トピックス

育担としての想い

| トラックバック(0)

  OB・OGの方々、父母の方々をはじめ同志社ラクロス部関係者の皆様、いつもあたたかいご支援、ご声援をありがとうございます。

  もっちょ(法3)からバトンを受け取りました、今年は1回生の育成担当もさせていただいています3回生TRの谷口友香です。もっちょにティッシュを渡すと「女子力あるやん!」と言ってくれるのが嬉しくて、もっちょがベンチに戻ってくる度に我こそはと思ってティッシュを渡しています。がめつかったですね、その時点で女子力0でした。(笑)紹介では面白い話と言われていたのですが、めちゃめちゃ真面目に書きます、ごめんもっちょ!


  本題に戻って、何を書こうかそう考えた時、やはり私は1回生についてお話しさせていただきたいと思いました。下手な文章ではありますが、最後まで読んでいただけると嬉しいです。


  今年の3月に育担に決まった時、私は上回生から離れることが寂しく、1回生の面倒をこんな私が見れるのかという不安から、正直育担を前向きに考えることはできませんでした。一部の舞台で関西制覇ができる大事な代であることはわかっていても、まだ顔の知らない入部前の1回生にどれだけの想いをかけられるのか、自信がありませんでした。

  しかし1回生が入部して、練習が始まってみると、1回生の持つパワーとラクロスへの真っ直ぐすぎる気持ちに私自身圧倒されました。入部前から自主練に行くプレーヤー、例年と比べて急成長をするスタッフ、みんなが本気でラクロスと向き合う姿勢がはっきりと目に見えました。そんな1回生を見て「私ももっと頑張らないと、変わらないと。」と思わされたことは今でも覚えています。


  私が一番に目指した育担は、しんどい時辛い時心の支えになるような存在でした。TRの技術として同回生にはまだまだ劣るところのある私ですが、自分にしかできない育担でありたいと常に心掛けていました。そうして迎えたサマーでは、得失点差で予選敗退。残念な結果となりました。その時見た1回生の悔しい表情は忘れられません。もっとできることはあったんじゃないか、支えられなかった自分の無力さを感じ、1回生にかける言葉が見つかりませんでした。今思えば育担として失格です。でもその頃から、1回生と同じ気持ちでラクロスと向き合う自分がいることに気づかされました。


  1回生への帯同が練習試合のみになったサマー後は、今までとは違って近くで成長を見れない分、何が自分にできるかを考えながら過ごしています。そして一緒にいる時間が少なくなった今は、自分から1回生の様子を見にいったり話しにいったりしています。みんながウィンターに向けて頑張っている姿に頼もしさを感じ、その成長を嬉しく思って見ています。育担としての残り少ない時間は、1回生の為に自分のできることをもう一度探しながら過ごしていきたいと思います。そしてウィンターを優勝して、喜ぶみんなの顔が見たいです。


  今でも私の目指した育担になれたのか、近づけたのかはわかりません。しかし1回生と過ごす中で自分のラクロスと向き合う気持ちに変化はありました。今年育担として1回生に関われたこと、その役割を与えてもらえたこと、今では本当に良かったと心から思います。私が想像していた何倍も濃く価値のある1年を過ごせたことに感謝しかありません。そう思わせてくれた1回生や、しんどい時にたくさん助けてくれた同回生の存在があったからこそ、ここまで続けることができました。振り返ってみると育担という立場でありながら、自分自身が成長し、支えられ続けた1年でした。本当に感謝しています。


  ウィンター予選まで2週間をきりました。2年前に私たちの回生が果たしたウィンター優勝の光景をもう一度見れると思うと楽しみで仕方ありません。強い同志社を見せてくれることを期待しています。


  ブログは以上ですが、私の想いがうまく伝わっていれば幸いです。ここまで拙い文章にお付き合いいただきありがとうございました。


  次は3回生のラストです。新チームATリーダーのやのけい(社3)にバトンを回したいと思います。普段はチャラいと言われるやのけいですが、実はしっかりしていて頼れる、ラクロス部一のギャップの持ち主だと思っています。(笑)それでは3回生のトリを飾る素敵なブログを期待しています!やのけいよろしく!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shimeta.net/mt/mt-tb.cgi/961

部員募集

このブログ記事について

このページは、同志社ラクロスが2018年11月27日 13:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「昨日のちねりは一生のちねり」です。

次のブログ記事は「last year」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja