トピックス

同前 天下一品 こってり

| トラックバック(0)
OB・OGの方々、父母の方々をはじめ同志社ラクロス部関係者の皆様、いつもあたたかいご支援、ご声援をありがとうございます。モリゴンこと森田啓(経4)からバトンを受け取りました、経済学部4回生の大倉涼輔と申します。ことあるごとに私に対して誹謗中傷をしてくるカニ(彼)ですが「しょうみ映画は字幕」という迷言の他に居酒屋で「しょうみカシオレは余裕」と語った数分後には嘔吐していた伝説も残しています。とても面白い人なのでぜひ話しかけてみてくださいね!
最後のブログなので4年間を振り返って真面目に書こうと思います。結論から言うと、一番伝えたいことは後輩には充実した悔いの無いラクロスライフを送ってほしいという事です。いやいや、お前は充実したラクロスライフを送ったんけ?と言われると正直辛い記憶の方が先に出てきますが、何だかんだ充実はしていたと思います。自分なりに色々あったスポーツ人生ですがラクロスは辛くも濃いです、同前の天一、こってりくらい濃いです(大爆笑)。僕の引退した今の生活は遅く起床し夜までバイトしてパスタ食べて。。という日々ですが思い返してみると睡眠時間は半分なのにラクロスをしていた方が体は倍ぐらい元気で現役が昔に感じます。何が言いたいかとゆうとラクロスを通して刺激的な日々を送れているこの時間は結構短くてとても貴重な時間です。そんな時間を今よりも充実させるためのヒントは案外近くに転がっているかも知れません。今の状況が辛くて面白くないなぁと思ったなら思い切って環境自体を変えてみることも一つの答えだと思います。環境を変えてみると気づくことはたくさんあります。僕は3回の冬にポジションをMFからFOに変更しました。そこで僕が目にしたものははりんたろう(経4)の❌❌❌(彼にはとてもお世話になりました)。。ではなく、腕を疲弊するポジションだからこそ毎朝テーピングや練習後に氷を巻いてくれるTR、人数を割いて笛を吹いてくれるMGなどよりスタッフの存在と接する機会が増えました。そして、自分がラクロスを当たり前にできる環境を作ってくれている一つ一つの行動の有り難さを思い知りました。その感謝に応えようと思うことが向上心のモチベーションになったりしてました。また、上回生になるとより自分がチームに存在する意味とかを深く考えることがあると思います。大きな組織だからこそ幹部やポジリーダーでない限り想像し難いと思いますが、どんなに小さいことでも良いと思います。例えば、上手くない自分にとってラントレは自分をアピールする場であり、姿勢を見せる大事な機会でもありました。そのラントレの後に高速でメットオンして一番に集合するとか(笑)そういうところでもチームに貢献できることはたくさんあると思います。悩んでいる人はぜひ一度考えてみてください。最後に個性豊かな同期の四回生全員に感謝を告げて終わりたいと思います。
Dear 4回生&安田(法4) Thank you.(↙ちゃんとピリオドつけるとこ カッコイイ)
長々と私の稚拙な文章に付き合っていただきありがとうございました。次のブログは松下僚太(経4・パナマなう)に回したいと思います! 気付くと南米で彼はインスタグラマーになっていました。そして彼がのせたメイド喫茶の写真に僕が羨望の眼差しを向けたのはゆうまでもなく。それではりょーたよろしく!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shimeta.net/mt/mt-tb.cgi/1005

部員募集

このブログ記事について

このページは、同志社ラクロスが2019年1月27日 12:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大切な同期」です。

次のブログ記事は「人生1度きり」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja