トピックス

アーカイブ

強い同志社を見せる

OBOGの方々、父母の方々をはじめ 同志社ラクロス部関係者の皆様、いつも暖かいご支援、ご声援を賜り ありがとうございます。一回生のことをこよなく愛する三回生MG屋宜優花からバトンを受け取りました原野慎之介です。彼女とはラクロスのことについて多く語り合ってる仲で、無理なお願いも聞いてもらっています。なんやかんやその都度感謝しています。ありがとう!


ここから本題に移らせていただきます。8月の上旬にAチームが神戸大学に惜敗し、一つの形として合宿をもって4回生(学生コーチを除きます)が引退しました。その合宿中、3回生とBチームのコーチ陣を交えてミーティングと今後の同志社について書かせていただきます。ミーティングの議題としては「これからの練習をどのように進めて行くか」というものでした。ABを改めて分け練習するのか、今までのAB分けのまま練習をするのか、色々な意見が出ました。しかし、2日に渡りAB関わらず各々の意見を出す中で、このミーティングの核心が見えてきました。それは「強い同志社を見せる」という2018年のチーム目標の一つが宙吊りになっているということです。Aチームが負けてしまった今、Bチームがその目標を担うのか、それとも来年の強い同志社を作り上げるために早めから準備するのかの二択でした。どちらも並行して行うという意見も出ました。しかし、それではどこかでまた綻びが生じ、もう一度この問題にぶつかると皆、心のどこかで分かっていました。

僕自身、仮想リーグ前のAB分けでAチームに入ることができず、この夏までBチームGとしてやってきました。しかし、それは今までの努力が足りず、ライバルに負けてAチームに入れなかった自身の責任。そのBチームがリーグ戦を戦いたいから、という理由だけで果たして来年の強い同志社を作り上げる時間を削っていいのか。それだけの覚悟があってBリーグに向かっているのか。チームメイトのその言葉が胸に刺さりました。そして同時に返す言葉が見つかりませんでした。Aチームが仮想リーグ戦に向けてやっていた熱量と同じ熱量でBリーグに向かっていたのかと言われると、自信を持って「はい」とはあのミーティングのその瞬間は言えなかったです。他大のビデオを通しで二、三回見てスカウティングした気になり、アフターでショットを受けただけで練習した気になり、すべてが甘かったと感じました。おそらくそう感じたのは僕だけではないと思います。

最終的にはBチームが上手くなることも来年の強い同志社にもつながるという結論のもと、Bリーグ優勝で強い同志社を見せていこうと方針になりました。


ブログという場で大変申し訳ないのですが、ここからは今Bリーグを共に戦っている二、三回生に向けて書きます。(二回生はこのミーティングに参加してないので)

あるチームメイトも言っていましたが、自分たちにはもうBリーグしかありません。そして自分たちは、来年の準備時間を削ってまで期待されて今回のチャンスをチームからもらいました。このチャンスを「あー今年もダメだったか」で終わらせた今まで通りです。自粛期間から這い上がり、強い同志社を見せれるのは自分たちがBリーグ優勝することです。今までは幸い全勝でむかえています。しかし、勝負はここからです。強豪との連戦に打ち勝って関東に乗り込みましょう。


長々と稚拙な文章にお付き合いいただきありがとうございました。Bリーグは15日、17日、23日試合予定ですので、SNS等の試合情報をもとに応援していただけると幸いです。僕のブログはここまでにして、次はグランドを縦横無尽に駆け回るピカイチTRこと、はるかに回したいと思います。はるかよろしく!

同志社ラクロスと1回生

OB・OGの方々、父母の方々をはじめ 同志社ラクロス部関係者の皆様、いつも暖かいご支援、ご声援を賜り ありがとうございます。1回生のことを1番気にかけてくれている 新チーム DFリーダーの山口 一真からバトンを受け取りました、屋宜 優花です。OB渉外担当として、特にOBの皆様とは 1番近くで関わらせて頂く機会が多く、同志社ラクロスは自分の想像を超えるほどのたくさんのOBの方々から愛されているということに気づかされました。私は その大きな力を現役チームにもっと還元して、現役チームからもOBの皆様へもっと感謝を体現し、これからもっと大きく、現役を引退しても ずっと同志社ラクロスを愛し、OBとして、いつの時代の現役チームも全力で応援できるような 組織を作っていきたいと考えております。その小さな基盤づくりのためにも、新チームでは、OBの皆様にはこれまで以上に 気軽に応援に来て頂けたら、、、と考えております。至らないところが多いかと思いますが、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

さて、導入が長くなりましたが、私は愛してやまない 1回生のことについて、書かせて頂きます。私は今年、1回生の育成担当として、4月から1回生に帯同しております。正直、リーグ戦辞退が決まり、活動自粛期間を経てからは、 自分自身のそれまであった 指針が見えなくなってしまい、大変 苦しみました。そこで現れてくれたのが今の1回生です。
1回生が入部する前から、様々なことを考えていた 現1回生コーチの 1回生に対する熱い想いに刺激を受け、プレイヤーをやめて 他の同期が引退していく中で残りのラクロス人生を 1回生に捧げようと決意した 1回生コーチをウインターという舞台で絶対に胴上げしてこの部から 送り出そうと心に決めました。そのためにも MGという視点から、プレイ面はコーチにお任せして、プレイ面以外の組織づくりや実は1番難しい 当たり前のことを当たり前にできる精神を育て、胸を張って同志社ラクロスという組織に送り込めるよう、自分にしかできない育成を行ってきました。現一回生は何事にも純粋に受け止めてくれる子たちで、私が言うことが全てというようになってしまわないか 少し心配していましたが、最近では 個々がしっかり確立され、類を見ない程に最強な組織となりつつあり、毎日毎日 1回生のことで 夢中になっていたら もうサマーを迎えます。大変な状況にあった このラクロス部を選んでくれて、入部当初は右も左も分からなかったような1回生が、これまでにそれぞれ大きな壁に直面し、しんどいことや辛いことを乗り越えて、日々一生懸命な姿を見ると 私自身も負けていられないと日々の育成に力が入ります。
私個人のMGとしてのポリシーは『誰よりもキャパのあるMGになること』なので、1回生に負けないように 毎日頑張っていきたいと思っております。
そして、1回生スタッフとはオンオフの切り替えを大事にしています。オフの時には同期のように接し、とても仲が良いです。(と思っています。笑 ) その代わりにオンの時には 同志社ラクロスという組織に入った時に絶対に恥をかかないよう、スパルタ教育と言われるほど 厳しく指導しています。今から組織に入って、一緒に仕事をすることを楽しみにしています(笑)

想いを綴っていると止まらないので、私のブログはこの辺で終わらせて頂きます。何が言いたいのか自分でも分からなくなり、拙い文章となりましたが、お付き合いありがとうございました。次は、おちゃらけて見えるけれど、実はチームで1番人格者だと信頼している、Gのしんのすけにバトンを回したいと思います!しんのすけよろしく!!

ルーティンワーク

 OBOGの方々、父母の方々をはじめ同志社ラクロス部関係者の皆様、いつも温かいご支援、ご声援を賜りありがとうございます。

同じDF仲間の堂元大生君からバトンを受け取りました、新年度DFリーダーを務めさせていただきます山口一真です。

パスカットを意識しすぎてショットまでもカット出来るようになりました。メッシュの寿命が心配です。

 大生とはラクロストークだけでなくオフの日に車を出して海に行って釣りをしたり、銛突きをしたりなど練習外でもお世話になっております。釣った50㌢程のツバスを2人で捌いて料理したのは良い思い出です。

 さて、仮想リーグに初戦で敗退してしまい大きく成長したはずの同志社を勝利という形で、いつも応援して下さる皆様や他大学のチームに見せつけることが出来なかったことに、申し訳なさと悔しさが募る一方です。

 初戦敗退と同時に4回生は引退、かなり早いですが新チームは始動しています。来年に向けて、さらに一部リーグで優勝し長期的に強いチームをつくるために、技術面・組織面でも日々成長し続けなければなりません。「敗北を糧に」「悔しさをバネに」とよく言われますが、同志社ラクロス部のどれ程の人間が敗北を糧に大きくなり、悔しさをバネに高みへと進んでいるでしょうか。

 私達は新チームが始動しましたが、他大学はリーグ戦真っ只中。私達は未来に向けてどれ程に濃い夏を過ごせるのでしょうか。その結果は良くも悪くも来年以降必ず結果として表れるでしょう。

 仮想リーグ初戦敗退を通して私が感じたことは、闘う以上必ず勝たなければならない、ということ。

実際のリーグ戦は負けても試合は続き、星取り表で次に進める可能性がありますが、仮想リーグ提案と同時に出たのは、「負ければ引退」という重く常に心にへばり付くような提案。

Aチームにいた私は日々このパワーワードに取り憑かれながら過ごしていました。サブポジションリーダーという役職、クロスを振れば振るほど痛む手首、練習内でのパスミス1つへの自責の念、仮想リーグ戦直前での人生初めての軽い肉離れ。全てが焦りに繋がり、不安で押し潰されそうになりました。

しかしAチームにいる以上、個人の力を精一杯チームに捧げなければなりません。勝利に捧げなければならないのです。

チームスポーツと言えど、結局は個人力が必ずベースとなるはずです。個人個人の練習を通した成長が必ずチームへの勝利に繋がるのでしょう。「練習でやってきたことをやれば勝てる」と、これもよく言われるフレーズですが、最も難しいのが練習でやってきたことを試合で発揮する事だと思っています。

 練習試合を客観的に観てみても、練習でやっていたことを発揮できている試合は、良い流れで勝ち切れています。しかし、噛み合わない動きやパスミスの多さ等、明らかに流れの悪い試合はあります。グラウンド状況や、個人のコンディションの悪さが原因であったりするものの、これは練習でやってきたことが発揮出来ていないからではないかと私は感じていました。

練習でやってきたことをブレを作らずに試合で発揮するためにはどうすれば良いのだろうかと考えた結果、練習と試合で同じ動きをしていれば同じパフォーマンスが発揮できるのではないかという結論に至りました。

つまり、ルーティンワークを行えば良いのではないかということです。ルーティンワークとは(手順・手続きが決まりきった作業。日課。創意工夫の必要ない業務。引用:実用日本語表現辞典)という意味でありますが、イチローや本田圭佑などのスポーツ選手も取り入れている毎日行う動作、習慣付けられた動作であり、毎日の練習で習慣付けられた動作を試合前にも行うことで、パフォーマンスのブレが少なくなるのではないかという考えの下取り入れることにしました。そんなもの関係ないという人は参考にしてもらわなくて結構ですが、私自身実際に一回生の頃からルーティンワークを取り入れていますが、ルーティンワークを行うというだけで自信がついたり安心感があったり、特に今回のリーグ戦や選抜の選考員のいる試合等の本番に強くなるという面ではオススメしたいと思います。

ルーティンワークの内容は、「靴紐は必ず右から結ぶ」「朝決まった音楽を聴く」「クロスを〇〇回振る」等何でも良いと思うので、取り入れてみてはどうでしょうか。

私のブログは以上ですが、チームへの熱い思いや、私なりの考えが上手く伝わっていれば幸いです。ここまで拙い文章ですが、お付き合いありがとうございました。

次は一回生育成担当の内の1人であるMG優花に回したいと思います。良い意味でも悪い意味でも出しゃばる彼女ですが、一回生を我が子のように愛し熱い想いを秘めています。OBOGの方々との架け橋いつもありがとう!優花熱いブログよろしく!!

今年の目標


OBOGの方々、父母の方々をはじめ同志社ラクロス部関係者の皆様、いつも温かいご支援、ご声援を賜りありがとうございます。


更新が遅くなり本当にすみません。

部活一熱い男近藤君から紹介に預かりました堂元です。

彼がこないだSDFとしてDFの反省に入っていた時、のんさんから普通に怒り口調で「さっきも言ったやん。」と怒られているにもかかわらず、全く動じず「せやなせやな。」的な反応をしていて、僕はビビリまくってるのに、やっぱし普通にすごいなと感じました。笑そうゆうところがラクロスのプレーにも現れているんやなと思いました。褒めてるんやで!笑


僕は別に大学に入ってラクロスをしようとは全く考えていませんでした。元々、高校の時のサッカーのつながりでこんちゃんに誘われたのがきっかけでした。「絶対おもろいからやろや」とゆわれ、体験会に行くも遅刻して何もできず、その後けんすけさんに熱く語られたのに圧倒されて自分も何かやったほうがいい気がして入ることにきめました。しかし結局クロスを一度も触ることなく入部式を迎えました。


初めての練習は久御山でした。ポートラクロスが始まるもルールもイマイチ理解してないまま入り、パスミスを繰り返すと、ダイスケに「お前下手くそやねん」的なことをゆわれ、まじでなんやこいつと思ったことを今でも覚えています。今ではいい思い出です笑。この時は正直そんなに本気でラクロスに取り組むつもりはありませんでした。


とはゆうものの、理系で田辺校地だったのでグランドに上がって自主練をした時がありました。その時に、こうじさんと辻さんがショット練をしておられ、それが終わりはったあと細かいことまでは覚えてないのですが、こうじさんに「本気で一週間頑張ったら世界変わるで」的なありがたい話をしてもらい本気でラクロスに取り組もうと思いました。詳しく覚えてなくて、すみません笑

その夜、自分だけ話を聞いてなんか抜け駆けするのが悪い気がしたので、「ちょっと本気でやろや」とこんちゃんに電話した気がします。思えばここからラクロス漬けの生活がスタートしました。夏休みは朝から晩までグランドにいてずっとクロスを振っていた気がします。


そんなこんなでスタートしたものの、3年間を振り返ってみると挫折がとても多かったです。サマーの敗戦、ユースに落選、あかつきカップ、など振り返ると涙あり、心が折れる時期がありました。その度に一ヶ月ほどラクロスに熱が入りませんでした。今思うと本当にもったいないことをしたと感じます。四年間の短い期間でそれだけの時間を無駄にしたことを後悔しています。これからは挫折することがあってもそこから早く立ち直れるようにします。後輩には、挫折があってもめげずに頑張ってほしいです。


次に僕の今後の目標について書きたいと思います。大目標は仮想リーグで全勝すること、これは今年成し遂げられなかったからこそ自分たちの代では必ず成し遂げます。小目標は点を取れるDFになることです。日頃の練習からOFの方にも積極的に入って仕掛けられるロングになります。


「初心を忘れない。」

振り返ってみると昔の方が真剣に取り組めていました。一回生の時は昨日できなかったことが今日急にできるようになったり、一ヶ月間の努力で一度負けた相手に勝てたりととても刺激的でした。なので、ここからの一年、刺激的なことを探しながら日々努力し初心に帰ってサマーやウィンターの時のように本気でラクロスに取り組みます。


最後にこの場をお借りして両親に感謝の言葉を言わせてください。いつもありがとう。


ここまで拙い文章ですが、お付き合いありがとうございました。


次は我らが新米DFリーダーで、最近ショットカットにはまっているかずまにバトンを渡したいと思います。

グッピーよろしく!!!



部員募集

このアーカイブについて

このページには、2018年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年7月です。

次のアーカイブは2018年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja