トピックス

"コーチ"という決断

| トラックバック(0)

OB、OGの皆様はじめ、同志社ラクロス関係者の皆様いつも暖かいご支援、ご声援ありがとうございます。

最近「漢」になったと噂の安斎(スポ健4)からバトンを受け取りました、法学部政治学科4回生の太田剛輔と申します。4回生ではBコーチを務めさせて頂きました。


最後のブログという事で、自分がコーチになる決断をした経緯と後輩に伝えたい事について書こうと思います。


「コーチになりたくない」

1、2回生の頃常々思っていたことです。

高校の部活を引退した際に、顧問からの高校のアメフト部のコーチの依頼を断り大学のラクロス部に入部した事、また何よりもラクロスする事が楽しかったからです。

しかし、そもそも学生主体で活動するラクロス部は、学年で数人選手からコーチに転向しなければなりません。同回DFのメンツ、キャラ的に先輩から自分が将来コーチやるんじゃないかとも言われ、死んでもなるかと思っていました。

1回生の頃、リーグ戦(特に阪大戦)の応援で、先輩達に憧れを抱き、絶対自分もこのステージでラクロスしたいと強く感じました。

1、2回生の頃は自主練に明け暮れ、ほぼ毎日グラウンドにいました。その成果もあり2回生からリーグ戦に出場でき、非常にいい経験をさせてもらいました。

当時は、勝手にこれでコーチになる事はないなと思っていました。

しかし、3回生の始めのAB分けでBに落とされ、さらに追い討ちをかけるように左膝の靭帯断裂。

プレーできない自分はこのチームにいてもいいのか。自分の存在意義が分からなくなり、この頃は本当に何の為に頑張ってきたんだと思いました。


そんな時にれい(法4)から電話がありました。翌日練習で始発にもかかわらず、深夜遅くまで電話に付き合ってくれました。他にもたくさんの同回や先輩、後輩が心配の声をかけてくれました。

この時、僕は今までベクトルを自分自身にしか向けていなかった事に気付きました。

コーチをしたくないから頑張る。

Aチームでプレーしたいから頑張る。

そこで、こんな自分を支えてくれた、大好きなチームメイトの為に頑張ろうと考えました。

プレーできない自分はどうすればチームの役に立つのか。


そこで、自ら絶対なりたくなかったコーチになる事を決断しました。

そうする事がチームにとって最善であると信じて。

コーチになるという決断を幹部陣に初めて話した時、まっちゃん(文情4)が「こーすけならなんの心配もない」と言ってくれました。自分にとってその言葉は非常にありがたく、プレーできない自分がこのチームにいてもいいんだと思う事が出来ました。


自分で決断したコーチの選択。

しかし、今まで一緒に頑張ってきた仲間が楽しそうにプレーするのを間近に見て辛いと思うことも度々ありました。

そんな中、リーグ戦に関わる重要なAB分けがありました。コーチは客観的な視野がある為、AB分けに大きく関わります。コーチをしてきて一番辛いと思った瞬間は選手にBチームの宣告をする事でした。

何人かの選手にBで頑張って欲しいと伝えた際に泣き出す選手ももちろんいました。


僕はその涙を見た時、自分が担当するBチームを絶対にいいチームにしようと心の底から思いました。

自分がBの宣告をしたのだから、いいチームにしていく責任があるのは当たり前。

具体的には「ラクロスを楽しんで勝てる」チームにする為に全力で取り組んだつもりです。


私が1、2回生の頃のBチームといえばあまりチームの活気がなく、「Bリーグで優勝を目指す」とは遠いものでした。

「好きこそものの上手なれ」とはまさにその通りだと思います。実際自分もうまくいっていた時はラクロスをするのが大好きでした。

初めてAB分けを行なったBの練習で、僕が「みんなでラクロス楽しもう!」って言ったのを覚えてるかな?笑

Bチームのみんなが楽しかった、と言ってもらえるようなチームに出来ていたなら自分は凄く嬉しい。

でも、あくまでBはAに上がる為の土台であり、最終目標はAに上がる事。果たしてBの選手が全員Aに上がりたい、と思っていたかといえばそうでないと思います。そうできなかったのはBコーチの責任なので今年の反省を生かして来年は改善していって欲しいです。


昨年のBリーグの結果はファイナル4進出。自分が関わったBリーグの中では最高の結果を残してくれました。頑張っても結果が出ない事の方が多い中で結果を残してくれ、1年間付いてきてくれたBチームのみんなには感謝しかないです。

特に4回生、3回生でBチームだったメンバーは最後まで背中で後輩に語ってくれて本当にありがとう。自分の中で色々な葛藤があったと思うし、辛いのは承知の上で頑張っている姿を見て、僕も頑張らないといけないと何度も思わされました。


僕が後輩に伝えたい事は2つだけ。

「ラクロスを楽しんで」

「怪我には気をつけて」

何も考えずにラクロスしてる人は、ラクロスをしててどの瞬間が一番楽しいかを考えて欲しいです。その瞬間を味わう為にどうしたらいいのか、その瞬間を積み重ねていく事が上手くなる一番の近道だと思います!

あと怪我は本当に気をつけて。防げる怪我は防げるように体のケアはしてほしいと思います。


最後に、このブログを書くに当たってこの4年間で得たものって何だろうって考えてみました。

やっぱりそれは大好きな同期、先輩、後輩に出会えたことだと言い切れます!

この4年間辛い事の方が多かったけど、多くの人に支えられたからこそ頑張れました。

特に一年一緒にコーチをした守屋、やすたか本当にありがとう。

将来同窓会でみんなと会って今みたいにアホな事で笑える日がくるのを楽しみにしてます。


F8371D72-6BD6-4F71-AE49-12FCAEACAE9F.jpegのサムネール画像のサムネール画像

最後まで長く稚拙な文章読んで下さってありがとうございました。


次にバトンを渡すのは、回生一盛り上げ上手なきよぴー(法4)です!

ラクロス大好きなきよぴーの激アツなブログお楽しみに!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shimeta.net/mt/mt-tb.cgi/981

部員募集

このブログ記事について

このページは、同志社ラクロスが2018年12月26日 16:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「座右の銘」です。

次のブログ記事は「目標と努力」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja