トピックス

人気者?

 こんにちは。OB・OGの皆様をはじめ、同志社大学ラクロス部に日頃よりご支援、ご声援を送っていただいている皆様、ありがとうございます。大変感謝しております。

強烈な個性で、上回生だけでなく一回生にもインパクトを与えた松井純一君(法2)からバトンをうけとりました法学部政治学科2回の桐田雅司です。松井君からは人気者と言われましたが、タイトル通りまったく人気者ではありません。むしろ、僕のことを知っている人は学科の1割程度だと思うほどです。なぜ同じ学科の仲間である松井君の言葉の暴力で、心を傷つけられなければならないのか疑問です。
また、彼の紹介にある、ちょっぴり甘えん坊というのも疑問です。

さて、今回どのようなことを書こうか悩んでいました。それは、僕がまったく面白い話をできないからです。当然、ギャグもできません。ファミリーのことなら、思っていましたが、前の2人が書いてしまったので、それもできません。ということで、松井君に頼りました。彼の話ならなんとか文章になるだろうと考えました。

松井君は、僕と違い非常にユニークです。そのため一回生から、そして学科内でも大人気です。彼のユニークさは彼が書いた僕の紹介における皮肉でもわかるかと思います。さらに彼の面白さを思い知ったのは、彼の言葉です。その言葉とは、「あれ?」、そして「やばない?」です。これを読んだところで面白さはまったくわかりません。僕が言っても面白くないでしょう。彼が言うことで、普通の言葉が笑いに変わるのです。彼は笑いの神に愛されているのでしょう。これは、ラクロス部2回生のなかでも流行りました。また、彼は一発ギャグを数多く持っています。その才能を少しでも分けて欲しいほどです。
しかし、大阪出身の彼は笑い厳しいです。このような文章に使われたことを不満に思うでしょうが、それを許し、そして笑いに変えることを信じています。

ところで、6月にも入り、梅雨の時期になってしまいました。真夏の前から非常に暑かったことも嫌でしたが、雨はさらに嫌です。しかし、リーグ戦まで2ヶ月ほどとなり、この悪天候のなかでもチーム一丸となって目標に向けさらなる練習に励んでおります。少しでもチームに貢献できるよう頑張りたいと思います。

このような稚拙な文章に最後までお付き合いいただきありがとうございました。
つぎは、服装と髪型がお洒落で、とても落ち着いている藤野羅輝斗君(法2)にバトンを渡したいと思います!
部員募集

このブログ記事について

このページは、同志社ラクロスが2014年6月 8日 19:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ファミリー発表会及び新入生歓迎会」です。

次のブログ記事は「髪型」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja