トピックス

伝えたいこと

| トラックバック(0)

OBOGをはじめ同志社ラクロス関係者の皆様、いつも暖かいご支援ご声援をありがとうございます。

松村(文情4)からバトンを受け取りました

。昨年度、主将を務めさせていただきました河合 励と申します。


まっちゃん(松村)とは一年生の頃から共に回生リーダーをして、彼の思いきりの良さと難しく考え過ぎないシンプルな思考で何度も支えられました。そんなに熱く語り合うなんてことをしてきたわけではないけれど、根底でお互いを理解していて信頼し合えてるような関係が僕は気に入ってます。ありがとう。

もちろん、辻にも沢山感謝してます。けど、その話はまた機会があればということで略しまして、このままだと同期への愛が溢れ過ぎてしまいキリがないので我慢します。みんな本当に感謝してます。4年間ありがとう。



神戸大学に負けて引退してから、何度もあの時の瞬間を思い出します。

もっとこんなプレーをしたかった、もっとチームにこんな声をかければ良かったと考えてみては、悔しい気持ちが込み上げてきます。

一番印象に残っているのは、応援席からの声援です。今でも振り返ると昨日の様に応援席から聞こえた「まじで負けないでくれ!」という声が思い出されます。それに応えることが出来なかったことが本当に悔しい。試合後半応援席の方をしっかりとみることも出来ませんでした。


また一方で、リーグ戦が無い中でそんな試合ができて幸せだったなとも思います。本気で応援してくれた同期や後輩、OB OGの皆様、父母の方々、不甲斐ない結果となってしまい申し訳ありません。本当に悔しいけれど、最高の時間でした。ありがとうございました。



ここからは最後のブログなので、長いと言われても気にせず後輩たちに伝えたいことを書きたいとおもいます。僕がこの4年間で大切だと考えていた事です。


同志社ラクロス部という環境について、追いコンで話した事とかぶるけど、いまいる環境は非常に貴重で人として成長する上でかけがえのないものだということです。


これまで中高と部活をしてきたことで充実してきた人は多いと思います。その理由は色々あるかもしれないけれど、理不尽なほどの走り込みや練習を与えられて、最初は嫌でもそんな監督について行くことで結果が出ることを学んで、仲間と愚痴り合いながらも同じ方向を向いて頑張ってきた人が多いからなんじゃないかと、僕は思ってます。そんな中で本気で取り組んで結果を出していくことの楽しさを感じて、大学でもサークルではなく部活でラクロスをすることで、"何か"を得て充実させたいと思って入ってきた人も多いと思います。


しかし、同志社ラクロス部は良くも悪くもそんな環境ではありません。誰かに与えられる厳しい練習はなく、共通の敵として立ち向かえる鬼コーチもいない。厳しい練習が嫌なら変えられるし、共通の敵がいないから仲間との一体感も生まれにくい、最悪の場合きらいな奴を自分たちで辞めさせることだって出来る。練習メニューも試合もチーム運営も全て自分達次第な環境です。それを意識せずに4年間を過ごしても、これまで得てきたような"何か"は見つけることはできません。どれだけ優れた幹部陣を揃えても、所詮はラクロス歴4年の同期であり先輩であり、単にその人達に従ったり文句を言ってるだけではチームも個人の成長も限界があると思います。


しかし逆に考えれば、1人の大人に先導してもらうより、これだけ多くの部員が共に響き合えばトップの器以上に良いチームをつくりだせる可能性があります。だから僕は、これまで練習で言ってきたように全員が『影響を与える側』であって欲しいと思ってます。厳しいラントレや練習、試合もミーティングも、苦しい時こそ自分だけじゃなく周りをみて応援して、声を掛け合って、一人じゃ折れそうな心を立て直すことで自分の限界を越えられます。そうして一人一人が向き合って、求め合うチームを作って欲しい。受動的なままでは何も得られるはずがないという危機感を持って、面倒くさがらずにぶつかり合うことで得られるものは、一方的に誰かに与えられるものよりきっと充実したものになると思います。そうすることで互いにとって良いチームを築いていって欲しいです。


もうひとつ伝えたいことは、一個一個の『選択』を大切にすることです。毎年約100人の部員を抱える組織で育む人間関係は苦労することも多いと思います。大学入学までにそれぞれ多様な環境で育った価値観を持ち、出身スポーツも違う中で、ラクロスを共通点として繋がるには合わない事が多くて当たり前です。それでも大切な学生4年間を共にする上で僕が大切にしてきたのが、しっかり考えて選択することです。


ひとつの選択にその人の人格がでます。ミーティングで行き詰まった時、ケンカをした時、仲直りをする時など、その時々に言う言葉や行動を大切に選んで欲しい。もうあいつに言っても無駄だとか、面倒だから彼には辞めて貰った方が良いとか、難しい問題を簡単に投げ出すとか。そうやって考えることから逃げていたら、僕たちが掲げた理念のように人間的成長なんてできないと思ってます。自分が大切にしなければ相手に大切にされることはありません。考え向き合うことから逃げずに、仲間を思いやり、チームを思いやった選択をして下さい。その選択がお互いの信頼を生み、きっと本当の仲間と最高の結果がついてくると僕は信じてます。利益や生産性ではなく、そういう遠回りに思えることにこそ、学生スポーツの価値があり、人生でそれが存分にできる最後で最高の環境が同志社ラクロスだと思います。

特に4年生は、その全ての言葉と行動がダイレクトにチームに影響を与えます。それを意識して、その自分の選択が与える影響をイメージしながら行動して下さい。


今年から後輩たちには、公式リーグ戦があります。本当に羨ましい。その全ての試合を当たり前にあるものせずに、全力でプレーし応援して圧勝して行って欲しいと思います。



最後に、説教じみたことを偉そうに言ってしまってすみません。だけど、これは僕が本気で考えてきた事なので今後の後輩たちに少しでも考える機会となれば嬉しいです。主将としての最後の1年間、プレーで魅せられる機会も少なかった僕について来てくれた後輩たちにも感謝してます。可愛い後輩たちであり、頼りになる後輩たちです。ありがとう。


これまで長々と私の稚拙な文章にお付き合い頂きありがとうございました。


次のブログからは、2019年度幹部陣からのご挨拶になります。同志社ラクロスの力を思う存分知らしめてくれる年にしてくれる事を期待しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shimeta.net/mt/mt-tb.cgi/1033

部員募集

このブログ記事について

このページは、同志社ラクロスが2019年4月 1日 08:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「思いのままに」です。

次のブログ記事は「勝つんだ 主将 加山広海」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja