トピックス

「この部活にいる意味」

| トラックバック(0)


OBOGの方々、父母の方々をはじめ同志社ラクロス部関係者の皆様、いつも温かいご支援、ご声援を賜りありがとうございます。誰からも愛され、周囲からの信頼も厚いGのしんちゃんからバトンを受け取りました。新年度トレーナーリーダーを務めさせていただきます平北遥です。しんちゃんにはいつも頼りっぱなしで、私の話を何でも聞いてくれる欠かせない存在です。さて、私からは「この部活にいる意味」について少しお話させていただきたいと思います。


3年前に高校を卒業し、両親や友達、私自身でさえ大学でも選手としてスポーツに携わると思っていました。勝つことの喜び、負けた時の悔しさを胸に、毎日がむしゃらに練習に取り組んでいた中・高校生活は私の青春そのものでした。

ですが、今までそんな選手生活を送ってこられたのは多くの周りの方々のかけがえのない支えがあったからだと引退してから思い、その分の恩返しを最後の学生生活で何かできないかと考えている中、ラクロス部の新歓を受けました。先輩方のラクロスに対する熱い思いを聞き、選手と同じ「1」からのスタートができるラクロス部で、間接的ではありますが、トレーナーという立場で今までの恩返しをこのラクロス部という場所でさせていただきたいと思い、入部を決めたのをついこの間のように感じます。


練習試合は負け知らず、サマーの予選敗退、ウィンターの優勝、あかつきカップの優勝、1回生の時は目まぐるしく様々な瞬間を味わってきました。そんな中、「この部活にスタッフっているのか...」そんな風にスタッフという立場の意味について考えたことがあります。直接勝利に貢献している感覚を得にくいスタッフという立場は、想像していた以上に難しいものがありました。どこかいつも選手を遠い存在のように感じ、「選手のために」、「選手の想いに応えたい」、けれども本当に勝利に貢献できているのかと思ってしまうのです。

どうしても選手と同じ喜びや楽しさ、悔しさや辛さを味わえない歯がゆさを感じながら部活をしていました。

「なんでスタッフをやっているのか...

今も自分の中で答えははっきり出ていませんが、スポーツを「する」側から「支える」側に立ち、改めてスポーツの楽しさや面白さを感じ、新しい発見をたくさんさせてもらいながら自分に何ができるかを模索する毎日です。この答えは引退する時にわかる気がします。


最後にこの場をお借りして部活に対して一番の理解者である両親に感謝の気持ちを伝えさせていただきたいです。いつもありがとう!全然帰れていなくてごめんね。親孝行できていなくてごめんね。いつか必ずさせてください。

そして、同期のトレーナー3人にも。本当に最高のパートナー達に出会えて良かった。ありがとう!これからもよろしく!


ここまで拙い文章ですが、お付き合いいただきありがとうございました。

次は回生で1番優しくて真面目で誠実で...意外とまとめ役のゆうきにバトンを渡したいと思います。よろしくゆうき!!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shimeta.net/mt/mt-tb.cgi/931

部員募集

このブログ記事について

このページは、同志社ラクロスが2018年9月 9日 19:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「強い同志社を見せる」です。

次のブログ記事は「大切にしていること」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja