トピックス

竹田城

| トラックバック(0)
OBOGの皆様はじめ、同志社ラクロス部の関係者の皆様、いつも温かいご支援、ご声援ありがとうございます。脳筋ではありませんがいつまでも若さを保ち続けている北村(商4)と申します。ブログの更新が遅れてしまい申し訳ありませんでした。

 

さて、11月8日に現役を引退し、現在は週に3回グラウンドへ行き1回生のマネージャーをやらせて頂いています。引退後は目標が無くなり、暇な日々をおくると思っていましたが、暇どころかとても充実した11月でした(まだ終わっていませんが)。ということでいきなりですが今回は最近の充実ぶりについて少し書きたいと思います。浮かれてると思わず最後まで目を通して頂けると幸いです。

 

11月は六甲山、有馬温泉、竹田城、南禅寺+永観堂(紅葉)、と関西圏内ばかりですが様々な場所に行ってきました。それぞれの感想を書きたいのですがあまり長々しくなると読む気が失せると思うので今回は残念ながら竹田城のみについて書きたいと思います。

 

1431年に築城され、「日本のマチュピチュ」「天空の城」「虎臥城」「但馬竹田城跡」と沢山の異名を持っている竹田城は秋から冬にかけての良く晴れた早朝に行くのがベストだと思います。私は、竹田城がある最寄駅のホテルで一泊して翌日の朝4時に出発しました。バスで山の麓

まで20分かけて行き、その後は歩いて40分かけて登りお城に辿り着きました。5時過ぎに着いたのですがまだ真っ暗で何も見えない状態でした。寒い中、1時間くらい日の出を待ち続けた結果、雲海に浮かび立つ美しい様子が見られました。そして、城から見下ろす風景は、まさに「天空の城」と言っても過言ではないでしょう。神秘的でとても現世にいるようには思えないようなお城跡が見られました。この幻想的な風景は見に行くべきです。

お城に興味が無い方、ストレスを抱えている方、早起きが苦手な方、冷え症の方、運動が苦手な方、私の話を聞いても行く気が無い方、毎日を何もせずに終えている方、お勧めします。保証はしませんが是非、行ってみてください!

その風景を目の当たりにすれば体は冷えていても心は温まるでしょう。

注)一人で行くのはあまりにも寂しそうに見えるので可能でしたら家族、友達、恋人、と行くようにして下さい。

nihonn.jpg

 

実際に行って撮った写真です。

sho3 013.JPG

 

一応紅葉の写真を載せておきます。

 

ラクロス部での目標が無くなった私の次の目標はとりあえず無駄な時間をつくらず残りの学生生活を楽しむことです。

 

次回のブログは最近充実しているらしく、自らブログを書きたいと申し出てきた豊田俊介(英4)にバトンを託したいと思います。いつも口にするのは女性のこと。しかし、彼女を追い求めてはや21年。何がいけないのでしょうか?

 

稚拙な文章ですが、最後までお付き合い頂きありがとうございました

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shimeta.net/mt/mt-tb.cgi/569

部員募集

このブログ記事について

このページは、同志社ラクロスが2014年11月27日 18:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ファイナルのアゲビデオを作成していただきました。」です。

次のブログ記事は「祝、新人戦本戦出場!!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja