トピックス

ラクロス馬鹿

| トラックバック(0)
OB・OGの皆様、また保護者の皆様をはじめ同志社ラクロス部関係者の皆様、あたたかいご支援、ご声援を賜り本当にありがとうございます。

部内1の恋少なき女こといおりん(歯4)からバトンを受け取りました、ラクロス部1のラクロス馬鹿こと荻野慶人です。自分は滅多にない機会ですのでラクロス部での4年間を振り返ってみようかなと思います。最後まで読んでもらえると幸いです。

入部してからの1年間はラクロスに没頭した1年間でした。ラクロスがとにかく楽しく、やればやるほど上達するのが実感でき、グランドに行けば誰かがいる、田辺組の同期の練習量に負けじとグランドに通っていたのが懐かしく思います。1年生の時は純粋にラクロスが楽しくて前向きに取り組んでいました。
 
2回生になってそのラクロスへの気持ちが大きく変わりました。幸いにもAチームに入れてもらっていた自分はとにかく先輩の足を引っ張らないように、Bチームに落ちないようにと取り組んでいました。次第にラクロスが楽しいという感覚は薄れていました。そんな中リーグ戦で2部降格、最後の阪大戦を自分は応援席で見ていました。同期の丸茂(スポ4)や服部(スポ4)、松村(文情4)たちが負けて泣きながら応援席に挨拶に来た姿を今でも覚えています。そんな時自分は何をしてるんだろう、なんの力にもなれなかったと大きな後悔と共に情けなくなりました。1年間を全否定された感覚だったのを覚えています。
 
自分たちの学年のためにも大きな意味を持つ3回生での2部のリーグ戦は辞退。この上ない喪失感に襲われ、2ヶ月弱ラクロスをしない時期があり、ラクロスを続けるのかを真剣に考えていた時に委員会の仕事の関係でサマーのために舞洲に行った。そこで2年前の自分のように下手だけどただ純粋にラクロスを楽しみ、必死に勝ちにこだわる関西の多くの1回生の姿を見て、ものすごく羨ましく一人で泣きながら帰ったこともありました。気付けば他大のリーグ戦を見に行っている自分がいたり、ラクロスの動画を見てる自分がいてそこで初めて昔の気持ちを思い出しました。自分はラクロスが好きなんだ、その気持ちだけが折れかけた心を持ち直してくれて、ラクロスを続ける理由になりました。そこから自分のラクロス馬鹿生活が始まりました。
 
4回生になってからは大好きなラクロスを楽しむ、ただそれだけ。結果として目標達成には遠く及ばなかったラストイヤーでしたが4年間で最もラクロスに打ち込みラクロスを楽しんだ1年だったとおもいます。引退して1回生の練習に顔を出すようになり、昔の自分のようにラクロスを楽しんでいて、あと3年もラクロスができる1回生が羨ましくもっとラクロスを続けたい、もっと上手くなりたい、なれると思えたのが自分が社会人でもラクロスを続けようと決めた理由です。
 自分の4年間で1番上達した1年はこの1年だった(引退後も含む)とおもいます。純粋にラクロスが好きで上手くなりたいと思う気持ちが1番強かったと思います。そのために武者に行ったり、動画を見たりそんな時間も楽しめました。

 後輩たちに1つだけ。
もっともっとラクロスを好きになって、ラクロスを楽しんでください。引退してからも練習に入っていますがこいつラクロス楽しんでるなぁと思える人はわずかです。1回生の間が楽しいのは当たり前です。肝心なのは2年と3年。この期間をいかに有意義なものにするかで4年間が変わります。自分ももっと早く気づけばよかったと後悔しています。絶対に好きになって楽しんでやった方が上手くなります。間違いないです。スタッフも含めて全員がラクロス馬鹿になってください、そうすれば必ず強くなります。またグランドで会う時があるとおもいますが楽しんでいる姿を期待しています。

まとまりのない文章でしたが最後まで読んでいただきありがとうございます。次のブログは回生のほとんどがビビって気の遣う自分に会うたびに「気遣うわぁ〜」と全く気遣いのできない藤原(社4)に回します。祐介よろしく!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shimeta.net/mt/mt-tb.cgi/1017

部員募集

このブログ記事について

このページは、同志社ラクロスが2019年2月22日 20:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第24回総会」です。

次のブログ記事は「好きな梅原大吾のプレートップ3」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja