トピックス

感謝

| トラックバック(0)

ゆかちんからブログのバトンを受け取りました。

昨年度主将を務めました、岡田昂志です。

 


自分は大学四年間をラクロス部に捧げてきました。この四年間を通じて学んだ事を、この場を借りて後輩の皆さんに伝えたいと思います。



  

僕は、大学生という時間は、長い人生の中で自分の思い通りに時間を使える貴重な機会だと思っています。自分は、この四年間という貴重な時間を体育会ラクロス部での生活を中心に過ごしてきました。

 



このラクロス部で過ごした四年間で常に僕が考えていたこと、それは「自分はなんのためにラクロスをしているのか」ということ。



 

正直、ラクロス部に興味を持った理由は"雰囲気良さそうだな"とか"サークルよりは体育会かな"とか、ありきたりなものだった。しかし、仮入部して何度か練習に参加したときにふと思った。

 



「自分は朝早くから何をしているのだろう」と。

 



同じ学部の友達は、僕がラクロスをしている間にその分勉強をするかもしれないし、そのうち留学だってするかもしれない。

体を動かすことは好きだけど、ただ健康維持のため、ただ就活のためだけにラクロスをするなら、いっそ辞めてしまって勉強に専念した方が自分にとってプラスになるのではないか。そう考えたりもした。

自分がラクロスに熱中することへの意味が見出せずに悩んでいた。


 

 

いろいろ考えた挙句、その時僕が出した答えは、「自己成長」だった。

仮入部期間が終わり、正式に入部するときに「四年後に必ず日本代表になり、自分の可能性を証明する」と自分自身に誓った。当時の一回生コーチにもそう伝えた。

 



四年分のスケジュールを全て立て、「今日一日ラクロスをする目的」を毎日持つように心掛け、日本代表になるために練習した。上手い人のプレーを真似して、練習し、反省し、改善して練習する。これの繰り返しばかりだったと思う。毎日、とにかく自分自身と向き合い、常に最終目標を意識して練習していた。



初めは無理やり意識するように心掛けていたが、いつしかそれは習慣になっていた。オフの日も、授業後もグラウンドに足を運んで練習しなくては気が済まなくなっていた。周りから期待され始め、徐々に結果も出始めるようになった。

当然、挫折しそうになったことは何度もある。そのたびに悩み、自分を活かせる場所を模索した。かつなりのセンスに敵わないと思ってポジションも変えた。



 

今日一日練ラクロスをする目的」は学年が上がり、チームを代表するような立場になっていくにつれて重みが増してきた。

プレーヤーを辞めてサポートに回ってくれるメンバーや自分が試合に出るとき応援してくれるメンバー、陰で応援して支えてくれている人たちを感じるようになってきたからだ。

気付けば、責任感を感じて、チームのために努力しようとしている自分がいた。

 


 

最初は自分のために始めたラクロスが、いつしか他の人のため、チームのためへのものになっていた。チームのために考えて行動することもいつの間にか増えていた。ラクロスが技術的にだけでなく、人間的にも僕を成長させてくれて、大きな可能性を与えてくれたことを実感した。



 

結果的に、四回生で日本代表になるという僕の目標は達成することは出来なかったが、ラクロス部での四年間は貴重な経験を僕に与えてくれた。僕のやり方が全てではないけれど、周りと自分を比較しながら日々を過ごすのではなく、何か目的を持って、がむしゃらに努力を続けていけば、いつかきっとその人に価値ある経験を与えてくれることがあると信じている。




おそらく、これはラクロスに限った話ではないが、学生スポーツにおける四年間は、何かを犠牲にしてでも熱中するだけの価値があるし、それは必ずその人にとってかけがえのないものになると確信している。

 


 

最後になりますが、人生でこれほど熱く、自分を成長させてくれた四年間は大変貴重なものでした。卒業した先輩方から機会あるごとに言われてきたことですが、僕も、引退した今、改めてそれを強く実感しています。

今の自分があるのは、間違いなくラクロス部での四年間の日々のおかげであり、多くの人たちの出会いがあったからだと思っています。

四年間、本当にありがとうございました。

OB・OGの皆様、保護者の皆様、関係者の方々、今後とも同志社ラクロス部を見守り、応援し続けて下さい。このことを心よりお願い申し上げます。 

 


 

さて、次回のブログは、僕のブラザーの丸茂(スポ健)に回そうと思います。

マルちゃんよろしく!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shimeta.net/mt/mt-tb.cgi/687

部員募集

このブログ記事について

このページは、同志社ラクロスが2016年3月31日 23:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「追いコン」です。

次のブログ記事は「1年前」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja