トピックス

目標と努力

| トラックバック(0)

OBOGの皆様はじめ、同志社ラクロス関係者の皆様いつも暖かいご支援、ご声援ありがとうございます。

4回初めくらいに彼女にフラれて、翼が生えたかのように女の子と遊んでいるこーすけ(法4)からバトンを受けました、法学部政治学科4回生の畑 清陽です。僕のゼミのお気に入りの女の子と2人で花火を見に行ってました。許せません。

ブログを書くのは2回目ですが、以前のブログは、この後僕の次にブログを書いてもらうさやこ(法4)に対するほぼセクハラとも言えるブログでした。気になる方は2年前のブログを見てみましょう。今回はこーすけくんが感動的なブログを書いているので、僕も真剣に書かせていただきました。読んでいただけたらありがたいです。


僕は今年心の中で決めていた目標があります。それは「チームでも個人でも影響を与えることができる選手になる」ということです。この目標の経緯は岩﨑(文情4)の退部にあります。部のルールを守れず、退部するかどうかのミーティングをしていた時、潔く退部してくれという人もいる中、涙を流してやめてほしくないと言う4回生が数名いました。今まで同回でやめてきた部員は数名いましたが、このようなことは初めてのことでした。僕はそのミーティングの帰り道に、「自分が岩﨑の立場になったときにやめてほしくないと泣いて止める人はいるのだろうか。自分は本当にチームに必要な選手なのか。」と考え、自分は誰よりも影響力のある選手になると決心しました。

練習やラントレは率先して声を出したり、試合中は自分のプレーがチームの流れを変えれるような、周囲が自分を必要としている選手になると決めて1年間取り組んできました。この目標はあくまで他の部員が自分のことをどう思っているかなので、これを読んで少しでもそう思ってくれる部員がいたら嬉しく思います。

思えば僕にはずっと目標があって、1回生の頃は3.4回生がメインでリーグ戦に出ている中、同じJRで通学していて、唯一2回生で出ていたぶんさん(法5)がかっこよくて、絶対2回生でリーグ戦に出たいと思って頑張ったし、3回生の頃は神戸大学の1つ上のミディみたいに上手くなりたくて練習していました。


今いる現役の部員に伝えたいことが2つあります。ひとつは自分がどの立場であれ、目標は必ず持ってほしいし、達成できるように努力してほしいです。

もうひとつ伝えたいのは、努力することをやめないでほしいということです。つい先日ウィンターが終わりました。自分は引退してからできるだけ1回生の練習に参加し、できるだけ多くのものを後輩に残せるように取り組みました。結果は3位だったんですが、悔しそうにしている姿を見て、自分も本当に悔しかったです。でもここからが本番なので本当に頑張ってほしい。

同志社ラクロス部では、1回生のウィンターまでそこそこ練習するけど、そこからあまりしないという傾向があります。特にAチームは自分が試合に出れているからといって、オフの日の自主練にもあまり来ません。自分はそれがすごく嫌でした。試合に出ることがゴールになっているとずっと感じていました。試合をするのはチームメイトじゃなく相手チームだというのに。ミーティングで大きな目標を立てるわりに、それに見合った努力をしていない。こんなことだから2回生の頃は2部落ちするし、3.4回生になっても1部の上位チームには勝てないと本気で思っていました。本当に強いチームは自分の立場関係なく練習しているんじゃないかなと思います。僕はそんな空気を変えたくて、オフの日にだいすけ(神3)やなかんちょ(商3)を呼んで、ランシューや1on1の練習をよくしました。おかげでランシューと1on1は自信を持って試合に臨むことができました。ありがとう。

僕はこの空気を変えることはできなかったと思うけど、後輩たちは今この瞬間から努力してほしいと本気で思います。自分のいる立場関係なく、チームメイトはもちろん、相手チームに勝つために本気で自分の実力を磨いてほしいです。そういう人たちが試合に出たら強いチームになっていると思います。特に同じセットだったまーぼー(経3)にはもっとチームを引っ張ってほしいし、ブラザーのしんぺー(文2)やかいじ(スポ健1)は実力は足りないけど、まだまだやれると思うので、諦めずに、来年試合に出ている姿が見たいです。頑張れ。


長文になってしまいましたが、稚拙な文章を読んでいただきありがとうございます。

次のブログは、前置きでも登場、以前のブログで紹介した2人のフィアンセではなく、三山木のフィアンセ(スポ健4)と幸せそうにピカチュウのストーリーばかりあげるカビゴンこと小西池彩子(法4)にバトンを渡したいと思います!以前のブログはやりすぎました。ごめんなさい。俺のイケメンなところの紹介もよろしく!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shimeta.net/mt/mt-tb.cgi/982

部員募集

このブログ記事について

このページは、同志社ラクロスが2018年12月27日 12:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「"コーチ"という決断」です。

次のブログ記事は「4回スタッフ各位」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja