トピックス

感謝

| トラックバック(0)

OBOGの方々、父母の方々をはじめ同志社ラクロス部関係者の皆様、いつもあたたかいご支援、ご声援をありがとうございます。


昨年度DFリーダーであり、僕とのチェック練ではかなりの確率で膝にチェックを入れてくるのんちゃん(政策4)からバトンを受け取りました、文学部4回の廣本守と申します。


今回は最後のブログということで、ラクロス人生を振り返ったり、そこで感じたことをお話しできればと思います。長く稚拙な文章ではありますが、大目に見ていただけると有難いです。


「主力としてチームの勝利に貢献する存在になる」、これは僕がラクロス部入部時に立てた個人目標です。常にチームを背負って部活動に取り組んできた人達からは低い目標だと思われるかもしれませんが、この背景には高校時代の野球部での経験があります。高校3年間1度もベンチ入りできず、チームの勝利に直接貢献できない悔しさが忘れられなかった僕は、大学の部活ではチームを背負って立つ存在になりたいと思い、上記の目標を立てました。


そのような思いでラクロス部に入部しましたが、4年間は思い返せば苦しいことの連続でした。ウィンター未出場、結果を出せなかったBリーグ、そして約2ヶ月間の活動停止とリーグ戦の辞退。様々なことがありましたが、個人的には最後のシーズンは4年間で最も苦しい時期でした。部停明けからキックオフまでの半年間、最後のシーズンに向けてひたすら自主練に明け暮れた結果シーズン開始時にはようやく念願のAチーム入りを果たすことができました。しかしわずか1ヶ月でBへと落ち、その後A復帰は叶わずBでの時間が過ぎて行きました。そして仮想リーグが近づき、同期の仲間や後輩が仮想リーグ制覇に向けて苦心しているのに自分は何も貢献できていない悔しさ、「主力としてチームの勝利に貢献する」という目標を達成できなかった自分への失望などから一時はなぜ自分が今ラクロスをしているのか分からなくなってしまいました。その結果気づけば自主練の頻度も段々と減っていき、全体での練習にさえ身が入らないという状態になっていました。自分の未熟さで当時はご迷惑をおかけしたと思います、申し訳ありません。


そこから立ち直るきっかけとなったのは、周囲の頑張っている人達の存在です。仮想リーグ、Bリーグとそれぞれの目標に向けてどの部員も本当に一生懸命でした。中でも僕とほぼ同じ期間Bを経験し、ずっと一緒に自主練もしてきたヤス(法4)がBを引っ張っている姿や、彼からの励ましの言葉には強く心を打たれました。また更に視野を広げると、練習環境を整えてくださった監督をはじめとする社会人の方々、スタッフ陣、そしてコーチ陣といった本当に多くの人達に支えられていることを再確認しました。そして、今の停滞している自分は頑張っている仲間、支えてくれた人達に対して本当に失礼なものであると強く自分を恥じました。そこから「この人達に恥じない姿勢で最後まで部活に取り組もう」と決心が着き、その思いを忘れず引退まで真摯に部活に取り組むことが出来ました。


自分の実力・努力不足が原因ではありますが当初の目標を達成することができなかった悔しさは引退した今でも忘れられません。それでも「ラクロスをやってきて良かった」と心から思えるのはラクロス部の仲間に恵まれていたからだと強く感じています。先述したように辛い状況から立ち直ることができたのも、頑張る仲間の存在のお陰です。自分は皆から色々なものを与えてもらってばかりで、何か与えることができたのかどうか分かりませんが、本当に感謝しています、ありがとう。


また、特に同期の皆には本当にお世話になりました。4年間個性的な仲間と多くの経験を重ね、様々な感情を分かち合えたことは僕にとって一生の財産です。苦しいこともたくさんありましたが、皆と一緒に過ごす時間は本当に楽しいものでした。今後も末長く付き合っていただけると嬉しいです。


最後になりますが今年は同志社大学男子ラクロス部がリーグ戦に復帰する、大きな節目となる年です。自分たちが不甲斐ないばかりに後輩には苦しい道を歩ませてしまったこと、本当に申し訳なく思っています。それでも、その苦境にあっても必死にラクロスに取り組み続けた後輩の皆なら必ず強い同志社を体現してくれると信じています。関西制覇という同志社の積年の夢が果たされるよう、心から応援しています。


最後まで拙い文章にお付き合いいただき、ありがとうございました。次はラクロス部屈指のムードメーカー、中西泰貴(経4)にバトンを回したいと思います!普段はあらゆる手で僕達を笑わせてくれる泰貴ですが、その内に秘めた彼の思いを久しぶりに聞くことができるのではないか、と楽しみにしています。泰貴頼んだ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shimeta.net/mt/mt-tb.cgi/994

部員募集

このブログ記事について

このページは、同志社ラクロスが2019年1月13日 14:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「信念」です。

次のブログ記事は「第24回ラクロス部総会について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja