トピックス

変貌

OB、OGの皆様、同志社ラクロス関係者の皆様、いつも温かいご支援、ご声援ありがとうございます。
  必ずといっていいほど右上で内抜きをし、その容姿と性格のギャップから同じ授業の友達に"花束を持った怪獣"と呼ばれている大倉君(経2)からバトンを頂きました経済学部2回生の松下僚太と申します。
  前回のブログでただならぬ闇を抱えていると紹介されましたが、全くそんなことはありません。私がいたって普通で非難する点がないため、彼が苦しまぎれに取って付けたのでしょう。

  さて、何についてブログを書こうと悩んだ結果、高3の時の話をしたいと思います。私は岩倉出身で3年生のクラスではモリケイこと森田君(経2)と同じクラスでした。当時の森田君は非常におとなしく女子とも仲良くしていました。(一部の女子からモリゴン)しかし、今では動物モノマネをしながら親父のベンツを乗り回し、ラクロスの裏事情を自慢気に語る日々を重ねています。
  いったい何故でしょうか。
  理由は高3の夏休み明けからクラスの女子に距離を置かれたことに起因しています。モリゴンによると、主な理由はクラスの中心的女子グループに干されたとのことでした。その女子グループのリーダー的存在であり、ひたむきにバスケットボールに打ち込む好青年であったモリゴンの心をカニに変えてしまったのが、、さやここと小西池(法2)です。
1463260570443.jpgのサムネール画像のサムネール画像
モリゴンの数々の奇行は彼女に対する恐れからでしょうか。入部当初は大丈夫なのかとヒヤヒヤしていましたが、最近では一緒にラーメンを食べに行く仲らしいので少し安心しました。早く元に戻ってほしい限りです。
  ここまで長々と稚拙な文章にお付き合い頂きありがとうごさいました。次はそんな小西池を学校だけでなく部活でも無視しまくっている安田純(法2)にブログを回したいと思います。それではやすよろしく‼
部員募集

このブログ記事について

このページは、同志社ラクロスが2016年5月20日 14:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「似た名前」です。

次のブログ記事は「兄弟」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja