トピックス

ルーティンワーク

 OBOGの方々、父母の方々をはじめ同志社ラクロス部関係者の皆様、いつも温かいご支援、ご声援を賜りありがとうございます。

同じDF仲間の堂元大生君からバトンを受け取りました、新年度DFリーダーを務めさせていただきます山口一真です。

パスカットを意識しすぎてショットまでもカット出来るようになりました。メッシュの寿命が心配です。

 大生とはラクロストークだけでなくオフの日に車を出して海に行って釣りをしたり、銛突きをしたりなど練習外でもお世話になっております。釣った50㌢程のツバスを2人で捌いて料理したのは良い思い出です。

 さて、仮想リーグに初戦で敗退してしまい大きく成長したはずの同志社を勝利という形で、いつも応援して下さる皆様や他大学のチームに見せつけることが出来なかったことに、申し訳なさと悔しさが募る一方です。

 初戦敗退と同時に4回生は引退、かなり早いですが新チームは始動しています。来年に向けて、さらに一部リーグで優勝し長期的に強いチームをつくるために、技術面・組織面でも日々成長し続けなければなりません。「敗北を糧に」「悔しさをバネに」とよく言われますが、同志社ラクロス部のどれ程の人間が敗北を糧に大きくなり、悔しさをバネに高みへと進んでいるでしょうか。

 私達は新チームが始動しましたが、他大学はリーグ戦真っ只中。私達は未来に向けてどれ程に濃い夏を過ごせるのでしょうか。その結果は良くも悪くも来年以降必ず結果として表れるでしょう。

 仮想リーグ初戦敗退を通して私が感じたことは、闘う以上必ず勝たなければならない、ということ。

実際のリーグ戦は負けても試合は続き、星取り表で次に進める可能性がありますが、仮想リーグ提案と同時に出たのは、「負ければ引退」という重く常に心にへばり付くような提案。

Aチームにいた私は日々このパワーワードに取り憑かれながら過ごしていました。サブポジションリーダーという役職、クロスを振れば振るほど痛む手首、練習内でのパスミス1つへの自責の念、仮想リーグ戦直前での人生初めての軽い肉離れ。全てが焦りに繋がり、不安で押し潰されそうになりました。

しかしAチームにいる以上、個人の力を精一杯チームに捧げなければなりません。勝利に捧げなければならないのです。

チームスポーツと言えど、結局は個人力が必ずベースとなるはずです。個人個人の練習を通した成長が必ずチームへの勝利に繋がるのでしょう。「練習でやってきたことをやれば勝てる」と、これもよく言われるフレーズですが、最も難しいのが練習でやってきたことを試合で発揮する事だと思っています。

 練習試合を客観的に観てみても、練習でやっていたことを発揮できている試合は、良い流れで勝ち切れています。しかし、噛み合わない動きやパスミスの多さ等、明らかに流れの悪い試合はあります。グラウンド状況や、個人のコンディションの悪さが原因であったりするものの、これは練習でやってきたことが発揮出来ていないからではないかと私は感じていました。

練習でやってきたことをブレを作らずに試合で発揮するためにはどうすれば良いのだろうかと考えた結果、練習と試合で同じ動きをしていれば同じパフォーマンスが発揮できるのではないかという結論に至りました。

つまり、ルーティンワークを行えば良いのではないかということです。ルーティンワークとは(手順・手続きが決まりきった作業。日課。創意工夫の必要ない業務。引用:実用日本語表現辞典)という意味でありますが、イチローや本田圭佑などのスポーツ選手も取り入れている毎日行う動作、習慣付けられた動作であり、毎日の練習で習慣付けられた動作を試合前にも行うことで、パフォーマンスのブレが少なくなるのではないかという考えの下取り入れることにしました。そんなもの関係ないという人は参考にしてもらわなくて結構ですが、私自身実際に一回生の頃からルーティンワークを取り入れていますが、ルーティンワークを行うというだけで自信がついたり安心感があったり、特に今回のリーグ戦や選抜の選考員のいる試合等の本番に強くなるという面ではオススメしたいと思います。

ルーティンワークの内容は、「靴紐は必ず右から結ぶ」「朝決まった音楽を聴く」「クロスを〇〇回振る」等何でも良いと思うので、取り入れてみてはどうでしょうか。

私のブログは以上ですが、チームへの熱い思いや、私なりの考えが上手く伝わっていれば幸いです。ここまで拙い文章ですが、お付き合いありがとうございました。

次は一回生育成担当の内の1人であるMG優花に回したいと思います。良い意味でも悪い意味でも出しゃばる彼女ですが、一回生を我が子のように愛し熱い想いを秘めています。OBOGの方々との架け橋いつもありがとう!優花熱いブログよろしく!!

部員募集

このブログ記事について

このページは、同志社ラクロスが2018年8月28日 15:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今年の目標」です。

次のブログ記事は「同志社ラクロスと1回生」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja