トピックス

アーカイブ

わっしょい

OB・OGをはじめ同志社ラクロス部関係者の皆様、いつも温かいご支援ご声援ありがとうございます。

留○が親にバレた木下(GC4?)からバトンを受け取りました福田(経4)です。

リーグ開幕が迫る中、長かった就活も無事に終えることができました。結局はご縁なのかなぁとも思える就職活動でした。

そんな僕はラクロス部で1番「気が合う」尾縄君(経4、呼び名:わっしょい)との出会いを綴りたいと思います。


僕は1回生の時、周りの学生よりも勉強を頑張ろうとしていたので木曜6限に簿記学の授業をとっていました。必修ではありませぬ。(6限は約20時に終わります。)


6限らしく閑散とした大教室で行われる講義では学生は自分の好きな場所に座りますが、僕はやはり真ん中よりは前に座っていたことから学業に対する姿勢があると、客観的にも言えるのではないでしょうか。


そんな簿記学の授業にわっしょいがいたんです。

そうそう入部式で初めて顔を合わせた時、わっしょいという呼び名に感銘を受けたんです。尾縄からのおなわっしょい。印象的すぎぃ。


まさかこの6限の簿記学をとっている所謂ガチ勢が1回生の中でいるのか!
そしてそれは同じ部活のわっしょいだとぉ!?


キミもガチ勢か
話が合いそうじゃあないか
友達になろう



これが僕とわっしょいの出会いです。
 

それ以降とても仲良しで、よく一緒に京阪電車に乗って帰ります。

電車の中や歩いている時は、学校から駅までの最短ルートを話しあったり、速く歩くことのメリットデメリットを議論したり、狭い歩道を3人1列でダラダラと歩く学生を咳払いでどかしたり、夏と冬どっちが好きかを理由を含めて主張したりしています。


「気が合う」とはこのことを言うのではないでしょうか。
同じ考えを持つ者、普段から物事について深く考える者同士、やはり居心地がいいのだと思います。


それは就活の面接とも類似していて、やはり自分と面接官の「気が合う」ことがとても大事だと思いました。

そう、就活はご縁ともいうようにどれだけ良い面接官に出会えるかだとも思います。


そんなん運じゃあないか。と実際僕も思いましたし、皆さんも思うでしょう。

しかし僕は今何かを頑張る事、それが運を引き寄せるのだと主張します。


僕は誰よりも頑張ろうと簿記学をとり、縁あってわっしょいと親密になりました。簿記学をとっていなければ今ほど仲良くないかもしれません。

つまり、学生生活を後悔しないように今を頑張る事が大事だと思います。そうすればきっと運も味方してくれる。

僕はまだまだこの部活でやることが残っていますので、後悔しないようにやりきりたいと思います。


上文はあくまでも僕の考えです。

とにかく誰よりも頑張る事を忘れずにこれから始まるリーグ戦、絶対勝ちきりましょう!!



次は先程紹介したわっしょい(経4、GPA1.5)にバトンを渡したいと思います。わっしょい頼んだ。
部員募集

このアーカイブについて

このページには、2017年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年4月です。

次のアーカイブは2017年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja