トピックス

アーカイブ

伝えたいこと

| トラックバック(0)
ブログをご覧の皆様、こんにちは。

若くして髪の毛の薄さに悩まされ、女性との交際も10年近く絶っているストイックな権田くん(経4)からバトンを受け継ぎました商学部4年生の崎山貴裕と申します。

まず初めに、
日頃から我々現役生に向け、温かいご声援とご支援をくださるOBOGの皆様、保護者の皆様、また多くの関係者の方々、誠に有難う御座います。
4年間を通して、皆様に感謝の想いを直接お伝えする機会を持つことは出来ませんでしたが、この場をお借りして御礼申し上げます。


さて、前回のブログで根も葉もない疑惑をかけられてしまいましたので、その疑惑を晴らす所から始めようと思います。

結論:女好きでは御座いません。

商学部という女性の比率が高い学部であるということ、また、学生連盟の役員として活動させて頂いていたということで、男女問わず、多くの友達を作ることができました。
ただの友達に過ぎないにも関わらず、女性と話をしているだけ、一緒に歩いているだけ、で有らぬ疑惑をかけられます。困ったものですね...
ですが、僕は、女性の友達どころか、男性の友達すら多くない人々からの、ただの僻みだと認識しておりますので、何も迷惑しておりません。
そうです、この余裕こそが、友達の数に差をつけるのではないでしょうか。
今まで散々僻んできた皆様、心を改めてくださいね。今後の活躍を期待していますよ。


前置きがとても長くなってしまいました。
先にお伝えしておきます。
この後も長いです。笑


同志社ラクロス部では数え切れないほどの経験をさせて頂きました。
新人戦、リーグ戦、Bリーグ戦、合宿、スカウティング、ミーティング...

その中でも私の中で最も大きかった経験。
『膝靭帯の負傷。DFからGへの転身。』

1年生ではDFとして、長い棒を振り回す楽しさを感じておりました。
2年生ではDFとしてリーグ戦に出たい!
と思い、2年生の新シーズンに臨んだ矢先、練習中に交錯し、膝靭帯を負傷。

プレーから離れている間に、
外から見せられる同級生の急成長。

妬み、羨み、焦り。

焦りから、復帰を急いで練習に参加。
案の定、再び負傷。

「あぁ、終わったな。」

プレーでも貢献できない、モチベーションも高く保てない。仲間とも衝突する。

辞めた方がいいのではないか。
正直、それを考えたこともありました。
でも何故か辞めなかった。
その理由は自分でもわかりません。

そんな感じでモヤモヤしていた2年生秋、このポジションであれば、僕にも出来るのではないか、と考えました。

『ゴーリー』

サッカーで言う所の、キーパー。
運動量、接触頻度の面からは膝への負担は圧倒的に少ない。

「これしかない。」

そう考え、同期に相談。
既にゴーリーには2人の同期がいた。
それにも関わらず、経験も無く、将来性も低い僕に対し、挑戦を許してくれました。

それからは、チームが練習している隅っこで、怪我をしている先輩との練習。

中々上達しない僕に対し、
「もう無理だろ」という声があったことにも気付いていました。

ふと、
自分が他の人に負けないものは何か考えてみた。

答えは、

『考える』こと。

ただ何も考えず、シュートを打ってもらい、捕球力を高めようとしていたことを悔いた。


まず、いま自分と近い位置にいる選手に足りないものは何かを考えた。
そして、それを会得するための最短の道のりを考えた。その練習を反復する。

そこから先は、少しずつだが確実に成長を実感できました。

途中は省きますが、結果、3年生夏には目標としていた下舘智哉さん(15卒)こそ抜くことは出来ませんでしたが、2番手として練習、試合に参加させて頂くまでに成長することができました。

この出来事から何を学び、何を伝えたいかというと、

自分勝手な決断にも関わらず、また、中々成長が見られなかったにも関わらず、批判しながらも協力してくれ、僕を選手として活動させてくれた仲間に対する、感謝の気持ちです。

本当にありがとうございました。

また、『考えた量×実行=成果』だということ。
考えるだけでもダメ。
がむしゃらになるだけでもダメ。
また、足し算でなく、掛け算であるところもミソです。
その理由はそれぞれで『考えて』みてください。

長々と書いてしまいましたが、これで最後にさせて頂きます。
僕の4年間のラクロス部での活動は、文頭に述べさせていただいた方々の多くの支えがあったからこそ成立したと思っています。

お忙しい中応援に来てくださるOBOGの方々。

生意気な僕を受け入れて下さった先輩方。

衝突しながらも高め合えた同期。

厳しい事を言っても、なんだかんだ慕ってくれる後輩達。

私立大学・一人暮らし・帰省も少ないと、親不孝な息子を支えてくれた家族。

感謝してもしきれません。
今まで本当にありがとうございました。



そろそろ次にバトンを繋ぎたいと思います。

部活だけでなくプライベートでも仲良く付き合っている、
イケメンなのにどこか残念。
ハーフ顔の彼女に振られてから早3年半。
そんな森啓介(商4)に繋ぎます!

よろしく!!!

髪の毛

OB、OGの皆様をはじめ、同志社ラクロス関係者の皆様、いつも温かいご支援・ご声援ありがとうございます。

ゼミの友人からわざわざ紹介してもらったバイトをたった1日でやめてしまうほどの飽き性な谷口(経済4)君からバトンを受け取りました、経済学部4回生の権田良也と申します。


今回は「髪の毛」について書こうと思います。谷口君のブログで悪意ある写真が載ってましたが、僕は、部員から"髪の毛が少ないのではないか?"という疑惑をかけられています。


渡邊(理4)君は、日頃から僕の前髪を見ては「ハゲ吉、今日は6:2分けやなー」と言いますが、6:2の、残り2はどこに行ったのかといつも疑問に思ううえに、「ゴン吉」というあだ名と「ハゲ」の繋げ方がおかしいせいで、権田という要素が全くないあだ名で呼ばれています。かといって「ハゲゴン」と呼ばれるのも困りますが。
さらに森本(商4)君が、僕の前髪の隙間をラーメン屋ののれんと間違えて入店しようとするのは日常茶飯事で、遠藤(経済4)君は、常に僕の頭頂部を見て話をするため、彼との会話中に一度も目が合うことはありません。
また、谷口君は「トルコはハゲでもモテるらしいから気にするな!」という必要もないフォローをしてきます。

こんなことを書いていると「何だ、やっぱりハゲてんじゃん」と思われそうなのですが、竹内(法2)は僕のおでこを見て、「ゴンちゃんさん全然ハゲてないじゃん!!」とハッキリと言い切ったうえに、
今年主将を務めた岡田(生命4)は、一年生のときに、「権田はよく見るとあれだね、髪の毛が少ないんじゃなくて毛が細いだけだね。」と説得力のある言葉をかけてくれました。

このことからも、実際は全くハゲておらず、ふさふさだということが証明されました。就職先ではありもしないハゲキャラがつかないことを祈ります。


自分の髪の毛について延々と語る中身のない、拙い文章ですが最後まで読んでいただきありがとうございました。


次は、東京生まれ和歌山育ち大学は京都でありながら、強い憧れと尊敬の想いから「愛知県」で就職を決めた、たかぴーこと崎山(商4)君にバトンを回そうと思います。
image.jpg
誠実そうな見た目とは裏腹に女好きという疑惑をかけられている、彼の破天荒なブログにご期待ください。

略語

| トラックバック(0)
OB、OGの皆様をはじめ、同志社ラクロス関係者の皆様あけましておめでとうございます。
いつも温かいご支援・ご声援ありがとうございます。
 
最近大幅なダイエットを行い10kg以上痩せた男、渡邊涼からバトンを受け取りました経済学部経済学科4回生の谷口裕祐と申します。彼とはマンションが同じでプライベートでも良く遊んでいました。
 
今回私は「略語」について話したいと思います。現代の日本では様々な略語が存在します。女子高生の事をJKと言ったり、スマートフォンのことをスマホと言ったりします。これらの単語は元が長いのでまだ許せます。しかし世の中にはそれ略す必要ある?といったものまで略す人もいます。皆さんの周りにもいませんか?
 
ラクロス部には存在します。それが彼権田良也(経済4)です。
 
image.jpg

あれは一回生の頃、試合後に数人でお好み焼きを食べに行った時のことでした。皆が注文をしていく中、彼が唐突に店員にこう言ったのです、「豚キムで!」。
いや、チぐらい言えよ!と店員を含めその場に居た全員が思いました。
 
彼の略語エピソードは他にもたくさんあるのですが私が最も強烈なインパクトを受けたエピソードを話したいと思います。ラクロス部でも伝説となりつつある「スタ丼事件」です。大学の昼休み彼を含めた経済学部のメンバーで昼食を食べに行った時にこの事件は起こりました。メニューにスタミナ丼があったことからこの悲劇は始まりました。皆がメニューを見ながら悩んでいると彼が急に「あ、スタ丼あるじゃん!!!」といつものように略したのです。そこを私が「スタ丼てお前チェーン店のやつやん」と突っ込んだところなぜか彼がぶち切れました。どこにキレる要素があったのかは永遠の謎です。これにはさすがに普段から少し短気な中村(経済4)ですら「権田こんなんでキレてたら社会でやっていけないぞ」といったほどです。この経験から私は権田と話すときには少し気をつかうようになりました。
 
とまあこんなことを書きましたが略語を使わない時の普段の彼は良い奴だと思います。
 
稚拙な文章にお付き合いいただきありがとうございました。
 
次のブログはそんな権田くんに任せたいと思います。後輩への世代交代も終わり最近の彼の口癖は「出世してやる!」です。そんな彼の繰り出すユーモアあふれるブログにご期待ください。

image.jpg

天敵

| トラックバック(0)
あけましておめでとうございます。
OB、OGの皆様をはじめ、同志社ラクロス関係者の皆様、日頃より暖かいご支援、ご声援ありがとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

昨年MFリーダーを務め、リーグ戦では得点を量産...
いや、ここぞという場面で点をとった...
すみません、無得点の谷村洸(スポ健4)からバトンを受け取りました、渡邉涼(理工4)です。

まず最初に前回の谷村のブログを訂正させていただきます。
なばなの里とナガスパに関して、
谷村は、「全員が初めて行くところだけにテンションが上がっていました。もちろん、僕も初めて行きます!!!」
と書いていましたが、とんでもない嘘です。
就職先の平均年収を言ってから、頻繁に連絡が来るようになった元カノとなばなの里に行ったことがあります。
あと3カ月後には社会人になるというのに隠蔽は良くないですね。
僕は立派な社会人となるためもう少し修行を積んでおきます。

さて、そろそろ本題に移ろうと思います。
タイトルにもあるように僕にはこのラクロス部に天敵がいます。
皆さんお気づきかと思いますが、そうです。カメ(ブサイク2)です。

image.jpg

彼は自分を愛しすぎています。
見た目から中身まで自分の全てを完璧と評し、
自分を崇めない者は人に非ずという思想を持っています。
そのため上回生を嫌い、祝勝会にも納会にも参加しませんでした。
納会に関しては前々から日程が決まっていたのにも関わらず、
その日には家族とご飯を食べるので、
という前日に決まったような理由で納会をサボりました。
おそらく家族と食事は嘘でキャバクラにでも行ったのでしょう。
このように上回生のことを嫌っているカメですが、
僕のことだけはもはや下に見ています。
僕がバイトを始めると言ったら、
「わたさん働けるんすか? その前に面接受かったんや」
という風に見下し、半分はタメ口といった具合です。
完全に舐め腐っています。
その姿勢はプレーにも出ていて、
差し迫った状況であってもエンドで人を指し指示します。
また人に伝わらない曖昧な表現でコーチングするため、
コミュニケーションミスが起きます。
これらプレーに関することは僕が2年をかけ直そうと努力しましたが、
自分を愛しすぎているため決して直すことはありませんでした。
皆様グランドへ足を運んでいただけましたらいつでも横柄なカメが見れます。
是非一度どうぞ。
最後にこのカメがどれだけ自分を愛しているのかを書かせていただきます。
彼は事あるごとに僕たちモテない一般市民に対し、
自分がどれだけモテてきたか、
またそのモテ術を勿体ぶって伝えてきます。
正直聞きたくもないのに、オチの用意されていない自慢話を聞かされます。苦痛です。
先日はスタバにて2時間も、
どうして自分にはこんなにも需要があるんやろ。
なんで俺なんかなー。
やっぱこの目がドキッとくるんかなー。
などとエンドレスで一人喋っていました。
店員に顔と喋りの内容のギャップで爆笑されていることにも気づかず。
ホラーですね。
ただ体調不良をでっちあげ部活を週3にし時間を作り、
女の子と遊びまくっているのでモテているのは事実なんでしょう。
以上の通りカメは自分を愛し、周りを傷つけ、僕の敵となり生きています。
僕はそんなカメが国の駆逐対象になる日を待ち望んでいます。

このような稚拙な文章にお付き合いいただきありがとうございました。

次はコスモ会の会長であり、現在唯一コスモヴィレッジに住み続け、
最近車の免許を取り直し、口癖は「オートマなら俺に任せろ」の谷口裕祐(経済4)に託したいと思います。

image.jpg

彼は4年間常に僕の想像を超え続けてきました。
そのためどんなエピソードでも爆笑必至。
よろしくお願いします。
部員募集

このアーカイブについて

このページには、2016年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年12月です。

次のアーカイブは2016年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja