トピックス

今年もあと僅か...

| トラックバック(0)

 

こんにちは。OB,OGの皆様をはじめ、同志社ラクロス関係者の皆様、常日頃からのご支援、ご声援ありがとうございます。

同じコスモヴィレッジに住んでいる見た目からは理工学部であると想像もつかない、わったーこと渡邉涼(理工2)君よりバトンを受け取りましたスポーツ健康科学部2回の宮尾真治です。紹介にありましたように、僕がフィジカルモンスターであるというのは僕の容姿を見ていただければ、なんとなくそのような雰囲気であるというのは想像がつくと思うのですが、僕が天然であるということについて少し触れておきたいと思います。

 

僕は、ラクロス部に入部するまでは天然であるとほとんど言われたことがなかったのに、ラクロス部に入部して以来天然としばしば言われるようになってしまいました。ラクロス部には、僕以外にも服部(理工2)や谷口(経2)は僕と同様に天然と言われているのを耳にします。でも、彼らを含めた世の中の天然と言われている人のほとんどは周りから天然と言われたときに自分は天然じゃないといい、またなぜ自分が天然と言われるのか理解できないと感じていると思います。そうです、僕も入部当初自分が周りから天然と言われる意味が分かりませんでした。

しかし、最近になって自分って天然なのかなぁと思う瞬間があり、自分が天然であるということを薄々感じるようになってきました。でも、自分がなぜ天然と自覚するようになってきたのかはわからないというのが現状です。

 

こんなどうでもいい話はここまでといたしまして、12月に入り本格的な冬を迎えようとしております。ラクロス部の練習も基礎メニュー中心ではありますが、1回生は新人戦ウィンターステージに、また上回生は来シーズンに向けて日々練習に励んでおります。私事ですが、先日から少しずつ練習に復帰させていただいております。

今年一年はチームあるいはたくさんの方々に大変ご迷惑をおかけしました。こうやって長い間練習に入れなかった自分にもう一度チャンスを与えてくれたチームメイトには本当に感謝しています。来年は、今年の分も挽回できるように努力精進していきたいと思っています。

そこで僕は残された2013年の起死回生を懸けて、年末ジャンボ宝くじの購入という人生初の試みをしたいと考えております。宝くじなんて当たらないと思っている人がいると思いますが、僕は真剣に当たると思っています。だから買うのです。当たったときは、そのお金でチームメイトとご飯にでも行きたいと思います。当たらなかったときはスルーします。

 

最後に、ある言葉について紹介したいと思います。

つい先日、不慣れなアルバイトを始めまして怒られることがたびたびあり、情緒不安定になっていた僕にチームメイトが懸けてくれた言葉です。

 

「気にしたら、負け」。

 

そうこれは自他ともに認めるイケメンの中村匡佑(経2)の一言です。周りからすれば、普通の言葉に聞こえるかもしれません。しかし、その言葉で僕は心の傷が癒されたような思いになりました。12月という年末の忙しい時期なので、物事が上手くいかずいらいらすることや、かっとなること、不安や心配事が多々あると思います。その時は、この言葉を思い出して心の中で呟いてみてください。そうすれば、そんな困難も乗り越えられると思います。

 

長くなってしまいましたが、意味の分からないこんなつまらないブログに最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

次は、つい先日まで僕が愛用していたカバンの購入に付き合ってくれたり、一乗寺までニケツで一緒にラーメンを食べに行くほどの中であるイケメンで優しくてかっこいいのに、少しぶっ飛んでいるところがあり、見た目と中身のギャップが激しすぎるのでクリスマスをアルバイトで過ごすかもしれない森啓介(商2)にバトンを回したいと思います。彼のぶっ飛んだ一面の見れるブログにご期待ください!!!

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shimeta.net/mt/mt-tb.cgi/462

部員募集

このブログ記事について

このページは、同志社ラクロスが2013年12月12日 13:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コスモ会」です。

次のブログ記事は「1回生ウィンターステージのお知らせ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja