トピックス

信念

| トラックバック(0)

OBOGの方々、父母の方々をはじめ同志社ラクロス部関係者の皆様、いつもあたたかいご支援、ご声援をありがとうございます。


DF仲間の田中(商4)からバトンを預かりました、京希と申します。昨シーズンはDFリーダーを務めさせて頂きました。


今回このような場を頂いたので、ラクロス人生の4年間で僕が学んだことを後輩たちに伝えられたらと思います。そのため文体がかわりますがご了承下さい。


僕の人生の中で人の発言で一番印象に残っているのは、高校の部活を引退した後に当時のコーチに言われた2つのことだ。「酒の場でいつまでも同じ話をする大人になってほしくない」と「学生時代、頑張ってきた人は何かが違う」である。たぶん本人にとって何気ない言葉だったかもしれないが、すごく印象に残ってる。1つ目は何となく理解できた。目標には届かなかったものの周りに言えば自慢できるくらいの高校時代の功績をいつまでも話す大人になってほしくない。つまり、これからも何かしらに挑戦して誇れる功績を出してほしいということだと解釈した。しかし、もう一つの言葉はよく分からない。「何か違うの、何かって何?」くらいに思っていた。ただ、当時の僕は同じ話をする人間にはなりたくなかったし、尊敬していたコーチの言う「何か」を知りたくて大学でも頑張りたいと思った。


正直何でも良かったが、大学に入学して4月には入部を決めていた松下(経4)や小西池(法4)の話を聞いて、ラクロス部で4年間頑張ることにした。頑張っていれば「何か」は見えてくると思っていた。1回生の時はグリーンに選ばれる同回生DFとのスタメン争いに焦りを感じながら、個人として上手くなるために頑張った。2回生のシーズンでは有り難いことに初めからAチームにも入れてもらえて、ユースにも選ばれた。チームでも関西でも評価され始め、ライバルが同期から先輩や他校の上手いやつになり、次第に焦りを感じていた。どうやったらAチームで残り続けれるか、ユースに残り続けれるかを考え、個人技術を高めた。しかし、結果的にAB間を行き来しリーグ戦にはほぼ出れず、ユースも最後の最後で落ちた。正直、自分の実力に自信はあったし、どちらも不満はあった。


3回生でのシーズンでDFサブリーダーを任されることになり、チームのことを考えなければならない立場に立った。その時、初めてチームのことを考える難しさを知った。一方で、今まで個に執着してチームのことを考えていなかった自分がいたことに気づいた。AB分けの不満を抱くだけでBに落とされる自分の課題を探さなかったり、二部練がしんどくて他のやつも休んでるからという理由でユースの練習をサボったりなど、チームのことを考えていないことがよくあった。結局、それはチームのために自分が辛くなるのを避け楽な道ばかり選んできた自分の弱さで、自分自身に負けていることだと思った。それからはあらゆる場面で「自分に負けない」ように部活に向き合った。チームの課題をひたすら考えたし、2回生の時にめちゃくちゃ嫌だったRの練習会にもチームに還元できるものがあると思ってほぼ全て参加した。筋トレもラントレも自分に負けたことは無かった。休めよと思われるかもしれないが、熱でも練習に来たし、今出川1限休み以外で練習を休まなかった。すべて自分に負けたくなかったからだ。


引退して思うのは、コーチの言っていた「何か」とは「信念」のようなものであると思う。それは人それぞれだが、僕の場合は「自分に負けない」ということだった。就職活動を終えて思うことは、ほとんどの企業が入社しても「信念」といった特別なものを養えないということだ。おそらくだが時間に余裕のある今、それを得る努力をしていない人は社会に出ても得る機会を逃すと思う。だからこそ、後輩たちには何でもいいから「信念」を持ってラクロスに取り組んでほしい。今すぐにとはいかないかもしれない。徐々にでもいい。ラクロスに対して何か考えながら努力してほしい。そうすることで、自分が大切にする「信念」を得られるはずである。なかには気づいている人や気づきかけている人もいるかもしれない。その人たちは自分が大切にしている「信念」を明確にして、日々の練習に取り組んでほしい。それはこれからの人生において、自分の考えになり、学生時代で得られない財産になるはずである。


最後に現役のDFに言葉を送りたい。

昨シーズンはこんなリーダーについてきてくれてありがとう。

よく練習中に怒って怖がらせてしまったのは申し訳ない。

でも、それだけ本気で取り組んでほしかったということを理解してほしい。

2回生は初めてのAB分けで1回生の練習とは違い、戸惑うかもしれない。

ただ1回生の時と同じように横ばかり見るのではなく、上を見て頑張ってほしい。

今シーズン、山口(商3)を中心にみんなで良いDF組織を作ってほしい。期待しています。


ここまで拙い文章を読んで頂き、ありがとうございました。

最後まで読んで何か少しでも感じてくれたら嬉しいです。

次は個人的に回生のおもしろい人5本の指には入っている廣本まもる(文4)にバトンを回したいと思います。まもちゃんよろしく!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shimeta.net/mt/mt-tb.cgi/991

部員募集

このブログ記事について

このページは、同志社ラクロスが2019年1月10日 00:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「一生の財産」です。

次のブログ記事は「感謝」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja