トピックス

最後の一瞬まで

こんばんは。OB・OGの皆様をはじめ、同志社ラクロス部の関係者の皆様、いつも温かいご支援、ご声援をありがとうございます。
ライドリーダー奥村勇樹からバトンを受け取りました、今年度副将を務めます♯12衛門宏樹と申します。


10月に入り、夏休みも終わってしまい、大学では授業が開始されました。残りの単位をしっかり取り、卒業できるのかと四回生で最もお馬鹿ちゃんな北村と一緒によく心配しています。


しかし、実際は単位のことなど二の次であり、残りのラクロス生活をいかに過ごすかで頭がいっぱいです。授業とは比べ物にならない位、部員たちとラクロスをする時間を名残惜しく感じています。


リーグ戦も残すは最終戦のみとなり、最後まで勝ち進んだとしても、私達四回生の最後の瞬間は刻一刻と迫ってきています。

四年間を振り返ると様々なことがありました。


先輩たちが異常にかっこよくみえ、自分も先輩のようにかっこよくなれるのではないかとありえない勘違いをして入部したラクロス部。

実際は顔面と骨格の問題であり、全くかっこよくならず、膝神、でこやん、短足とどうしようもない部分をいじられ放題、想像していた生活とは全く逆でした。(笑)

厳しい練習に過密なスケジュール、の割には結果を出せない自分に腹が立ち、気づけば上手くいかないことを自分ではなく、環境のせいにしていた時期もありました。
指導の仕方が悪い、Bチームの環境が悪い、雑用を人より多くさせる先輩が悪い、今までしていたスポーツが悪い、遺伝子が悪い...等々、いくつ言い訳を考えたことでしょう。

ただそんなとき先輩からもらった言葉があります。


『スポーツは非情なものである、でもだからこそ自分は頑張れる』
非情であるから頑張れる。当時の私には到底理解できない言葉でした。

しかし、今の私には理解できます。


厳しい練習でヘトヘトになりながら走った後に雑務をこなしてくれる下回生。

試合に出れず悔しい想いを殺しつつ必死にメガホンをもって応援する上回生。

ベンチから一生懸命声を出し、試合を支えるサブメンバー。

色んな理由でプレーする事を諦めたコーチやスタッフ。

辛い仕事ばかりだが、なかなか見返りがなく、やりがいを見つけられないMG。

そんなたくさんの想いを全て背負いリーグ戦に出場するレギュラー陣。

私は四年間でスポーツの華やかな表側と非情な裏側、両方を経験したと思います。
その結果、やっと上記の言葉を理解することができました。こんなに素晴らしい境遇で、こんなにも必死に支えてくれる部員がいるにも関わらず、環境のせいにしていた自分を本当に恥ずかしく思います。


私の今の立場をスポーツの表側だと思う人もスポーツの裏側だと思う人もいるでしょう。しかし、今の私に立場は関係はありません。最後の一瞬までの残り時間、自分の役割をしっかりと全うし、同期とともに笑顔で引退したいと考えています。


何とも文書を書くのが苦手で、大変読みにくい内容になってしまい申し訳ありませんが、最後までお付き合い頂きありがとうございました。

では次回のブログはMFリーダー佐藤たまお君に書いてもらいましょう。
彼は滑舌が悪いことで有名ですが、HP上では全く問題ありませんのできっと史上最高に素晴らしいブログを書いてくれるでしょう。
次回のたまぴーに期待してください!!!!!

部員募集

このブログ記事について

このページは、同志社ラクロスが2014年10月 7日 22:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「長居という舞台」です。

次のブログ記事は「final3」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja