トピックス

ラストイヤー

| コメント(0) | トラックバック(0)
くろから紹介してもらいました今年度ATリーダーを務めさせて頂きます、すぅです。
自分らしく、集大成に懸ける思いを全力で注ぎ込み、頑張るので1年間よろしくお願いします!

前に書いてくれたブログ、読みました
2人とも熱い思いを書いてくれていますね
私も負けません。笑

きっと最後になるであろうブログ、何を書こうか悩みました
最後にふさわしい内容になるかは分からないけど正直に話しておこうと思います
まだ口に出して誰かに伝えたことのない、私がラクロス部に入った本当の理由です

思いのほか長いです。笑
お時間あれば、お付き合いください

よく聞かれます
なんで大学でラクロス入ったの?と
私は、「先輩に誘われて」、「体育会がかっこいいと思ったから」、「やっぱり体動かすのが好きだから」と答えてきました

どれも嘘じゃありません、ほんとうです
色んな先輩の話を聞いて、頑張ってみたいと思えたし、大学で体育会に入ることにかっこよさを感じていたし、もちろん体を動かすことは好きなんです

でも入ることを決めた1番大きな理由は、

高校生の時の勝てなかった経験

これにあります
今まで思い出にする事で言葉にも出してこなかったけど、こうやって文章にするだけで鮮明に思い出すことが出来ます

遡る事4年、私は付属高校のラクロス部でした
私たちの学年の戦績は、秋大会準優勝、全国大会1回戦負け、春大会準優勝
先輩も後輩も、記憶している限りでは優勝を経験していない代は後にも先にも私たちだけだと思います

勝てなかったんです
優勝できると自負していたし、実力も自信もあったと思っています
でもこの時、関西で1番強いチームは他のチームだった

キャプテンとして、ちゃんとした舞台でこのチームが強かったんだと証明することは出来ませんでした

強いチームが勝つんじゃない、勝ったチームが強い

よく耳にする言葉ですが、あの当時はこの言葉が本当にぐさっときました
でもこの言葉が全てです

例え、今までの戦績が上回っていても、
練習試合で勝っていても、
予選リーグで勝利していても、
あの大会の決勝、
あの50分に
全てを出しきれなければ、強さはもう2度と証明できないんです

今年は仕方なかった

たくさん励ましてもらいました
ずっと専属でついてくださっていたコーチがぽっかりいなくなってしまった2年間を過ごした私たち
やっぱりいないからしょうがない
そう思われたくなくて、頑張り続けた2年間を形にすることは出来ませんでした
口に出して伝えることも難しいくらい、思い出すのが嫌になるくらい悔しかった

たかが、高校時代の部活だと思う方もいると思います
でもそれほど私なりに、きっと私たちなり、に一生懸命だったんです

引退して、この気持ちに蓋をしてしまおうかと何度も思いました
実際8割くらい閉めていましたね。笑

でもやっぱり
最高の舞台で、強さを証明したいという気持ちが捨てきれませんでした

待たせている人がたくさんいます

コーチがいなくなった私たちを引き受けてくださったちず先輩

歳が追いつき、大学生活を過ごす中で高校生の為に時間を割くことがどれだけ大変なことか、どれほど私たちの為に動いてくださっていたか身にしみて分かります

今も応援してくれる元チームメイト

今でも試合を見にきてくれて、事あるごとに集まってばか騒ぎするみんな
みんなのおかげで今、ここにいます。笑

今までもこれからもずっと支えてくれる家族

小さな頃からスポーツをしてる私ですが、いつも試合の日は見にきてくれて、堅い感じでアドバイスをくれる父、出発する前はハイタッチで送り出してくれる母、必ずメッセージをくれる姉、勝った試合の後にはグーサインをくれる妹

その人たちに勝って恩返しするためにも、そして自分のためにも、もう一度挑戦してみようと思いました
これが私にラクロス部に入る事を決めさせた最大の理由であり、今の私の頑張り続けられる理由です

今年掲げた目標は「学生日本一」
同志社がまだ成し遂げた事のない、
まだ見たことがない景色です

もゆも言ってくれていた通り
今、同志社は変わろうとしています
それが良い方向かどうかはこれからの自分たち次第です
でも必ず良い方向へ向かうと信じています

私はこのチームがだいすきです
今度こそ、3年前の思いも背負って、このチームの強さを証明したい

もちろん勝つ事だけが全てじゃない
負けて得られるものの大切さは身を以て知っています

でも、
それでもやっぱり
勝たなきゃ見出せない価値がある

勝ちたい
勝つ事にとことん拘りたい
練習試合1つにも最高の準備して臨みたい
そしてその最高の準備を積み重ね
最高の舞台を最高の状態で迎えたい
学生日本一になって強さを証明したい

これが私の正直な気持ちです
人生で1番の貪欲な1年を過ごしたいと思います

そして私のもう1つの目標は、ラクロスがだいすきな気持ちを、このチームがだいすきな気持ちを伝染させる事です

2年前、私たちの主将であったあやかさんはブログでみんなが好きな気持ちを忘れそうになった時に思い出させたいと、みんなで好きを伝染させようとおっしゃっていました
今でも強く印象に残っています

好きだったらなんでもできる

ブログにあった言葉ですが、
本当にそうだと思います

好きという気持ちは最後の最後で原動力になります
限界だと思っても
あと1歩、あと10cm、あと10秒、
足を出せるかどうか、手を伸ばせるかどうか、踏ん張れるかどうか、
大きな声で応援し続けられるかどうか、
好きという気持ちが必ず背中を押してくれます

だから今度はわたしがみんなに伝染させたいと思います
ATリーダーとして、みんなと作るATを誰よりも楽しんで、ラクロスっておもしろい、楽しいを増やしていこうと思います

このチームの為に
とみんなが思えるチームを
みんなで作っていこう

みんなで好きという気持ちを大きくしていきましょう

大変長くなりましたが、これが私のラストイヤーに懸ける思いです
少しでも何か伝わるものがあれば良いかなと思います

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

次にブログを書いてくれるのは、ちさとです

変なやつです、変な動きします
でも気づいたら私の人生の3分の1くらいこの人なしじゃ語れなくなっていました。笑

私の元気の源です

ついに一緒にラクロスするのもあと1年になっちゃったよ!!!
ラストイヤーやってやりましょう!!
日本一のリーダーになって嬉し泣きハグagainしようね👊👊
それではよろしく!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shimeta.net/mt/mt-tb.cgi/993

コメントする

部員募集

このブログ記事について

このページは、同志社ラクロスが2019年1月10日 16:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「一生の宝物」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • そら
Powered by Movable Type 4.28-ja