トピックス

「勝利の女神」

| トラックバック(0)

OBOGの皆様をはじめ、同志社ラクロス部の関係者の皆様、いつも温かいご支援、ご声援をありがとうございます。今年度、副将とクリアリーダーを務めます#3加賀山拓也と申します。固いブログが続く重苦しい空気の中でブログが回ってきてしまいました。どうすればいいか困りましたが、自然体でいきたいと思います。

 

 

"これだから愛知県民は"

 

 

最近ラクロス部でよく聞く言葉ですね。

痛みに関して人よりちょっとだけ敏感である僕と#45近藤(3)の二人がともに愛知県出身だからという、何とも理不尽な理由で非難を浴びています。

ちなみに、この言葉には様々な枕詞があります。少し紹介しましょう。

 

「痛がりすぎちゃう」

これは初級編ですね。誰でも気軽に言えるし、的確に指摘できています。

 

「しょーもな」

ぐっと難易度が増しましたね。痛がっていることではなく、僕の性格の本質を突く重い一言です。#1桑原(4)が得意としています。

 

「おおげさちゃう」

#6佐藤のみに許された禁断の一手。言葉自体はあまりひどいものではありませんが、ラクロス部のメーリングリストを使用しているためその精神的苦痛は計り知れません。まさに公開処刑といえるでしょう。

 

 

 

さて、そんな佐藤のブログの紹介文にもありました、オーバーリアクション。思い返せば、高校時代から言われていることでした。

 

サッカー部の引退をかけた県予選のことです。

足は確かに引っかかったものの大して痛くないのに、サッカーブラジル代表ネイマールばりに豪快に転び痛がる僕。

たまらず笛を吹きPKを宣告する審判。

やってしまったと頭を抱え立ち尽くす相手選手。

獲得したPKを決め、チームは勝利しました。

 

 

この話、ただ僕の性格の悪さを表したいわけではありません。

"疑惑の判定"なるものが結果を大きく左右するということは、どのスポーツにもいえることだと思います。それがいわゆる"勝利の女神"を呼び込んだと言われるものですが、ただの運だとは僕は思いません。努力は報われるかはわからないが、報われたものは努力しているのだと思います。くさい表現ですみません。加えて、「目の前の相手に対して勝ちたい」という気持ちも大事だと思います。先ほどの高校時代の話に戻りますが、僕を倒した相手選手は、実は小学校時代のチームメイトであり、僕より圧倒的に上手い選手でした。だからこそ、こいつに勝ちたいという強い思いを持っていたことで、"勝利の女神"は微笑んでくれたのかもしれません。

 

大学でラクロスを始めてから、個人的にも、チーム的にも色々と紆余曲折がありました。しかしその都度乗り越え、強くなってきたんだと感じています。それが今回のfinal3初出場につながっていると思います。

 

113日の対戦相手、京都産業大学にはリーグ戦で敗北しました。現在、チーム全員が絶対に倒してやるという熱い思いを持って練習に取り組んでいます。final3京都産業大学戦では、この気持ちをチーム一丸となって体現し、"勝利の女神"を呼び込んでいきたいと思います。

 

11/3 vs京都産業大学 Fainal3@ヤンマーフィールド長居 13:30 FO

 

前半の内容から想像のつかないような固い話となってしまいましたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

さて、ネイマールがたまたま登場したということもあるので、次回のブログは自称ネイマール、同志社三大オヤジの筆頭、#1桑原有世に任せたいと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shimeta.net/mt/mt-tb.cgi/564

部員募集

このブログ記事について

このページは、同志社ラクロスが2014年10月28日 19:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「final3」です。

次のブログ記事は「決勝戦のチケットについて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja