トピックス

U22に俺は

| トラックバック(0)

ブログ

OB・OGの方々、父母の方々をはじめ同志社ラクロス部関係者の皆様、いつも温かいご支援、ご声援を賜りありがとうございます。

 激アツな高校サッカー生活を共に過ごし、得点力で助けてくれた頼もしい後輩だった現在同期の守沖(商3)君から紹介預かりました近藤です。高校時代学校生活では問題児でありましたが、部活にだけは真剣だったので安心してください。ギャップ萌えです。

 自分はモチベーションの話を書こうと思います。これは私の高校時代の部活で最も悩み、苦しんだことでもあります。私の高校のサッカー部では春引退と夏引退というものがありました。大学受験もあるため、部員それぞれが春の大会で引退するか夏の大会で引退するか決めることができるもので、勿論家庭の事情で良い大学にいかなければならない、浪人できないなどの理由の人はいましたが、多くが部活へのモチベーションが低い人達が春引退でやめていきました。私は練習中の声を出そうとか呼びかけたり、試合あとに反省せず帰ろうとする部員を止めたり、部活をこなしているだけの人達をどのようにして練習に集中させるか、モチベーションを上げさすかを考えて行動していましたが、21人程いた部員が残ったのは6人マネージャー2人。後から増えてプレイヤー8人になり、春の引退式には2年半共にやってきた自分たちはこんなもんだったのかみんなとやり切りたかったという悔しさと寂しさから人生で1番泣きました。夏の大会は目標を達成でき、とても良い経験になり浪人したこともこの経験ができたから何一つ後悔はありませんでした。私は春引退する部員たちを変えることはできなかったという挫折と、少なくなったけれど、全員が同じ目標に向かって努力し、その目標を成し遂げたことで一つのことをやりきる、努力する素晴らしさや達成感を学びました。この経験から「熱く」なりたいという理由で入部し、入部の際の面談で大学では周りを変えれる人になりたいと言ったのを覚えています。そして入部後すぐに自分が入部した年の昨年度(2015年度)に主将をされていた岡田昂志さんに出会いました。その昂志さんから言動だけでなく行動で示すことで周りを巻き込んでいく、変えることを教わりました。そこから一回生の頃は必死で練習し、自分がまず上手くなることで自主練の重要性を理解してもらい、少しでも周りに影響を与えれるように頑張りました。また行動による結果がなければ言動にも説得力がないからです。今も結果を出すことは意識していますが正直今自分が周りを変えること、影響を与えることができているか不安です。今はAとBは練習も分かれているので目が届きにくく、接することも少なくなりみんながどんなモチベーションでラクロスに向き合っているか分かりにくいのもありますが、自主練のメンバーはいつも通りのメンツのような気がします。地元の壁で練習しているかもしれないし、自分がきていない時に自主練しているかもしれないので正確には分かりませんし怪我で苦しんでいた人もいます。みんなそれぞれ考えがあり行動していると思いますがまだまだ部活動に対するモチベーションに差がある気がします。自分が練習してどれだけ試合で活躍してもみんなで練習していた一回生の頃ならあいつやってるしやろうとか、負けたくないという思いから周りに影響を与えれたかも知れませんが、別々で練習している今はそのような思いをしなくなるからあまり自分は周りを変えれている実感がないのかも知れません。今年は仮想リーグで一部の大学と試合してゆき、負けたら引退といういつ先輩たちが引退してしまうかわからない特殊な年だと思います。自分は先輩たちを引退させないためにも全力を尽くすつもりですが自分たち三回生はいつ最上回生になってもおかしくない、その自覚と責任を持って過ごさなければなりません。練習が別々だからといって後回しにすれば来年自分たちの代で目標を達することは難しくなるでしょう。今から自分たちが来年を見据えて行動し始めなければ自分たちが立てるであろう''一部全勝''のような大きな目標を達成できないのです。自分は絶対にその目標を「全員で」達成したい。実際試合に出る人と出れない人はでてくるだろう。しかし全員で勝ちに行く、目標に向かうことはできる。試合に出れない、結果が出ないなどの理由で腐ってしまうことは本当にもったいない。目標に向かって必死に努力した日々はたとえ結果がどうであれ充実した自分のためになる日々になると思う。結果が実らなくても、努力した日々は絶対に無駄にならない。自分たちには部活に所属していることで頑張れることが常にある。そして俺たちプレイヤーにはやらなければならない義務がある。スタッフや、自分たちのためにコーチになってくれた人達はいくら勝ちたいと強く思っても実際にプレイするのは、できるのは自分たちプレイヤーだ。勝つためにサポートしてくれている仲間のためにも頑張ろう。ここまで長々と書きましたが、何故ここまでいうのかというと「全員」で後悔なくやりきりたいからです。堂々と大学生活を捧げたラクロス部を誇れるよう頑張りましょう。自分は周りに対して発信も勿論していきますが、自分のラクロスへの姿勢や、プレーなどをみて周りのみんなが何か感じ取り、良い方向に進んでくれたら幸いです。

 拙い文章ではありましたが、ここまで長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。

次はラクロス部に所属するもう一人の池田高校サッカー部の問題児であり、泣き笑いを共にした堂元大生(生命3)にバトンを渡したいと思います!こいつとは一生つるむことでしょう!よろしく!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shimeta.net/mt/mt-tb.cgi/916

部員募集

このブログ記事について

このページは、同志社ラクロスが2018年7月23日 12:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【2001年 第12回全日本選手権準決勝 VS神戸大学 ゲームレポート】」です。

次のブログ記事は「今年の目標」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja