トピックス

大学生活の振り返り

| トラックバック(0)
OB・OGの皆様、また保護者の皆様をはじめ同志社ラクロス部関係者の皆様、あたたかいご支援、ご声援を賜り本当にありがとうございます。
昨年度MGリーダーの西野直子(商4)からバトンを預かりました、経済学部経済学科の吉田健人と申します。部内恋愛ブームの火付け役となった彼女。私の中でとても印象に残っている出来事があります。2年前の練習試合、私がラクロス人生で初得点を挙げた時のビデオに彼女が得点を喜ぶ声が入っていました。普通の事かもしれませんが1回生から試合に全く出場出来ていなかった私にとってはとても嬉しく、応援してくれる存在がいることに改めて気付き、これからもっと頑張ろうと思えました。

前回のブログでは、私の趣味である筋トレの事について書きました。そのブログを書いたのも3年前。大学生活の4年間もあっという間だったなと感じています。引退してからは毎日ゴールドジムに通い、筋力トレーニングに励んでいます。今回は最後のブログということで、ラクロス人生や大学生活について書きたいと思います。

「レギュラーとして、リーグ戦に出場し活躍したい」その姿を想像し、実現してやるという想いでラクロス部に入部しました。しかし、現実は私が思い描いていたラクロス人生とは程遠く、楽しくもとても苦しい4年間でした。1回生のウインター大会では1秒も試合に出場する事が出来ませんでした。仲間が勝利の喜びや敗戦の悔しさを分かち合っている中で、私はとても複雑な気分でした。中学生、高校生時代に所属した野球部でもレギュラーだった私にとって、控えでベンチを温めることはとても悔しかったです。このままでは終われないと思い、学生コーチの方に自分に足りないところを聞き、オフは弱点克服に努め2回生では挽回しようと練習に励みました。2回生になると、試合に出場する機会が徐々に増えだしました。試合に出てプレーする事に楽しさを感じ、ラクロスへのモチベーションも上がりました。しかし、Bチームのレギュラーになる事は出来ませんでした。原因は自分の練習不足だと思います。同期は自分より何倍も練習し、どんどん上達していきました。私は周りより練習量が不足しているにも関わらず、心のどこかで自分はどうせ無理なんだと決めつけていました。自分の弱さに負けたんだと思います。その結果3、4回生もBチームでラクロス人生を終えました。何度も辞めようかと考えましたが、入部時親に頭を下げ最後までやり通すと決めた以上、何か得て引退しようと考え毎日を過ごしていました。また、同期や先輩の存在は大きく、練習や技術的な問題から精神面でも支えられ、続けられる事が出来ました。心から感謝しています。

その時その時を振り返れば苦しいラクロス人生だったのかもしれません。しかし大学生活全体を振り返ると、ラクロス部に所属し送れた学生生活はとても充実していたと思います。先輩の皆様との出会いもそうですが、社会人の方と交流する機会も沢山ありました。自分とは異なる考えを持つ人と出会い親睦を深める中で、自分の価値観をどんどん広げる事が出来たと思います。春から社会人になる私ですが、未熟なりに大学生活で少しは成長出来たのではないかと思っています。4年間自由な学生生活を送る事が出来ました。自分から社会人の方と関わろうと思えば、チャンスはいくらでもあると思います。後輩達にはラクロスを頑張るのは勿論だと思うのですが、大学生活の時にしか出来ない事にも挑戦して欲しいと思います。そしてあっという間の大学4年間を悔いのないように過ごして下さい。

最後まで拙い文章にお付き合い頂き、ありがとうございました。次は、歯をみんなにいじられたりしていますが、素敵な笑顔でみんなを元気づけてくれた北野 衣織(GC4)に回したいと思います。いおりんよろしく!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shimeta.net/mt/mt-tb.cgi/1012

部員募集

このブログ記事について

このページは、同志社ラクロスが2019年2月 8日 08:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マネージャー」です。

次のブログ記事は「トゥーーース!!!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja