トピックス

最後の一言

| トラックバック(0)
OB・OGの皆様、また保護者の皆様をはじめ同志社ラクロス部関係者の皆様、あたたかいご支援、ご声援を賜り本当にありがとうございます。

昨年度見事なリーダーシップで1回生チームをまとめ上げた1回生コーチ平野(商4)からバトンを受け取りました、同じく昨年度1回生コーチを務めた宮本涼平です。僕には藤原(社4)や平野のようにおもしろい話を書くことができないということと、今回でブログを書くのは最後ということで、少し真面目に4年間ラクロス部に所属して思ったことを後輩達に伝えようと思います。
結論から言うと、僕はこれからもラクロスを楽しんでプレーして欲しいということを伝えたいです。ありきたりな言葉ですが、僕自身これを実行することができず、それが現在も4年間のラクロス人生の中で大きな後悔として残っているので、後輩達にこうはなって欲しくないと思い、この言葉を伝えたいと思います。
僕は2回生までは選手としてプレーしており、1回生の間はラクロスをプレーしているだけで楽しく、練習も比較的真面目に取り組んでいたと思います。しかし、2回生になるとプレーはうまくいかず、結果も出ない日々が続き、どんどん選手として腐っていってしまいました。
今思い返せば、このとき僕は周りの評価や結果ばかりを気にしすぎていて、ラクロスを楽しむことができていなかったなと感じました。その結果、練習へも真面目に取り組むことができず、選手として腐りきってしまい、学生コーチとなった今でも試合で活躍する同期を見ていると、応援する反面、あのときもっと練習していればという後悔が頭をよぎります。
2年間学生コーチとして1回生チームに帯同し、楽しそうにラクロスをプレーしていた後輩達を見て、自分と同じような道は辿って欲しくない、こんな思いはして欲しくないと心から思っています。
なので、後輩達には周りの評価や結果ももちろん大事ですが、それに固執し自分を見失うのではなく、まずはこれからもラクロスというスポーツを楽しんでこれからの大学生活を歩んでいって欲しいと思っています。

長々と僕の稚拙な文章に付き合っていただきありがとうございました。次のブログはテーピングを巻いたり選手の食事を管理したり、時には生け花までしてしまうというマルチな才能を持つトレーナーリーダー井上桃子(商4)にバトンを渡したいと思います。桃子よろしく!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shimeta.net/mt/mt-tb.cgi/1027

部員募集

このブログ記事について

このページは、同志社ラクロスが2019年3月19日 11:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「回生旅行」です。

次のブログ記事は「自分のための努力」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja