トピックス

アーカイブ

2018年度 副将 松村 雄大

OBOGをはじめ同志社ラクロス関係者の皆様、いつも温かいご支援・ご声援をありがとうございます。

 

主将の河合から紹介がありましたが改めて自己紹介させていただきます。

2018年度副将を務めさせていただきます。

松村 雄大と申します。よろしくお願い致します。

 

河合から今年度のチームでの活動も目的と目標について語っていただいたので、私からも私自身の思い、決意表明のようなものをさせていただきたいと思います。普段はあまり真面目な話もしないですが、現役生も私自身がどのような思いでラストイヤーを過ごすのかを知っていただけると思うのでお付き合いしていただけると幸いです。

 

私は学生生活最後の4年間、何かをやり抜き、社会に出た時に何か誇れるものを持ちたいと思っていました。ラクロス部に入ったきっかけは新歓の雰囲気や練習に参加してみて楽しく、関西制覇を目指し、達成できたときはすごく誇れるものになると思ったからです。

 

1回生の時に見た、リーグ戦の試合の先輩方の姿はとてもかっこよかったことを今でも覚えています。自分たちも3年後にはあの舞台に立って、かっこいい姿を後輩たちに見せたいと思っていました。

 

しかし、現実はリーグ戦の舞台にすら立てないという事実。関西制覇という入部当初から掲げてきた目標を失った絶望感。言葉では表せないほどの何かがこみ上げてきました。

 

私はリーグ戦に出場するのか、それとも辞退するのかを決断する場にいました。前主将の福田さんから「出場するかしないかは、河合たちのリーダーで決めていい」と言われたとき、そんな重要なことを決める立場に私がいていいのかという思いになりました。今後のラクロスの事を考えた結果、出した答えは「辞退」でした。その結果を部員に伝えにいく途中に、同期の顔が浮かんできました。このことを知ったらあいつらどんな顔するかな、もうあいつらとリーグ戦を戦えないんだなと思うと悲しくて涙が止まりませんでした。

 

正直、私自身大きな目標を失って残された期間に何をするべきなのかをとても悩みました。どうしたら後輩たちはついてきてくれるのか。

 

私が出した答えは「誰よりも結果を残す」ということです。これが私の今シーズンの決意です。もちろん簡単なことではないです。同期や後輩にもたくさんのライバルがいます。そんな彼らより結果を残すことで、私自身の成長につながると思います。また、私が新入生の時に見た4回生の姿を今度は私自身が見せることにつながると思います。

 

今年度の目標は「一部全勝」。簡単な目標ではないです。私自身この目標を達成するためにチームに全力で貢献する決意です。強い同志社を取り戻す、最初の年に最高の結果を残したいと思います。そして、同期とラクロスができる残りの期間を大切にしたいと思います。

 

1519799765474[14].jpg

これまで長々と私の稚拙な文章にお付き合いいただきありがとうございました。


 


次のブログは、もう一人の副将の辻に回します。


今年から幹部になった彼なりの思いを語ってくれると思います。


辻君、よろしく!


2018年度 主将 河合 励

OB・OGをはじめ同志社ラクロス関係者の皆様、いつも温かいご支援・ご声援をありがとうございます。

2018年度主将を務めさせていただきます。
河合 励と申します。よろしくお願い致します。

私からは今年度のチームでの活動目的や目標と、私の想いについての話をさせていただきたいと思います。現役生は度々話していることと話がかぶるところもありますが、ご考慮下さい。

昨年度、私たちラクロス部男子は一部部員のコンプライアンス違反により一時活動を自粛し、それに伴い昨年度リーグ戦の辞退と今年度リーグ戦に出場する資格を失い、リーグ戦参加は来年2019年度からということになりました。この場をお借りしまして、ご迷惑ご心配をおかけした皆さま、大変申し訳ありませんでした。

私は当時3回生で幹部をさせていただいており、このような結果となる経緯と決定に関与しておりました。そして、リーグ戦出場を辞退すると決まった瞬間は今では思い出すことも出来ないぐらい絶望的な気持ちになりました。

入部当時、関西2位の看板をみて、『ここで関西制覇を自分たちが成し遂げてやる。ここに大学生活を懸けて4年後なにかを得て成長した姿で卒業しよう。』と決心しました。

4回生のめちゃくちゃ上手いプレーに魅了されて、あんな風になりたいと願って、それでも結果を出せない姿をみて、なにがダメだったのか。その次の年、チームとしてやろうとしていたことは間違っていないように感じたのになぜ2部降格という結果になったのか。

自分がみてきた同志社ラクロス部のすべてから学んで自分たちの代に活かして、必ず関西制覇という結果を出したい。そう強く思っていました。そう考えていたのは、僕だけではなく回生の全員がイメージしていたものだったと思います。

しかし、現実はリーグ戦に出場さえ出来ないという事実。なにもかもを失った気がしました。これまで自分がイメージしてた光景、みんなに伝えてきたことはなんだったのか、これからなにを目指せばいいのか、なんのためにラクロスをするのか、全てがわからなくなりました。

それから徐々に今すべきことを考えていくうちに、失ったものは"関西制覇"という言葉だけかもしれないと思い始めました。それは大きなひとつではあるけれど、それまでの努力や考えたこと、仲間も失っていないし、そもそもその言葉に隠れて勝つ意味やこの部にいる本当の目的に焦点を当てれてこなかったことに気づきました。

このようにして私だけではなく、しばらくの間各回生のそれぞれが考え悩んだことと思います。私は自分の回生、二回生、一回生などは、いったい何人が辞めてチームが崩壊して、どうなってしまうのかという大きな不安がありました。

それでも、リーグ戦辞退を受けて部を去る決断をした者はひとりもいませんでした。

僕はこの結果に、心の底から驚いたし、心の底から救われたと感じました。みんなそれぞれにこの部活にいる意味があってラクロスをする意味があるということを再認識しました。同時に、僕は自分の回生のそんなところも知らずにリーダーをしていたんだと情けなくなりました。そしてチームにいる全員が本当に大好きになりました。

こんな志の同じメンバーと大学生活を過ごせること、そんなメンバーに主将という役割をさせてもらえることに本当に感謝しています。そしていまは、主将としてこの部をより良い方向に導いて、次に繋げていきたいと考えています。


今年度かかげる私たちの目標は『一部全勝』です。この目標をたてるには、全回生で何度もミーティングを重ねて決定までの過程を全員が共有することを大切にしました。

公式戦がない中でも、新4回生を中心に全力でひとつひとつの試合を勝つこととそれまでの姿勢をみせることで、後輩たちへと繋いでいくことが目的です。これを機に同志社の力が落ち、数年間低迷を続けてしまわぬように、強い同志社であり続け、最短で一部昇格と関西制覇を果たすことが同志社ラクロス部全体としての大きな目標です。

また、このような事態を招いたのは間違いなく組織の運営管理や部員ひとりひとりの意識に問題がありました。そのため、全回生で日々のコンプライアンスに関するものや、チーム理念、またラクロスを通してこの部でなにを学びどのような人間になりたいのか、を考えるミーティングを行うことでチームの意識統一に努めて参ります。

私は、このような苦しい経験をチームの全員が共有している状況をいまは前向きに捉えています。様々なスポーツ出身者が大学から始めるラクロスというスポーツで、大人の関与も少なく、人数は100名近くの組織で、学生だけではどうしてもモチベーションの差が出たり、統率のとれた運営をすることはかなり難しいことであると思います。

しかし、私たちは部員全員が困難を共にしたことで一致団結し、部員全員が同じ目標を持つことが出来るチャンスだと感じています。

これからの同志社ラクロス部には"勝つ意味"があり、『2年後の一部昇格と3年後の関西制覇』を現在いる部員を含め、気にかけてくださるOBOGの方々や応援してくださる方々全員で喜べる瞬間を夢みて、今年一年はその目標の一歩としてしっかりと歩んでいきたいと考えています。今後ともご支援ご声援のほど、よろしくお願い致します。


これまで長々と私の稚拙な文章にお付き合いいただきありがとうございました。

次のブログは、副将の松村に回します。
彼はヤンチャな一面もありますが、本当に根はしっかりした頼れる男です。よろしくお願いします。
部員募集

このアーカイブについて

このページには、2018年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年2月です。

次のアーカイブは2018年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja