トピックス

4回スタッフ各位

| トラックバック(0)

OBOGの皆様はじめ、同志社ラクロス関係者の皆様いつも暖かいご支援、ご声援ありがとうございます。


珍しく真面目なことを書いている、きよぴーこと畑清陽(法政4)からバトンを受け取りました、法学部法律学科4回生の小西池 彩子と申します。きよぴーには、同回スタッフに対するデリカシーをもう少し持って欲しいと思っています。デリカシーのなさに呆れてしまうことも多々ありますが、なんやかんやで愛されているので、素直すぎるところが彼のいいところなのかもしれませんね。ただ、彼のネタになる被害者がこれ以上増えないことを願っております(笑)


さて、何を書こうかと迷ったのですが、2年前に書いた自分のブログを見てみると、生き甲斐について長々と語っているだけの面白くないブログでした(笑)今回は、4回スタッフそれぞれとのことを書きたいと思います。


まずはいおりん(GC4)、彼女と初めて話した時、ずっとニコニコしていて見るからにいい子だけど、絶対に裏があるに違いないと思ったことを覚えています。しかし、4年経った今でも裏の顔を見ていません。彼女は今まで出会った人の中で1番と言っていいほど性格が良く、彼女のことを悪く言う人に会ったことがありません。ただ、先程紹介したきよぴー(法政4)をはじめとする同回生から、留学から帰国してからというもの、いじられキャラと化してしまいました。独特なトゥースというコールが出来たり、前歯がイリーガルでフラッグが飛ぶなど...。そんな彼女はフットワークがとても軽く、私が誘うといつも乗ってくれます。彼女とは色々なところに行きましたが、去年の夏行った下呂温泉が印象的です。サウナに入りながら、彼女が留学中の部活の話やプライベートの話を長々としました。部屋ではお酒を飲みながら、彼女の些細な色恋沙汰を聞いたこともよく覚えています。いつもニコニコしている彼女ですが、真剣な話をするときは打って変わって険しい顔になります。今まで沢山相談してきたので、彼女の険しい顔は嫌ほど見てきました。意見を聞くたび、自分の幼稚さに恥ずかしくなりました...。来年から黒部の女となる彼女にはぜひ強かさを身につけて、春が来てほしいと思います...!!


次に桃子(商4)、彼女とは高校が同じだったにも関わらずほとんど話したことがありませんでした。なぜなら、彼女はスクールカーストトップに君臨していたから...。そんな彼女が体育会に入ると聞いた時、正直絶対合わないだろうなと思いました。実際、1回生の名古屋遠征の帰り道に喧嘩をしてからお互いすごく気を遣っているなと感じていました。けれど、ある日隠していたことを思い切って打ち明けた時、予想とは違ったいい反応をしてくれました。それと同時に、私は先入観だけで彼女のことを判断していたと気付きました。それからというもの、一緒にいるのが気楽で、お互いをゴブリン、カビゴンと呼び合い、見た目とは裏腹におかしな言動をする彼女がツボです(笑)彼女はたまに練習前にトイレの鏡を見て「いつもの可愛さが10だとすると今日は2だ。」と言います。私には違いが全く分からないので、まだまだ彼女のことを理解しきれていませんが、胸を張って気の置けない友達であると言えます。ただ、彼女の友達は可愛い子しかいないと言っていたので、未だ私のことは、ただのチームメイトだと思っているかもしれません(笑)部活の行き帰りはいつも一緒ですが、プライベートで2人で会ったのは喧嘩後以来なので、そろそろ行きたいものですね!


最後に直子(商4)、彼女とは4年間二人三脚でマネージャーを務めてきました。初めてちゃんと話したのはまだ入部前の体験の帰りのバスでしたが、初対面で話すような内容ではなかったことを覚えています。また、お昼も今出川の食堂で一緒に食べたのですが、初対面なら気を遣って話しながら食べるのが普通だと思いますが、二人とも黙々とオムライスを食べたのも印象的です。出会って間もなかったですが、とても居心地が良く、すぐに仲良くなれそうだなと感じました。それから数日後の休日練のあと、京田辺のアルプラのフードコートで彼女が親友にも教えていないという大切な話をしてくれました。お互いまだまだ知らないことがある中で、私を頼ってくれたことが本当に嬉しかったです。その日を境に、急速に仲良くなっていったと思います。2人の思い出の場所は、フードコートだけでなく、初めて彼女の涙を見たラグビー場の裏にあるトイレ近くの草むら、恋バナをしたアメフト場のやぐら、主将(法政4)に怒りを爆発させた久御山河川敷など沢山あります。そんな彼女とは、大きな喧嘩はありませんでしたが、指摘や注意は欠かさずし合ってきました。真逆な性格だからこそ気付けるところがあり、素直に聞き入れることができたんだと思います。部活の話だけでなく、プライベートの話も違った視点から意見をくれるのでとても頼りにしています。そんな彼女とは家族ぐるみで仲が良く、すでに2回親子会が開かれています。卒業までに3回目を開かないといけませんね。


このように数えきれないほど、沢山の出来事がありましたが、苦楽を共にしてきた3人とは、社会人になってからも必ず定期的に会うと思います。この部活に入って後悔もありましたが、沢山の出会いがあり、色々な価値観を知ることができました。後輩たちにも、同期を大切にし、色々と乗り越えてほしいと思います。


D9079DC2-261F-4DC3-9F3D-885BD5C82EE6.jpeg

かなり長々と語ってしまいましたが、これまで私の稚拙な文章にお付き合いいただきありがとうございました。次は、酒癖が悪く、酔っ払ってラーメン魁力屋(かいりきや)を魅力屋(みりょくや)と読んでしまう、守屋遼(政策4)に回したいと思います。守屋よろしく!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shimeta.net/mt/mt-tb.cgi/983

部員募集

このブログ記事について

このページは、同志社ラクロスが2018年12月27日 15:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「目標と努力」です。

次のブログ記事は「最高の瞬間」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja