トピックス

どうでもいい話

| トラックバック(0)
OB、OGの皆様をはじめ、同志社ラクロス関係者の皆様
いつも温かいご支援・ご声援ありがとうございます。

畠克成(かっつん)(商4)からバトンを渡された
中村匡佑(ただっちょ)(経4)と申します。


前置きとして僕の今年一驚いたことを、読者の皆様にも知ってほしいと思うのでここに書かせていただきます。
前のブログでかっつんも少し触れていたことなのですが、近藤良樹(経4)が部内で、なお且つ年下の某MGと付き合うという誰もが驚くことを実はしていました。
今年に入っていろいろありましたが、未だにこれを超えるニュースはありません、、、
しばらくしても誰にも気づかれないように付き合える彼、そしてそれをほとんど誰にも言わない彼は相当な大物と言っても差し支えないでしょう。
しかし僕の耳に入った時点でその秘密も意味がなくなりました(笑)
ちなみに、某MGというのは、簡単に表すと「。」こんな感じになりますね。
まぁこれは僕の適当な作り話かもしれないので、部員のみんなは某MGが誰なのか、そしてどんなことまでしてしまったのかを絶対に詮索しないように。絶対に(笑)



さて前置きはこれくらいにして、そろそろ前回のブログでかっつんにかけられた僕の変態容疑を解きたいと思います。
変態か変態でないか、この差は何なのか?
僕は、彼女をどれだけ受け入れることができるかだと思っています。
かっつんや良樹が敬遠するようなプレイでも僕は普通にやってのける、
むしろ自分からやる、
これを包容力、人間としての器の大きさの差と言わずに何と言うのでしょう?
不等式にすると、かっつんや良樹の器の大きさ<僕の器の大きさ
こうなります。これは2回生くらいの時から言っていました(笑)
僕は変態ではありません。



話は変わりますが、先日4回生でグアムに行ってきました。
僕は直接見たわけではないのでその面白さを伝えることは非常に難しいのですが、聞いている中でやはり一番面白い話だろうなと思えるのは、
権田(経4)とその他もろもろがストリップショーに行った話だと思います。
いつも真面目そうな彼がストリップショーで更なるサービスを受けるためにチップを払う、その姿を想像するだけで泣けてきますね(笑)
ですが彼は、ブロンズ女性のお○ぱいを顔に押し付けられて「よかったわぁ」という感想をもらしていたのでその点では喜ばしいです。



最後に僕の好きな言葉を紹介して、ブログを終えたいと思います。
「やるしかない」
「頑張る時はいつも今」
どちらもパッション系の言葉ですが、心が折れそうになった時、この言葉を思い出して、部活に限らずどんなことも頑張ってきました。
是非、後輩にも自分の好きな言葉や座右の銘を大事にしてもらって、これからも頑張っていってほしいと思います。



はい、稚拙な文章に付き合っていただきありがとうございました。
次のブログは、今夜も彼氏とよろしくやっているであろうゆかちん(心理4)に回したいと思います。
今夜はどんなことをしているんでしょうね?(笑)
ゆかちんよろしく!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shimeta.net/mt/mt-tb.cgi/682

部員募集

このブログ記事について

このページは、同志社ラクロスが2016年3月13日 01:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「最近思うこと」です。

次のブログ記事は「初ブログ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja