トピックス

アーカイブ

これが私のlacrosse

 OBOGの方々、父母の方々をはじめ同志社ラクロス部関係者の皆様、いつも温かいご支援、ご声援賜り、ありがとうございます。

僕と同様にパチンカスなタケノリ(経・3)から任されました、漢気マシーンこと中川知樹(商・3)です。よろしくお願い致します。


回生リーダーとしてなにか真面目な話をしたほうがいいのではないかと思っていたのですが、自分は生真面目な感じではないし、キャラじゃないぞとつっこまれそうなので省略させていただきます。笑


冗談はさておき、私はスーパーカップで感じたことを話したいと思います。スーパーカップでは各地域の一部の大学などが集まって試合をしていました。初日、同志社の対戦相手は東北大学と中央大学でした。

東北戦では同志社としても自分自身としても、あまりいい結果が出せず負けてしまいました。

しかしそこで気持ちを切らさずに、次の中央大学に向けて気持ちを高めて試合に臨みました。中央戦では自分たちのしたいプレーができていて、試合をしていて本当に楽しいと感じ、自分のプレーに関してもいい反省が出せたかなと思いました。

最近の練習試合では一部の大学に対して勝ちきるということができなくて悔しかったし、活躍できない自分が嫌でたまりませんでした。その分、中央大学と戦って勝利することができたのはとても嬉しかったです。


スーパーカップ最終日は名古屋大学と試合をすることになりました。前半は同志社リードで試合が進み、2Qまでは完璧同志社が勝っていたと言っても過言ではなかったでしょう。しかし後半、僕が本当にくそしょうもないファールをしてしまい、マンダウン状態になり点を取られてしまいました。そこから名古屋大学に流れを持っていかれて、4Q終了間際に同点まで追いつかれてしまいました。サドンビクトリーまでもつれた結果、同志社は負けてしまいました。自分のプレーの情けなさとチームのみんなへの申し訳なさで、涙まで出そうになりました。本当に悔しかったし、本当に勝ちたいと思っていました。


この合宿を経たことにより、約二ヶ月後ほどに始まる仮想リーグが、今まで以上にとても近いものに感じられ、本当に時間がない、そう自分の中で強く思えることができました。

仮想リーグは負けたら終わりで、負けると同時に4回生の先輩たちは引退してしまいます。先輩たちを引退させないために、そして自分自身スーパーカップのような後悔が残らないように僕にできることをこれからしっかりと頑張っていきたいと思える合宿でした。


自分自身の思いをこの場だけでは、正直うまく伝えることができていないと思っています。ですが、これを機に自分がもっといい方向へと向けるように、これからの練習をがんばっていきたいと思います。


ここまで拙い文章ですが、お付き合いありがとうございました。

それでは僕の次は、今出川キャンパスでギャルを連れ回しているゴリマッチョのまーぼー(経・3)にバトンを託したいと思います。笑

まーぼーよろしく!

ラクロスあるある

| トラックバック(0)
 
OB・OGの方々、父母の方々をはじめ同志社ラクロス部関係者の皆様、いつも温かいご支援、ご声援賜り、ありがとうございます。ラクロス部1の三枚目キャラ三好くん(社・3)から紹介を預かりました
石橋丈典(経・3)です。よろしくお願いします。

同じ高校の野球部員であった三好くんからバトンタッチされブログの内容的に若干ハードルが下がったと思われるので、今回は僕が高校球児であった頃読んでいた「野球部あるある」と言う本になぞらえて現役ラクロス部員の考えるラクロスあるあるを書かせていただいます。(あくまで僕の主観でございますので御容赦ください。)

1、オフの日でも日々の習慣で朝早くに起きてしまう。
2、初対面の方と話す時にラクロスと言うスポーツを知っている人が少なく説明がめんどう。
3、知っていたとしても「初代プリキュアのやってたやつやんな」とか言われて歯がゆい。
4、女子ラクロスの応援に行くがルールがあんまり分からず、ファールの基準に戸惑う。
5、何かしら天気アプリはインストールしている(僕はYahoo天気)
6、上手い人のプレーを見るとすごくラクロスが簡単そうに思える。
7、現実はそんなに甘くない。↑
8、ロングのシャフトはだいたい曲がっている。
9、練習後、身に覚えのない所に痣をみつける。
10、京都駅くらいにラックスコングができて欲しい。etc...。

どうでしたでしょうか?
ラクロスがメジャーなスポーツになれば2番や3番のあるあるは無くなると思うのですが、そのへんは将来の広海(経・3)や大典(神3)に任せたいと思います。
まだまだある気がするのですが今回はこれくらいにさせていただきます。第2弾とか誰かが書いてくれるとうれしいですね。笑笑

さて、冗談はここまでにして今ラクロスが出来ると言うこの環境に感謝し、勝利へ向けて日々精進していきたいと思います。 

これまで私の稚拙な文書にお付き合いいただきありがとうございました。
 次は回生リーダーであり、パチンカスであり、漢気マシーンこと中川知樹に任せたいと思います。
紹介雑でごめん笑笑。知樹よろしく!

そうだ!ラクロスやろう! 三好樹

| トラックバック(0)
OB・OGの方々、父母の方々をはじめ同志社ラクロス部関係者の皆様、いつも温かいご支援、ご声援賜り、ありがとうございます。あいごんこと森田愛(社・3)から紹介を預かりました三好樹(社・3)です。よろしくお願いします。

加山広海(経・3)から森大典(神・3)、あいごんとつづいた流れでまさかの俺。現役ラクロス部の人たちならわかるでしょう。明らかなお前じゃないやろ感。でも一応バトンを任された以上、自分のできることやらさしていただきます。受験期から国語の点数だけ最後まで伸びなかった私の文章力ですが頑張って書かさせていただきます。温かい気持ちで見守ってやってください。笑

みんな自粛の話だったのでテーマを変え、同志社大学体育会男子ラクロス部に入ったときのことを書きたいと思います。まず一個目は同志社大学の環境のよさ。あさ田辺坂をあがりデイビス記念館を越えると馬がうえからあるいてきます。さらにサッカー場、アメフト場、ラグビー場と様々なグランドがあるのですが全て人工芝。ここで何が言いたいかというと同志社カネモすぎということです。小学校、中学校、高校と全て公立の学校出身の私からすればグランドが全て人工芝なことは本当にどえらいことでした。ずっと野球をしてきたので練習がおわっても体に砂がついてないことがとても新鮮でした。うれしすぎてちょけてスライディングをしまくっていた時期もありました笑。極めつけはシャワー棟が完備されていることです。練習がおわりシーブリーズで無理やり爽快感を得ていた高校とは違いシャワーをたっぷり浴び、心も体もスッキリして家に帰れるという最高の環境が整っています。

二つ目は先輩との距離の近さについてです。練習においては先輩がエラーしたとき下級生が、「しっかりせぇ!」などとタメ語で干渉しているのを見たとき驚愕しました。小学校から大学に入るまで野球部に所属していたので先輩を誹謗中傷するような発言は死んでもできなかったからです。そんなんしたらあとでトイレに呼び出されボコボコにされていたと思います。なのでまだ、現在もなごりからか先輩に干渉することは苦手です。しかしサッカー部出身のひとたちはバンバン言っているのですごいなといつも思います。
それゆえにか、野球部の頃はプライベートでは先輩には挨拶程度しかできなかったのですが、ラクロス部ではご飯を普通に一緒にたべれるようになりました!!!毎朝田辺坂を一緒に上がっている太田先輩(法・4)はもはや友達の勢いで接しやすく、外部練のときは一緒に車を乗るほど親密な関係になりました!さらに、現在、大人気バトルロワイアルアプリである荒野行動をBチームのコーチを務められている守屋先輩(政・4)やあのATリーダーである丸茂さん(スポ健・4)と、LINEで「やりましょう」の一言で一緒にプレーできる仲までになりました!!それの荒野行動がまた楽しいです!!!

最後に最近ラクロス部に思っていることがあります。試合の日の集合時間についてです。Bチームの人たちは集合してから1時間30分くらい待機するときがしばしばあります。私は暇や!と思うのではなく、社会人の予備段階の大学生なので時間に余裕をもって行動するという習慣をつけることができるのでラクロス部に入り、人間的に成長しているなあとひしひしと感じています。

これらのことなどより、グランド環境や先輩との関係が最高のなかでプレーできていることに感謝をし、日々精進していく所存であります。今年はリーグ戦にこそ出れない状況ですが一部全勝という高い目標を掲げているので必死のパッチでやりたいとおもいます!!今後とも同志社ラクロス部のご支援をよろしくお願い致します。

御愛読ありがとうございました。次のブログの担当ですが高校の同級生であり、顔がポケモンのゴローニャに似ているムードメーカー石橋君にバトンを渡したいと思います。イシバシ、がんばれよ!笑

私のPOL  森田愛

| トラックバック(0)
OB・OGの方々、父母の方々をはじめ同志社ラクロス部関係者の皆様、いつも温かいご支援、ご声援賜り、ありがとうございます。
無類の神学部ラクロッサー森大典(神・3)から紹介を預かりました森田愛(社・3)です。私は一回生の頃、始発で同志社前駅に5時57分着というとんでもなく早い時間に降り立っていました。何故か下宿生の大典はその時間に駅前のコンビニにいて、毎朝30分かけて田辺坂を一緒に登っておりました。恋バナもしました。実は仲良しです。

幹部陣から始まり熱々なブログが続く中、まさかこんなにも早くスタッフの私にバトンが回ってくるとは思ってもいませんでしたが、なんといっても私は熱々が大好きなため、この機会に便乗させていただきます。文章力と語彙力に乏しいもので、稚拙な文章になってしまいますが最後までお付き合いください。


リーグ戦辞退が決まってから自分自身辞めるという選択肢はなかったものの、何のためにラクロス部にい続けるのか大変悩みました。

ラクロス部に入るまではずっとクラシックバレエを習っており、自分の考えを口に出して表現する場がありませんでした。こうしたチームスポーツ、しかも学生主体のチームに身を置き、一部員として意見を求められるようになってから自分はこんな考えを持つ人間だったんだ、と自分自身、新しい自分に出会うことができました。自分の考えを表現することで他者からの干渉があり、様々な人の考えに触れることで視野が広がることが楽しくなりました。こうしてラクロス部に入部することで出会った新しい自分に誇りを持ちたい、そう思うようになりました。

昨年の夏にさかのぼります。リーグ戦に出れないかもしれないといった状況でも私たちマネージャーは他大学のスカウティングを続けていました。スカウティングとは戦術が相手チームにバレてしまい不利に陥るため、スカウティングされる側は何としてでも避けたいものです。そんな中、ある大学のスカウティングをした後、そのチームのスタッフさんに「よく撮れた?」と言われました。衝撃でした。それと同時にめちゃくちゃかっこいいと思いました。そのチームは訳あって私たちと同じ状況に陥り、昨年は二部でしたがその強さは誰もが認めるもので、チームとして完成していました。その言葉が今でも脳裏に焼きついています。こんな言葉は自チームを信頼し、誇りに持たずして言えるはずがありません。
リーグ戦に出れないことは本当に悔しい。でも主将のれいさんも仰っていましたが、こんな悔しさをみんなで味わう機会はないし、こんな悔しさをみんなで乗り越えた先には誰もが誇りに持てる強いチームがあると思っています。

このような考えから、私がラクロス部にい続ける理由は「自分とチームに誇りを持ちたい。持つ。」というものです。そのためにも私はマネージャーとして、一部員として今後もチームにしっかり向き合い、干渉していこうと思っています。


話は変わりますが、先日行われました同立戦は私が上回生になって初めての集客試合でした。同立戦が行われるまでの数日間、新歓時期に行われるということもあり、初めてラクロスを見る新入生はどんな表情を見せるのかなあと本当にワクワクしていました。部員たちは親や友人、恋人を誘い、当日はたくさんのOB・OGの方々にも足を運んでいただいて、とても貴重な機会となりました。
今まで自分たちだけで頑張っていたのが、見に来てくれる方々を魅了する、巻き込むという目的が増えることで何十倍も楽しむことができました。応援されるチームは常にこうした原動力があり、だから強いのかなと思いました。「応援」の影響力の大きさを実感しました。

同志社ラクロス部はリーグ戦辞退が決まってからも目標に向かって日々精進しております。OB・OGの方々始め父母の方々、同志社ラクロス部関係者の皆様には是非試合に足を運んでいただきたいです。今年は負けていい試合なんて一つもないし、ラクロスができる有り難さを噛み締めて必死に頑張る姿を見ていただきたいです。応援していただくことがチームの原動力につながり、強いチーム作りにつながると私は思っています。今後とも同志社ラクロス部のご支援をよろしくお願い致します。


私も最後にこの場をお借りして、両親へ。
今熱出して寝込みながらこのブログを書いています。部活して学校行ってバイトしてのフル稼働な生活で気付けばこんな時にしかゆっくり家にもいないし親孝行なんてあったもんじゃありません。ごめんなさい。こんな娘でも好きなことを好きなだけさせてくれて、応援してくれて、熱だした今も看病してくれて、いつも本当にありがとう。いつかしっかり恩返しさせてください。


ここまで長々と私の稚拙な文章にお付き合いいただきありがとうございました。
この熱々な流れだからこそ次は彼にバトンを回したいと思います。みよぴーよろしく!!笑

部員募集

このアーカイブについて

このページには、2018年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年4月です。

次のアーカイブは2018年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja