011年に同志社ホームで行われた同立戦です。OF陣から繰り出されるショット、DF陣による果敢な守り。ラクロスのスピード感や激しさ。チームスポーツの素晴らしさ。当時目にしたひとつひとつのプレーや肌で感じた雰囲気が私の記憶に今でも残っています。

 

IMG_3206.JPG

                        2011年春、同立戦で勝利を収め喜ぶ同志社ベンチ



あれから2年が経ち、今年も4月に同志社ホームで同立戦が行われます。私達部員はOBOGの皆様はもちろん、新入生の方々にも記憶に残るプレーをお見せしたいと思っています。そのためにもこの春、しっかり自分に目を向け、そしてチームメイトにも目を向け、練習に励んで行きます。

 

また今年度の同立戦の委員長に私が務めさせて頂くことになりました。精一杯頑張って行きますので宜しくお願いします。

先日正式に同立戦の日付と場所が決まりましたのでお伝えします。


4月21日(日)    

同志社大学ラグビー場

 

当日の詳しいスケジュールは後日HP等でご連絡させて頂きますのでしばらくお待ち下さい。

 

以上で私のブログとさせて頂きます。

長くなり、拙い文章となりましたが最後まで読んで頂きありがとうございました。

 


次回のブログのバトンを衛門君に渡します。私と同じ同立委員である彼は先日商学部の転部が決まりウキウキしております。春から新しい大学生活が待っている彼のブログに乞うご期待ください。では衛門君宜しくお願いします!


部員募集

このブログ記事について

このページは、同志社ラクロスが2013年3月 9日 21:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「淡路合宿」です。

次のブログ記事は「同立定期戦のご案内」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja