トピックス

ファミリー発表会及び新入生歓迎会

 こんにちは。OB・OGの皆様をはじめ、同志社大学ラクロス部に日頃よりご支援、ご声援を送っていただいている皆様、ありがとうございます。大変感謝しております。

  一途な恋がしたいという考えをもっとーに、最近は色々な交流を行っていると専ら噂の毛呂公亮(社2)からバトンを受け取りました。「髪型、話し方、アナオさん」こと松井純一(法2)です。ちなみに、アナオさんというあだ名についてですが、自分でも薄々おいしいなと感じる部分がある為、なにもコメントはいたしません。そして突然ですが、僕の最近の趣味は、家の近くの銭湯に友達といくことです。このことに関してもこれ以上コメントはいたしません。

 さて、最近の出来事になりますが、僕の前の記事で毛呂君が言っていたファミリー発表をかねた新入生歓迎会が6月1日に河原町にて行われました。
いわば、ここで一回生と仲良くなる場を設けようという画期的な企画です。
今回の歓迎会は一回生が正式入部してから始めての大きなイベントでもあり、一回生はあまり馴染むことが出来ないのではということで始めは上回生から盛り上げていたのですが、時間が経つにつれ一回生もそれに準じて多いに盛り上がってくれたので、盛況な会になったのではないだろうかと思います。食事も非常に美味しく、一回生はもちろん僕達上回生も楽しんでいて、幹事だった有薗君(法2)には感謝しています。
今回はなかでも、僕のファミリーの家長である衛門さん(商4)は本当に頑張られていて、いつかああいう風に場を盛り上げるべきなのだなと思わされました。そして、僕達のファミリーには新たに1回生が2人やってきて7人となりますます活気が出ていきそうです。僕も2回生ながらファミリーに貢献できるよう、後輩から信頼を置かれるようになるよう日々精進していきたいと思います。皆さん衛門ファミリーの今後にご期待下さい。


今回、ラクロス部の練習以外の活動について書かせていただきましたが、
我々ラクロス部は私生活ではモラルを持って楽しく、普段の練習では厳しくするという
オンオフの切り替えを大事に活動しています。この切り替えがあるからこそ、遊びが楽しくあるのであり練習にも熱が入るのではないかと僕は思います。
そして、このオンオフの切り替えを学業にも適用し
同志社の、「知・徳・体」.を実現出来るようこれについても精進していきたいと考えるばかりです。

 このような稚拙な文章ですが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。
次は、我が法学部政治学科が誇る人気者でちょっぴり甘えん坊な桐田雅司(法2)にバトンを渡したいと思います。
部員募集

このブログ記事について

このページは、同志社ラクロスが2014年6月 3日 23:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「れいぴー家」です。

次のブログ記事は「人気者?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja