トピックス

寮生活での出来事

OB、OGの皆様、同志社ラクロス関係者の皆様、いつも温かいご支援、ご声援ありがとうございます。
お兄ちゃんのことを好きでないと言いながら、いざとなれば兄に頼りっぱなしの兄弟愛の強い安田くん(法2)からバトンを頂きました政策学部政策学科2回生の守屋遼と申します。
さて、僕ら2回生も大学に入学してラクロスを始めてから早くも2回目の夏を迎えようとしています。ケガのケアや体調管理を整えてリーグ戦に向けて準備していきたいと思います。
ではここから本題に入っていきたいと思います。僕のブログでは高校の寮生活について書きたいと思います。僕は同志社国際高校で寮生活を3年間していました。寮生の先輩としては、いっせいさん(心理4)有薗さん(法4)、石井さん(法3)とラクロス部に多くの先輩方がいます。寮生活でのいっせいさん(心理4)と有薗さん(法4)の間には明らかな上下関係を感じ、幾度となくイジめられてる様子を見てきました。(もちろんイジメているのはいっせいさんです。)しかし、有薗さんが怒っているところを見たことはありません。いつも笑顔でその場を済ましていました。この寛容な性格は大学でも変わらず尊敬できる先輩です。この2人の信頼関係がいま、同志社ラクロスのDFを支えている要因なのかとも思えます。石井さん(法3)はテスト勉強期間になるとベッドの上を拠点とし、まったく勉強してないようでなかなかの高得点を叩き出すという、なんとも要領の良い人でした。石井さんからよく「テスト勉強なんて鉛筆持つ必要ないじゃん〜」と言われたことをよく覚えています。この要領の良さはラクロスでも生かされているような気がします。
このように寮生活では様々な人たちに囲まれ、良くも悪くも多くのことを学べる場所でした。ラクロスでも多くの先輩からまだまだ様々なことを吸収して自分のものにしていけたらと思います。
寮生活の話題はまだまだたくさんありますが、長くなりそうなのでこの辺りで次の人にバトンを回したいと思います。ここまで僕の稚拙な文章に長々とお付き合い頂き有難うございます。次は政策学部のもう1人のラクロス部でのんちゃんと親しみのあるあだ名でお馴染みの京希(政策2)にバトンを回したいと思います。それではのんちゃんよろしく!
部員募集

このブログ記事について

このページは、同志社ラクロスが2016年7月 8日 17:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リーグ戦について」です。

次のブログ記事は「遠征での思い出」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja