トピックス

いや、起こせよ

| トラックバック(0)

OB、OGの皆様、同志社ラクロス関係者の皆様、いつも温かいご支援、ご声援ありがとうございます。

DOLAXきってのチャラ男、矢野 圭祐(社3)からバトンを受けとりました。法学部法律学科4回生の安田 純と申します。

普段はチャラいと評判のやのけいですが、新チームではATリーダーとして、個性の強いオフェンス陣を引っ張る姿に注目です。


さて、同じ部活の兄のことをいじった2回生のブログから約2年半、気が付けばもうすぐ社会人。そんな兄との思い出といえば、1回生のとき、平日の練習日に同じ時間の電車に乗るにも関わらず、起こされずに放置され、遅刻したことを思い出します。そして、今でも思います。

    

    「いや、起こせよ」と、



それはさておき、これまでを振り替えってみると、本当に濃い4年間だったと感じております。こんな発言をすると、

「お前の4年間、ラクロスと星田と大倉やん」と河合(法4)からのいじりが聞こえてきそうですが、その通り。ラクロス漬けの毎日でした。


中高続けてきたサッカーをやめ、とにかくがむしゃらに上手くなることだけを考えて練習してきました。「関西制覇を成し遂げる」。大きな目標を掲げて取り組むことに大きな充実感を感じてきました。

しかし、ようやく目に見える結果が出始めた3年目、蓋を開けてみれば、リーグ戦出場辞退。こんなにも残酷なことがあるのかと、全てを失った気持ちになりました。

これからどうすればいいのか?何でラクロスをしているのか?と悩んでいる中、そんな状況でも下を向かずに努力し、チームに何かを残そうとする皆の姿に大きな感動を覚え、最後までやり遂げる決心がつきました。


最後の試合、僕はベンチにすら入ることができませんでした。 正直、言葉に言い表せないほど、悔しいですが、間違いなく僕は実力不足、努力不足であったと感じています。ただ、試合が終わって思ったのは、心の底から同志社大学ラクロス部でよかったという思いです。


そう感じたのは、僕自身が今までラクロスを続けて来れたのは、最高の先輩、同期、後輩、スタッフをはじめ、影で支えてくれた方々のおかげだと考えているからです。特に同期とは、ラクロスが上手く行かないときは、飲みに行ったり、励まし合い、また頑張ろうと奮起しました。そして、とにかく個性が豊かです。頼りになる幹部陣、表情筋がほぼないやつもいれば、自称中田翔もいます。あと、カニも。

そんな仲間と4年間という時間をラクロスを通じて共有出来たことは何事にも代えがたい財産であると感じております。


最後になりますが、来シーズンからは同志社がリーグ戦に復帰します。きっと、今の後輩たちなら強い同志社を証明してくれると確信しております。どうぞ、引き続きご支援、ご声援よろしくお願い致します。


ここまで長々と稚拙な文章にお付き合い頂きありがとうごさいました。

次は、ラクロス部のDQN。「金ならあるぞー」や「お前海外なめてたら死ぬぞ」「負けた負けた負けたー」など、数々の名言を残してきた、中山凜太郎(経4)にブログを回したいと思います!りんたろうよろしく!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shimeta.net/mt/mt-tb.cgi/975

部員募集

このブログ記事について

このページは、同志社ラクロスが2018年12月13日 20:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「last year」です。

次のブログ記事は「次のステージへ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja