トピックス

最高の瞬間

| トラックバック(0)

OB・OGの方々、父母の方々をはじめ同志社ラクロス部関係者の皆様、いつもあたたかいご支援、ご声援をありがとうございます。


ラクロス部で流行りの部内恋愛で幸せを勝ち取った小西池(法4)からバトンを受け取りました。政策学部政策学科の4回生の守屋遼と申します。たしかに酒癖は悪い方ではありますが、決して自分から飲んでいるのではなく、あくまで周りに飲まされているので、4年間の粗相をどうか大目に見てください。


気づけば残りの学生生活も3か月を切り、いよいよ社会人としての一歩を歩みだす時が近くなってきました。いまは最後の学生生活を存分に楽しんでいます。


さて本題ですが、私は4回生の最期の年をBコーチとして活動したのでこの1年間について書いて行こうと思います。これまでも多くの選手が触れてきたようにコンプライアンス違反から昨年、今年とリーグ戦に出場することができませんでした。多くの選手がリーグ戦を経験できなかった中で私は幸運なことに、先輩の怪我などもあり2回生の時にベンチメンバーに入れてもらうことができ、1試合ではありますがリーグ戦での勝利を味わいました。あの試合が終わった瞬間、ベンチではありますが宝ヶ池のスタジアムで聞いたホイッスルは、これまでスポーツをしてきた中で最も興奮し、感動し、胸が高鳴ったことをいまも鮮明に覚えています。

私にとってラクロス生活でその一勝が最高の瞬間になってしまったんだと、リーグ戦の不出場が決定したときに思いました。

そんな失意の中迎えた新チームでは、私はBコーチという立場でチームに携わることになりました。どんな思いでコーチになったのか書きたいところですが、前々回のブログでこうすけ(法4)が熱く語っていたので、またその話かよと思われないためにも割愛しときます。(笑)

コーチとなり自分がプレーしない中で高いモチベーションを保つことができるのか、毎日どんな楽しみをもってグラウンドに向かうのか。さまざまな不安がありました。しかし、そんな不安は最高の同期たちや後輩たちがかき消してくれました。

毎日グラウンドにいけば同期の仲間たちと笑い合い、時には様々な悩みを聞いてもらいました。そんな何気ない時間が自分にとっては大きな支えであり、モチベーションになっていたんだということを引退して強く感じています。

またBチームの後輩たちは期待通りの活躍で大躍進し、同志社史上初のBリーグ戦ファイナル4進出果たしてくれました。

同志社史上初のBリーグ戦ファイナル4進出をかけた神戸大学との試合。この試合は私のラクロス人生最高の試合になりました。神戸大学優勢と思われた試合は先制されながらも追いつき追い越し、劇的な勝利を収めました。

コーチボックスから声を枯らし、全員が死力を尽くして勝ち取った勝利。試合終了のホイッスルに後輩たちと肩を組んで喜びを分かち合ったあの瞬間は私がリーグ戦で体感した興奮の何倍も大きなものでした。あの興奮は一生忘れることが無いと思います。

その後行われたファイナル4準決勝では京都大学の前に負けてしまい、優勝という目標には届きませんでしたが、ここまで躍動してくれた後輩たちには感謝しかありません。その試合のあと悔しがる後輩たちを前に私自身も溢れ出す涙を堪えられませんでした。

こんな感情をコーチになってから味わえるとは思っていませんでした。この時自分は1年間コーチとしてやってきて良かったなと思いました。

2回生、3回生のみんな本当にありがとう。


私から後輩たちに伝えたいことは2つ。

・感謝や恩返しは「勝つ」ことが1番

・同期を大切に


私が1番感じたことは、コーチやスタッフが1番やってきてよかった感じるのは勝った瞬間なんだということです。言葉で感謝されるのはもちろん嬉しいですが、チームが勝つということがコーチやスタッフにとって1番の喜びだと感じました。来年は1つでも多く勝ってコーチやスタッフに感謝を示してほしいです。来年コーチとして各チームを引っ張る3人が今年私が感じたようにコーチをして良かったと思えるような1年を選手たちが作ってほしいなと思います。


そして後輩たちも学年の仲はいいと思いますが今後も大切にしてください。私は何度も同期の仲間に助けられました。仲良いだけではダメだと思いますが、お互い助け合いながらこれからもがんばってください。

9394BA41-6C1F-4969-84EC-F260FAAB0D18.jpeg

最後に4回生のみんな4年間ありがとう。

4年間楽しく過ごせたのは同期のおかげだと思っています。これから社会人になっても長い付き合いでいてくれたら嬉しいです。

5年後も、10年後も「盛り上がりに欠けている...」このコールでみんなで盛り上がりたいと思います。笑


最後まで長く稚拙な文章読んで下さってありがとうございました。


次は、「オランダの大砲」「偽善者」「ラクロス部1の変態」「厚切りジェイソン」など高校から様々な異名がありすぎてもはや何者なのか分からない回生1のモンスター田中(商4)に回したいと思います。

よろしく!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shimeta.net/mt/mt-tb.cgi/988

部員募集

このブログ記事について

このページは、同志社ラクロスが2018年12月31日 17:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「4回スタッフ各位」です。

次のブログ記事は「一生の財産」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja